follow me

特別展「宮脇綾子 美しいアプリケ」本日開幕

みなさま、神戸ファッション美術館では、本日10月18日、

特別展「宮脇綾子 美しいアプリケ-布がつむぐ暮らしの装い」展

が開幕しました。

戦争がおわった年の1945年(昭和20年)、当時、40歳の

宮脇綾子。この年からアプリケの創作をはじめられました。

作品はどれもあたたかく、ユーモアがあり、そして、美味しそう(!?)

これは実物をみていただければ感じてもらえるはずです。

この展覧会は、休館日の月曜日を除いて、12月26日(火曜)まで

開催します。

ぜひ、神戸ファッション美術館に、お運びください!福

 

東灘アートマンス 2017

2017年秋、みなさまお元気ですか。

神戸ファッション美術館の1階展示室は、現在展示替え中です。

3階のライブラリーは、元気印で、月曜の休館日を除き開館しています!

さて、展示室では、10月18日から、いよいよ、この秋の特別展

「宮脇綾子 美しいアプリケ 布がつむぐ暮らしの装い」展、

ベーシック展「ファウンデーション-ドレスの内側」展が

始まります。関係スタッフは急ピッチで準備中です。

さて、神戸ファッション美術館のある、六甲アイランドは

神戸市東灘区に位置しています。

東灘区は、市内でも珍しく、大学が6校、そして美術館が

6館ある街なんです。この6つの美術館を、スタンプラリーを

楽しみながらめぐり、展覧会をお得に鑑賞できる、イベント

「東灘アートマンス」が11月23日まで行われます。

この台紙を各館の展覧会受付に提示して入館するとスタンプがもらえます。

(各館の展覧会の開催日程については、各館にご確認ください)

スタンプ4つで、美術館ペア招待券、スタンプ5つで、

6美術館オリジナル絵はがきセットと抽選で2組4名様に

神戸ベイシェラトンホテル&タワーズ神戸六甲温泉「濱泉」招待券、

スタンプ6つ以上で、6美術館限定オリジナルグッズ(なくなり次第終了)

と抽選で1組2名様にホテルプラザ神戸ペア宿泊券があたります。

他にもいろいろな特典がたくさんです。

この期間中は「ひがしなだスイーツめぐり」や「灘の酒蔵探訪」など

のイベントも同時開催されています。

神戸ファッション美術館は、特別展がはじまる10月18日から、

東灘アートマンスに参加します。福

 

ほっと一息、カフェでくつろぎの時間を

神戸ファッション美術館、ライブラリーで過ごした後、3階ライブラリーお向えの
リトル神戸(神戸スイ-ツ、雑貨の販売等、土日、祝日のみ営業)で、ランチや
コーヒータイムはいかがでしょうか。

メルロー社長(ラブラドールレトリバー 8才、女の子)がお出迎してくれます。

 

おススメのランチはバターチキンカレーや神戸近藤亭のキッシュ・ロレーヌです。

季節限定ケ-キもおすすめです。

10月18日(水)から「宮脇綾子 美しいアプリケ 布がつむぐ暮らしの装い」展が開催されます。
美術館を訪れたあと、リトル神戸のコ-ヒ-タイムでほっこり気分を楽しんでください。

Mok

KOBE観光の日

十月に入りました。

味覚の秋であり、紅葉の季節です。

秋空のもと行楽地に出かけられるのも良いものですが、静かに芸術鑑賞を楽しむのも良いのではないでしょうか。

現在開催中の「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界―里山のアトリエで生まれる命たち」展は、多くの方々に鑑賞いただき好評を博しておりますが、あと残すところ7日間となりました。

会期は10月9日(月・祝)までです。

 

なお、明後日10月3日(火)は、「KOBE観光の日」として、神戸ファッション美術館へは無料で入館ができます。

まだ鑑賞されておられない方は、この機会に是非神戸ファッション美術館にお越しください。お待ちしております。

 

TK

 

講演会「神戸の里地・里山」参加者募集 9/24

神戸ファッション美術館のある、神戸市東灘区、六甲アイランド。

海の手と言われますが、すてきな公園があり、とても緑が多く、

ジョギングやお散歩が楽しい街です。神戸ファッション美術館で開催中の

今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界

-里山のアトリエから生まれる命たち-」展

に関連して、7月から神戸の自然生きものシリーズ

ワークショップを開催しています。

毎回、神戸に関連した、専門の講師の方をお迎えしてます。

9月24日は、里地・里山協議会の大嶋範行さんを講師に

「神戸の里地・里山」をテーマにした講座を開催します。

大嶋さんは、長年神戸市で、生物多様性のお仕事に

従事されてこられた一方で、里山、水辺などの地道な

保全活動をボランティアで現在も続けておられます。

神戸は人口150万都市ですが、六甲山をはじめ、海もあり、

川や田んぼなどがあり、他の大都市にくらべて自然に恵まれた街です。

上の美しい写真は、大嶋さんからご提供いただいた神戸市内にある

棚田の様子です。

これらを維持していくのは、雑草との戦い、草刈り作業が

とても重要だとお聞きしています。

★ 講演会「神戸の里地・里山」 ★

日時:9月24日(日曜)14時~15時30分

会場:神戸ファッション美術館4階第1セミナー室

申込:電話又はFAXで、お名前・ご連絡先を明記のうえ、

お申し込みください。

※参加費無料(先着順受付。定員になり次第締切)

申込先:神戸ファッション美術館

電話:078-858-0050 / FAX:078-858-0058

展覧会鑑賞と合わせて、ぜひご参加ください。福