follow me

アール・ヌーヴォーのドレス

次回の服飾文化セミナーのテーマは
アール・ヌーヴォーの服

収蔵している1900年前後のドレスを一堂に展示し
解説させていただきます。

ご好評につき、申込が定員に達していますが
準備のために作品を観察しています。


UNTITLED Leopold E.Reutlinger/1895-1915年頃

このように、薄い柔らかな素材を使ったエレガントなドレスが12点収蔵されています。
受講される方は楽しみにしていてくださいね。

何よりの魅力は、重ねられた装飾にあると思います。
少しだけご紹介します。

 

 

あらためてうっとりしながら、見どころや魅力をお伝えできるように努めます。

本年度の服飾文化セミナーはこの回で終了になります。
たくさんの皆様のご参加ありがとうございました。

H.O

展覧会あるある

暦の上では春となりましたが、この時期が一番寒いと言われる2月。
インフルエンザの流行に気を取られていると、すぐに花粉の舞う頃になりそうですね。
早めの対策で乗り切っていきましょう!!

さて、ここで突然ですが展覧会あるあるを一句
「先送り、気づいた頃は、会期末…」ひねりのない句で申し訳ありません(笑)

展覧会は会期が長い為、そのうち行こうと先送りにしていると、気付いた頃には会期末
だった!なんて事皆さんはありませんか?せっかくの機会をうっかり逃してしまう事の無いよう、ここで改めてお知らせいたします!

「芳年(よしとし)躍動の瞬間と永遠の美」展は、残すところ20日間です。

■開館 10:00

■閉館 18:00(※入館受付は17:30まで)

■休館日 毎週月曜(月曜日が祝日の場合は開館。翌平日が休館)

土日がお休みの方は、あと8回美術館に来るチャンスがありますよ~!
思い立ったが吉日。皆様も是非神戸ファッション美術館で浮世絵の世界をお楽しみ下さいませ。

※おしらせ※
ご案内しておりました2月24日(土)「講談で楽しむ!!月岡芳年にまつわる物語」
ならびに、3月4日(日)開催のバックヤードツアーは、お申し込みが定員に達しましたので、新規申し込みの受付を終了させていただいております。多数のお申し込み、お問い合わせをいただき、誠にありがとうございました。

 

naga*

 

 

マリン・コレクション展

現在、1Fエントランスロビー(観覧無料)では2018年3月11日(日)まで、マリン・コレクションをご覧いただけます。

神戸ファッション美術館では、「港町・神戸」ならではの『マリン(海)』をテーマとした衣服をはじめ、インテリア、おもちゃ、切手、ポストカードなど世界各地から収集した資料約7,000点を所蔵しております。

 

その中より、さまざまな国の海軍制服やPコート、食器等を展示中です。

ご来館の際は是非ご覧になってみてはいかがですか。

 

 

MK

キッズ鑑賞ツアー☆神戸ファッションツアーに行こう!!

みなさま、こんにちは。

今日はバレンタインデーですね♡♥♡

今週の土曜日は、毎回好評いただいている「キッズ鑑賞ツアー 神戸ファッション美術館に行こう!!」です。

今回のテーマは『ロココのかわいいお話』とワークショップは『毛糸でタッセルをつくろう』です。

ロココ時代は、どんなお洋服を着ていたのでしょう?扇もどのように使い、扇言葉とは・・・

展示室をみながら考えましょう!!

そのあとに、毛糸でタッセルをつくりましょう。毛糸でタッセル??どんなタッセルができるか楽しみです!!

● 時間;14:00~15:00

●場所;展示室(5分前に美術館1階受付に集合して下さいね)

●対象;どなたでも ●定員;各回15名程度

●参加費;無料(要入場料)小中高65歳以上250円(のびのびパスポート持参で無料)、一般500円

●申込不要ですが、ツアー開始14時に来館されますと、定員に達している場合がございます。

☆次回のキッズ鑑賞ツアー☆
・2018年3月3日(土)「ファッションとおうぎのお話」WS「フランスきぞくのおうぎをつくろう」

そして、神戸ファッション美術館では「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」展を、ベーシック展示では「ヨーロッパの扇」展、

4階ギャラリーでは「究極の化粧 歌舞伎の熊取、京劇の臉譜」を開催しております。

皆さまのご来館、おまちしております。

りんご

ロ-ブ・ア・ラ・フランセ-ズを試着していただけます

例年にない厳しい寒さがつづいておりますが、日差しは少し春めいてまいりました。
神戸ファッション美術館エントランスでは、ビビッドな春の青色のローブ・ア・ラ・フランセ-ズのレプリカをどなたにでも試着していただけます。

可愛らしさと上品さを散りばめたブルーのドレスです。
試着室には着装の仕方をパネルで説明しています。
パニエ(スカートを膨らませる下着)も準備されています。

18世紀の宮廷衣装でタペストリ-をバックに記念撮影

展示室のお帰りにでも、ラグジュアリーなドレスで心地よいゆったりとした
雰囲気を楽しんでくださいませ。

MOk