follow me

VOGUE

春は別れの季節・・・。
いつも明るく楽しく優しいM先輩も三月末で退職・・・と思うと、気が沈みます。
溜息をついていると、お隣でも同じように俯いている人が。
まあ、幸せが逃げますよ、と声を掛ければ

なんと M先輩ではありませんか!?

えー先輩、春に向って希望だらけでしょうに、何故!?
泣きたいのは置いてかれるこっちですよ!?
ど、どうしたんですか・・・?


ブログが出来ない?
そそそそうですか。がんばってくださ――去ろうとして失敗しました。
最後の頼みで、代筆です(いいのかなー)。

皆さま、神戸ファッション美術館ライブラリへ足を運んでいただいたことはおありでしょうか。
百聞は一見にしかず、ぜひ一度お越しください。
たくさんのファッション雑誌があります。
anan、CamCan、JJ、装苑、Figaro Japon、Popye,Men’s Nonnoなどなど。
もちろん、開架資料の閲覧はご自由に。
中でも1番の人気はVOGUEです。
一言にVOGUEといっても、
アメリカ、イギリス、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア、オーストラリア、そしてニッポン(日本)。
各国で編集・出版されたものがございます。
先輩からのリクエストで調べた所によると、各国誌それぞれに特徴があるとのこと。
詳しくは、どうぞ実際に手にとってご覧ください。
言葉が解らない、とのご心配は無用。辞書類も充実してます。
なーんて、写真を見るだけでも楽しいのですが。

歴史は古く、アメリカ版が1892年(116年前!)に創刊。
どれどれ、当館の所蔵はと『洋雑誌リスト』を見てみると、1892年~(欠号有り)。
これも、詳しくはライブラリーのカウンターに置いてある『洋雑誌リスト』をご覧ください。
古いバックナンバーは書庫に入った閉架資料ですので、閲覧にはライブラリーカードが必要です。
またまた、詳しくはこちら

はい、できましたよ、M先輩。
最後に一言、お願いします。

ありがとうN野!マハロ。
これで、明日から旅立てます。

また、来てくださいね。

参考文献:『ファッション辞典』 文化出版局 ISBN 4579501586)
↑これも所蔵してます。
請求番号は、0101=FASです。660ページからの「外国のファッション・マガジン」で調べた俄か知識でした。

   N野&M

  • 2008/03/29 |
  • 18:19 |
  • ライブラリー
  • admin |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/vogue

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/vogue/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません