follow me

8/27 参加者募集 バックヤードツアー美術館編

まだまだ暑い毎日が続いておりますが、みなさまお変わりないでしょうか。

神戸市東灘区、六甲アイランドにある神戸ファッション美術館では、現在

特別展「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界-里山のアトリエで生まれる命たち」展、


ベーシック展「昆虫とファッション」を開催中です。

このベーシック展は、ファッション美術館の収蔵品の

中から、今回の特別展にあわせて「昆虫とファッション」を

テーマにご紹介しています。

こちらでは西洋服飾史を本物の衣装、実物から見て頂ける展示も

行っています。あわせてお楽しみください。

さて、展示室にでていない、ファッション美術館の収蔵品は、温湿度管理

された巨大な収蔵庫に大事に保管をしています。


普段は、入れない場所、専門職員のみしか入れない収蔵庫。

今回、もっとファッション美術館を知っていただこうと、収蔵庫や資料室を

解説付でご案内するバックヤードツアー美術館探検編を開催します。

電話又はFAXで、お名前、ご連絡先を明記のうえ、お申し込みください。

先着順締切で、参加費無料です。


★バックヤードツアー美術館探検編★

日時:8月27日(日曜)10時~11時30分(※多少前後します)

集合:神戸ファッション美術館4階第1セミナー室

申込先:神戸ファッション美術館

電話:078-858-0050   FAX:078-858-0058

巨大な収蔵庫と、頭から足先まで、ファッション美術館の貴重な収蔵品を

とても近くでご覧いただける機会です。福

 

展覧会とチョウのぬり絵

8月も後半に入り、夏休みも少なくなってきましたね。

こちら神戸・東灘区、六甲アイランドの神戸ファッション美術館では

特別展「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界-里山のアトリエで生まれる命たち」展

を開催中です。自然写真家で、切り紙作家の今森さんの作品は、生きもの、自然など

とても繊細、多彩で、カラフルです。


夏休み期間中でもあり、子どもさん連れで毎日

たくさんの方が来られます。

外は激暑でも、美術館の中はクールです。

ロビーでは、須磨離宮チョウの会の谷本祥二さん

のご協力で、チョウの標本ぬり絵コーナーが

できています。こちらも連日盛況です。


できたぬり絵は、ぬり絵ギャラリーにはって・・

こちらでは、十人十色のチョウがご覧になれます!福

 

港を満喫しよう!

皆さん夏休みは満喫されていますか?

私は先日、北九州市にある門司港へ行ってきました。

門司港は 明治22年(1889年)に開港し、神戸港・横浜港と並び三大港として数えられ、国際貿易の拠点となっていました。
港の周りは明治~大正の古い建物が残され、レトロな雰囲気がとても素敵です。

神戸港とはまた違った趣があります。

その後関門海峡へ向かい、トンネルで海の中を歩いて下関へ。
本州から九州を眺めることができました。

なんとこの門司港、神戸ファッション美術館がある六甲アイランドからフェリーで行くことができるんです!
13日(日)には関門海峡花火大会もありますので、週末の船旅はいかがでしょうか。

ちなみに本日!門司港より少し先輩な開港150年の神戸港では19:30より「みなとこうべ海上花火大会」がありますよ

皆さん夏を楽しんでくださいね!

のぞみ

神戸の自然 生きものワークショップ

暑中お見舞い申し上げます。日本の夏を実感する毎日ですね。

神戸市東灘区、六甲アイランドの神戸ファッション美術館では、7月13日から
特別展「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界~里山のアトリエで生まれる命たち」を開催中です。

はさみ1本から生まれた、繊細で美しく、躍動感のある今森さんの素敵な作品をたくさんご紹介しています。


また神戸ファッション美術館では、この展覧会の関連イベントとして
「神戸の自然生きものシリーズワークショップ」を開催しています。


神戸を中心に、自然の保全活動や環境学習をされている方々に講師や資材のご協力をいただいて開催しています。

今日は、ご協力者の一人で、神戸市西区木津にある
中尾博行さんの畑にワークショップで使用する藍の収穫に伺いました。


まさしく、神戸産の藍です。バジルの葉っぱに少し似てます。


この藍の生葉をつかってハンカチを染めます。


このワークショップの申し込みはすでに終了しておりますが、
サンサンとそそぐ太陽、近くには古く歴史のある神社、周辺の里山は緑でいっぱい、稲もピンと元気よく育っていました。
とても暑かったのですが、なんだかパワーをもらったような気になりました。

さて、現在、以下の「神戸の自然生きものシリーズワークショップ」の参加者を募集中です。


★★★チョウとファッション★★★

日時:8月19日(土曜)14時~15時30分

会場:神戸ファッション美術館4階第1セミナー室

講師:谷本祥二さん(須磨離宮チョウの会)

★★★神戸の里地・里山★★★

日時:9月24日(日曜)14時~15時30分

会場:神戸ファッション美術館4階第1セミナー室

講師:大嶋範行さん(里地・里山の保全推進協議会)


申込は、電話又はファックスで、講座名、名前、連絡先、参加人数を記載のうえ、神戸ファッション美術館までお申込ください。


〔神戸ファッション美術館〕

電話:078-858-0050 ファックス:078-858-0058

開館時間:10時~18時

休館日:月曜日休館(祝日の場合は開館、翌平日休館)

ぜひ展覧会とあわせてご参加ください!

mim出展のご報告。

先週の12日から18日までの7日間、大阪、梅田にある阪急百貨店さんに神戸ファッション美術館の3階にあるミュージアム・ショップmimの出展をさせていただいていました。

今回、新たな試みとして、週末の3連休には、作家さんによるワークショップも開催しました。美術館で行うのとは全く雰囲気でしたが、ご参加くださったお客様はもくもくと制作されていました。

また、出展してくださった作家さんが日替わりで店頭に立ってくださり、お客様の接客もつとめてくださいました。普段、お客様と直接お話しをする機会がなかったという作家さんもおられ、良い機会になったとお話ししてくださいました。美術館ではすでにお取扱いが終了している作家さんの作品も数多く出していただき、あらためて多くの作家さんとのつながりを感じる1週間となりました。