follow me

Le Petit Prince

皆様こんにちはshine

寒い日が続きますが、元気でお過ごしでしょうか?

新しい年を迎え早1ヶ月が過ぎようとしています。

2014年が皆様にとって実りある豊かな年となりますようにclover

ファッション美術館では、『ウールの衣服展-源流から現在-』がスタートいたしました。

エントランスにはヒツジたちの原毛が並べられ、歴史、道具、お洋服、手芸用品等、様々な観点から

ウールについて知っていただける機会となっております。

ウールを生み出してくれる、様々な国のヒツジたち。

『ヒツジ』と聞いて思い浮かべるのが、サン=テグジュペリの『星の王子様』です。

深く、読む度に気付かされ、心が洗われる作品です。

物語のはじめ、ヒツジを描いて欲しいと作者に頼んだ王子様。

作者は箱を描きます。

その中に王子様は(本当は目に見えなかったであろう)ヒツジを見つけます。

「大切なものは目には見えない」というキツネの言葉は、物語のテーマの一つですが、

この教えに通じるシーンでもあります。

飛行士になる以前、パリの美術学校に籍を置いていた作者。

物語と共に添えられるデッサンは儚く、とても美しいです。

ゆっくりと展示をご覧いただき、大切な何かを感じていただければと思います。

本日もお読みいただき、ありがとうございますshine

lysconfident

  • 2014/01/25 |
  • 10:30 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/le-petit-prince

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/le-petit-prince/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません