follow me

キッズ鑑賞ツアー「いろのお話」

去る11月18日に、キッズ鑑賞ツアーがありました!

今回のテーマは「いろのお話」

はじめに、「いろ」にまつわる色々なお話を美術館スタッフの説明とともに

日常にあふれる色について一緒に考えながら、おはなしをしました。

 

その後、特別展「宮脇綾子 美しいアプリケ-布がつむぐ暮らしの装い」展にちなみ、

「チラシでアプリケ!」をつくりました。

先に聞いたお話を生かしてくれたのか、

それぞれステキな作品ができあがりました!

 

今年度は毎月開催を予定しています。

みなさまのご参加お待ちしております。

 

my

******************************************************************

●今後の予定

12月16日(土)「ナポレオンのお話」WS「てづくりビーズをつくろう」

2018年1月27日(土)「おうぎの中の世界のお話」WS「「好き」をさがしておえかき」

2018年2月17日(土)「ロココのかわいいお話」WS「毛糸でタッセルをつくろう」

2018年3月3日(土)「ファッションとおうぎのお話」WS「フランスきぞくのおうぎをつくろう」

● 時間;14:00~15:00

●場所;展示室(5分前に美術館1階受付に集合して下さいね)

●対象;どなたでも ●定員;各回15名程度

●参加費;無料(要入場料)小中高65歳以上250円(のびのびパスポート持参で無料)、一般500円

●申込不要ですが、ツアー開始14時に来館されますと、定員に達している場合がございます。

 

韓国のツギハギ

先週、大阪の昭和町にある「寺西家」という築八十年の町家で開催されたポジャギ作品展に行きました。

「ポジャギ」とは韓国の伝統工芸で、韓服を作った際に出る端切れを使ってパッチワークしたものです。
素材の多くは絹や麻が中心なので縫い目が細かく、また透き通る風合いが素敵です。


ここでは風呂敷だけでなくのれんや巾着、アクセサリーなど、いろんな形の作品がありました。

現在神戸ファッション美術館で開催されている宮脇綾子さんのアプリケにも、身の回りの古布や端切れが使われています。

宮脇綾子 美しいアプリケ 布がつむぐ暮らしの装いは12月26日(火)までとなっております。

🚄のぞみ

長谷川和希氏の刺繍実演

こんにちは。
只今4階ギャラリーでは、長谷川和希 刺繍作品展「西洋宮廷衣装の超絶刺繍にトキめいて」を開催しています。

一点一点が、とても長い時間を費やして丁寧に刺繍された作品は、まるで糸で描いた植物の細密画のようです。
そんな長谷川さんが、刺繍を始めたのは10年ほど前のこと。
お友達からいただいた一冊の刺繍の教本で、刺繍の面白さを感じた長谷川さんは、岡山の展覧会で神戸ファッション美術館所蔵の宮廷衣装の超絶衣装に出会い、衝撃を受け、いつかは自分でこのような衣装を再現したいと決意されたそうです。


独自で資料を調査され、即作品に仕上げられたシャツやコートの刺繍は、まさにロココの宮廷服の感覚をそのまま現代の衣装にカジュアルさをミックスして再現されています。


見られた方は「欲しい~、、、」と皆様ため息をついておられます。

そんな長谷川さんがあす23日と26日、会場で刺繍の実演をしてくださいます。

   

上品で緻密なフランス刺繍や、ふだんあまり見ることない金糸を用いた刺繍など、実際の針の運びを見学していただけます。
「刺繍王子」長谷川さんからいろいろなお話も伺えることと思います。ご興味のある方はぜひご来館ください。

11月23日と26日、午後1時から5時まで。4階ギャラリーにて。観覧無料です。

H.O

関西文化の日

本日は関西文化の日」2日目です。関西一円の美術館・博物館など約690の

施設が入館無料となり、ファッション美術館では特別展示・ベーシック展示ともに

♦♦無料♦♦でご観覧いただけます!!

関西には美術館や博物館が多くあり、様々な展覧会が随時巡回しております。

特に東灘区は美術館が集結し、鑑賞の機会に恵まれた環境です!

入館無料のこの機会に是非、美術館巡りをお楽しみ下さい。

 

ちなみに今日の六甲アイランドのお天気は曇時々晴れ。気温は7℃~11℃です。

海に囲まれた人口島なので空気が少し冷たく感じます。防寒対策もお忘れなく~!

naga

 

本日まで!神戸開港150年記念 マリン・コレクション展

現在、1Fエントランスロビー(観覧無料)では、11月18日(土)まで、 マリン・コレクションをご覧いただけます。

神戸ファッション美術館では、「港町・神戸」ならではの『マリン(海)』をテーマとした衣服をはじめ、インテリア、おもちゃ、切手、ポストカードな世界各地から収集した資料約7,000点を所蔵しております。

  

その中より、海軍制服などをご覧いただけます。

中でも人気なのがこちらのイタリア海軍制服のマント。

 

今年(平成29年)は神戸開港150年。
是非この機会に海、港、船への関心を深めてみてはいかがですか?

神戸開港150年
http://www.kobeport150.jp/about/index.html

 

MK