follow me

CDのご紹介

皆様こんにちは

遅めの梅雨でじめじめとした日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか

本日は神戸ファッション美術館3Fライブラリーより雨の日をより楽しめる、おすすめCDのご紹介です

今年ソロで来日が決定しているLiam Gallagherの所属していた、マンチェスターが誇るUKロックの雄、oasis関連シリーズです

オアシス/oasis(請求番号:3907)

ビートルズの再来とも言われたオアシスの1stアルバムです。節々に散りばめられた往年のUKロックへの敬意と、低予算ながら重厚なブリティッシュ・サウンドは折り紙つきです

Don’t Believe The Truth/oasis(請求番号:4264)

日本でもオリコン初登場1位を記録した後期の作品で、ウォークマンのCMでお馴染みのlyla等耳なじみの良い曲を多数収録しています。特にLiamとギター担当で実兄のNoelが一緒に歌うLet There Be Loveは必聴です

ザ・ギフト/ジャム(請求番号:3210)

OASISが影響を受けたPaul Wellerがフロントマンを務めるバンド最後のアルバムですモッズスタイルを貫きながら、R&Bやファンク、カリプソなど絶妙に織り交ぜたグルーヴィ―な作品となっています

ミート・イズ・マーダー/ザ・スミス(請求番号:2267)

こちらもoasisが影響を受けたJohnny Marrが所属するバンドの2ndで、ヒットはしませんでしたがこのアルバムに影響を受けたミュージシャンは挙げればきりがありません。ボーカルのけだるい声はクセになります

勝手にしやがれ!!/セックス・ピストルズ(請求番号:0571)

UKロックの歴史の中であまりに有名すぎるアルバムですが、oasisがビートルズとストーンズに匹敵するほど影響を受けた作品です。今聴いても色褪せない、若者の叫びを感じることが出来ます

 

当館では紹介させていただいたほかにも雨の日にピッタリなUKロック作品を多数所蔵しております

たまには雨の日のライブラリーでゆったりイギリスの雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか

※CDのご視聴はライブラリーカードまたは身分証明書が必要です。

皆様ぜひ神戸ファッション美術館3Fライブラリーにお越しくださいませ

shiyo

  • 2017/06/28 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/cd%e3%81%ae%e3%81%94%e7%b4%b9%e4%bb%8b-2

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/cd%e3%81%ae%e3%81%94%e7%b4%b9%e4%bb%8b-2/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません