follow me

YARN 人生を彩る糸

先日、元町映画館で上映中の映画『YARN 人生を彩る糸』を鑑賞してきました。

YARN(ヤーン)とは、[名詞]織物や編み物に用いる糸。[動詞]面白い冒険談をたっぷり話す。

糸を紡ぎ、編み、表現する4組のアーティストに密着し、人生の歩みのように、ひと編みひと編み彩り豊かなYARN(糸)が人をつないでいくクラフト・アート・ドキュメンタリー映画。
「編むことは言葉であり、コミュニケーション」と語り、独自のスタイルでアート活動を行うアーティストや、糸を人生のメタファーとしてパフォーマンスを見せるコンテンポラリーサーカス団、ゲリラ的に街をニットで彩るヤーン・グラフィティで世界中を旅するアーティスト、そして日本からも彫刻の森美術館などの展示でも有名な「ネットの森」を制作するテキスタイル・アーティストの堀内紀子氏が登場しています。

糸と人の歴史や関係性を振り返り、さまざまな土地の文化を映し出し、女性が家でセーターやマフラーを編むことだけが編み物ではなく、編み物は手芸にどとまらない「人とつながる」アートとして、新しい可能性を感じることができます。
特に堀内紀子さんが「編むという反復の動作を続けると、意識は別の世界を旅する」と語っていたのが印象的でした。私も編み物が好なので共感する部分がたくさんあり、また違った角度から楽しみたいなと思いました。

ファッションやアート好きなら是非ご覧になってみてください。
元町映画館で2018年3月23日まで上映中です。

映画『YARN 人生を彩る糸』
http://yarn-movie.com/

MK

  • 2018/03/16 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/yarn-%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e5%bd%a9%e3%82%8b%e7%b3%b8

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/yarn-%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e5%bd%a9%e3%82%8b%e7%b3%b8/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません