follow me

[鳥丸軍雪展]初日のトークイベント、大盛況で終了! ご参加ありがとうございました

みなさま、こんにちは!

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」、

開幕から1週間が過ぎましたが、

ファッション系の大学生や専門学校生をはじめ

ファッションやお洋服が好きな方々にお越しいただいております。

開会式を取材いただいたサンテレビでも昨日4月19日(金)のニュースで

ご紹介いただきました。ぜひ、ご覧になってくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=qQObKWlCYCE

さて、ちょうど1週間前、展覧会の初日である4月13日(土)に開催した

鳥丸軍雪先生のトークイベントは早くからお申し込みをいただき、

満員御礼のにぎわいとなりました。

横浜、彦根、福井、鳥取、宮崎などなど、

全国津々浦々から、鳥丸先生のファンの方々やお友だちが駆けつけてくださり、

会場は静かな熱気に包まれました。

いくつか印象的なエピソードをご紹介しましょう。

「私の両親は父が鳥丸軍ニ、母は雪。ロマンチックな両親でした。

そこから一字ずつもらった名前です。

からすまぐんせつと呼ばれたりしました。返事はしなかったです(笑)」

「戦中に生まれたので、小さいときから自然に目が向きました。

キャベツ、木の芽を切ったりして、断面の美しさをいつも観察していた。

常に自然から学びました。

自然にミステイクはないです。自然に、逆らわない。

自然みたいな生き方をしたいと、いつも思っています」

「ダイアナ妃のドレスは、ダイアナさんが初めての日本訪問の2週間前に

もし注文があったら、と準備しました。

肌を露出せず、着物的なものがいいだろうと。ダイアナさんの寸法を探して、3着作って。

ロイヤルブルーと、パッションの赤、人柄を表す白です。

宮殿に上がったら、なんで私の服の寸法知ってるの? と、とても気さくだった。

選ばれたのはロイヤルブルーのドレスです」

「私は、黙って自分の納得できるドレスを作ってきただけ。

女性をいかに上品に、女らしく見せることができるかという考えで作ってきました。

ファッションデザイナーというよりドレスメーカーです。

生地を理解して、生地にどうしたいの?と尋ねて、やりとりをして

生地を愛し、生地に愛されて、

最高にシンプルにしようと、ドレスを作ってきました」

おだやかな口調で、独特のユーモアを交えながらの

60年のファッションデザイナーとしてのエピソードの数々に

会場は終始、和やかな笑いに包まれていました。

アンケートにも鳥丸先生へのメッセージがいっぱい!

「〝自然から常に学ぶ。自然にミステイクはない“のお言葉が印象的でした」

(宝塚市・60代・女性)

「鳥丸さんの人間性(あたたかい)の出た講演で、聞いていて心が豊かになりました。

ファッションに無関心ですが」(福井県・70代・女性)

「気さくなお人柄で親しみを感じました。作品は素晴らしい衣装ばかりで感動しました」

(大阪市・60代・女性)

「父の高校時代の友人と聞いていました。今日初めて作品を見せていただき、

このような方と知り合いだった父とその高校時代の交流を感じることができました」

(神戸市・50代・女性)

「とても面白かったです。あんなステキな物は作れませんが服を作りたくなりました」

(西宮市・50代・女性)

「お人柄の自然さがこの人生を作られたのだなと感じ、ご本人の口から

このようなお話を聞けたことが宝となりました」(神戸市・40代・女性)

「良くぞこんな事が出来たこと驚きです。1年後輩」(東大阪市・70代以上・男性)

「とても誠実で真面目なお人柄がよく伝わってきました。〝自然の流れに沿って

最高の努力をする″心がけていきたいものです」(大阪府・30代・女性)

「鳥丸さんの生き方、人生観など面白く聞かせていただきました。

年齢を重ねた方のお話は何か違います。ナチュラルな生き方、見習いたいです」
(横浜市・60代・女性)

ご参加いただきましたみなさま、お疲れさまでした! ありがとうございました。

なお、トークイベントでお話に出たダイアナ元皇太子妃の来日は1986年のこと。

鳥丸先生が用意した3着のドレスのデザイン画をはじめ

ドレスのレプリカが並ぶお部屋は写真撮影OKです。

ぜひ、美術館でご一緒に、写真を撮ってみてくださいね。

ご来館、お待ちしています。

●6月23日(日)まで開催中!

伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展 

GNYUKI TORIMARU

[同時開催]

コレクション展 「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」

 

 

  • 2019/04/20 |
  • 10:49 |
  • イベント,ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

本日、特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」、開幕しました! 

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館では、本日2019年度の第1期展である

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」初日を迎えました。

きのう、本展の開会式とプレス内覧会を実施し、

貴重なコレクションをご提供いただいた鳥丸軍雪先生にも

ご列席いただき、華やかに展覧会の幕を開けることができました。

鳥丸先生のご挨拶によれば、きのう4月12日は

「神戸港から船に乗り、6週間かけてロンドンに到着したその日」なんだとか。

1959年の4月12日から60年。

とても不思議な巡りあわせですが、

夢を抱いてロンドンに降り立った鳥丸青年のその後の60年の歩みを

一堂に集めた本展は、さまざまな見方、楽しみ方ができる展覧会です。

開会式の後には、鳥丸先生ご自身による「ギャラリートーク」を行い、

ドレープやプリーツが美しくあしらわれたドレスを前にした

先生の丁寧な解説に、ご参加のみなさまはうっとりと聴きいっていらっしゃいました。


華やかに揺れる鮮やかな発色のドレスはもちろん、

人となりを伺える興味深いインタビュー映像、

渡英前の「東映動画」時代の思い出の品々などなど見どころ満載です。

なお、神戸新聞、毎日新聞、サンテレビの取材も入りました。

ぜひ、WEBサイトもご覧になってください。

●神戸新聞
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012235998.shtml

●毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20190413/ddl/k28/100/300000c

また、本展オリジナルグッズも

作品集、クリアファイル、ポストカードなどを販売。

鳥丸軍雪先生のサイン入り作品集は限定50冊です。

お早めにお買い求めください。

4月13日(土)~6月23日(日)開催!

伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展 

GNYUKI TORIMARU

 

[同時開催]

コレクション展

「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」

 

[鳥丸軍雪展] 美しいドレスが並び、準備も大詰め! 4/13(土)トークイベントも残席あります

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館では、

2019年度の第1期展として、4月13日(土)から

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」を開催いたします。

本展では、ダイアナ皇太子妃の来日時、宮中晩さん会のためにつくられた

イブニングドレスをはじめ、黒柳徹子さんの華やかな舞台衣装、

これまでの未発表作品も数多く展示いたします。

ただいま、特別展示室内では、

鳥丸軍雪先生自ら、作品の着付けをチェックいただいております。

展覧会の初日には、神戸から世界へ羽ばたいた先生のトークイベントを開催。

神戸港から6週間の船旅を経て、ロンドンでスタートしたドラマチックな人生と

唯一無二のファッションを生み出すスピリットにふれていただける貴重な機会です。

続々とお申し込みをいただいておりますが、まだまだお席がございます。

メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か、

お電話(078-858-0050)でどうぞ! ご参加をお待ちしております。

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」

鳥丸軍雪トークイベント  ※要入館券

世界で活躍するファッションデザイナー鳥丸軍雪が、

これまでの歩み、デザインに込めた思いなどを語ります。

日時/4月13日(土)13:00~14:30

会場/第1セミナー室

定員/90人程度(要申し込み、先着順)

参加費/無料  ※要入館券

お申し込み方法/①名前②年齢③住所④連絡先を明記の上、

メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か、

電話(078-858-0050)でお申し込みください。

いよいよ4月13日(土)~6月23日(日)開催!

伝説のファッションデザイナー

鳥丸軍雪展

GNYUKI TORIMARU

■開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)

■休館日/月曜日(4/29・5/6は開館)、5/7

■入館料/一般1,000(800)円、

大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料

[同時開催]

コレクション展

「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」

2019年度第1期特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」、いよいよ4月13日(土)開幕です!

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館では、

2019年度の第1期展として、4月13日(土)から

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」を開催いたします。

館内では、もっか、その準備を急ピッチで進行中。

正面エントランスのバナー、ポスターなどの掛け替えも完了いたしました。

「ファッション」をテーマとした美術館にふさわしく

特別展示室には、〝ダイアナ妃も認めた伝説のデザイナー“

鳥丸軍雪氏の優美なドレスの数々が並びます。

美しいドレープに、豊かなプリーツが創りだす流麗でエレガントなシルエット!

イギリス王室をはじめ、各国のロイヤルファミリーに愛された

「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪」の世界に、ご期待ください。

特別展

伝説のファッションデザイナー

鳥丸軍雪展

GNYUKI TORIMARU

2019.4/13(土)~6/23(日)

■開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)

■休館日/月曜日(ただし4/29・5/6は開館、5/7が休館)

■入館料/一般1,000(800)円、大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料

※( )内は30人以上の団体料金

※特別展期間中は特別展料金(毎回異なる)で特別展・コレクション展の両方をご覧いただけます。なお、特別展期間中はコレクション展のみの観覧は受け付けておりません。

※神戸ゆかりの美術館・小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は

割引を受けられます。

■主 催/神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社

■後 援/サンテレビジョン、ラジオ関西

■企画協力/みやざきアートセンター

■展示協力/大阪樟蔭女子大学

揺れるドレープ、美しき絹の彫刻家

ダイアナ妃も認めた伝説のデザイナー

鳥丸軍雪(とりまる・ぐんゆき)は、英国オートクチュール界に大きなインパクトを与えてきた伝説的なトップデザイナーです。その作品は流れるような優雅なひだを生む手法(ドレープ)や、独創的な布のカットから生み出され、鳥丸は「ドレープの魔術師」「絹の彫刻家」と呼ばれてきました。英国王室のダイアナ元皇太子妃やスウェーデン王国のシルビア王妃、日本では人気タレント黒柳徹子ら多くの著名人の衣装を手掛けたことでも知られています。

1937年、宮崎県生まれ。59年、神戸から世界へと羽ばたき、パリで世界的デザイナー、ピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務めました。そして、シンプルかつ洗練された独自のスタイルで作品を発表、国際的な評価を獲得します。

本展では、プリーツやドレープを駆使した代表作を中心に、デザイン画など約80点を一堂に紹介。神戸から渡英して60年。鳥丸の歩みを展望する貴重な機会となります。

[関連イベント]

◆鳥丸軍雪トークイベント  ※要入館券

世界で活躍するファッションデザイナー鳥丸軍雪が、

これまでの歩み、デザインに込めた思いなどを語ります。

日時/4月13日(土)13:00~14:30

会場/第1セミナー室

定員/90人程度(要申し込み、先着順)

参加費/無料。※要入館券

お申し込み方法/①名前②年齢③住所④連絡先を明記の上、

メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か、電話でお申し込みください。

 

[同時開催]

コレクション展
「5つの時代衣装展 
-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」
 
18-19世紀の西洋服飾スタイルは、ロココ、エンパイア、クリノリン、バスル、
アール・ヌーヴォーと変遷します。
本展では、ジョルジュ・スーラの絵画作品「グランド・ジャット島の日曜日の午後」
(1884-87年)など5点の絵画に描かれた女性たちの装いを、
当館が所蔵する当時の衣装で再現を試みます。
さらに当時の着こなし、化粧、しぐさなどを、現地で撮影した絵画と同名の
短編映画で紹介。西洋ファッションの時間旅行へお誘いします。

「コシノヒロコ ファッションショー GET YOUR STYLE!」 モデル募集は、3月31日(日)締切と変更になりました!

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館は、

世界的ファッションデザイナーでアーティストでもある、

コシノヒロコ名誉館長のプロデュースによる

「コシノヒロコ ファッションショー GET YOUR STYLE!」 を

6月29日(土)・30日(日)に開催します。

このイベントにつきまして、神戸ファッション美術館に

たくさんのお問いあわせをいただき、ありがとうございます。

現在の応募状況ならびに、募集期限の変更につきましてお知らせいたします。

 

●「観覧希望」のお申し込みは定員に達しました

3月18日(月)から、ブランドサイト「HIROKO KOSHINO」で

http://www.hirokokoshino.com/728/

「モデル募集」と「観覧希望」のお申し込みを受け付けておりますが、

先着順である「観覧希望」は、スタート1日で募集人数に達しました。

現在、お申し込みを受け付けておりませんので、ご了解ください。

 

●「モデル募集」の締切は3月31日(日)正午までと変更になりました

また、「モデル募集」につきましては、

昨日時点で650人(2019年3月26日正午現在)という

たいへん多くのお申し込みを頂戴しており、

下記の通り、募集締切日を変更させていただきます。

[変更前]

2019年3月18日(月)~5月13日(月)

[変更後]

2019年3月18日(月)~3月31日(日)

 

●申し込んだのに、自動返信メールが届いてない場合

なお「モデル募集」「観覧希望」のお申し込み後に

自動返信メールが届いていない場合は、

ドメイン@hirokokoshino-tokyo.comのメールを受信できるように

受信設定を変えていただいてから

hkt@hirokokoshino-tokyo.comにお問い合わせくださるようお願いします。

 

●お問いあわせはこちら

「モデル募集」と「観覧希望」に関することは、下記へメールでお願いいたします。

株式会社ヒロココシノ

メール:hkt@hirokokoshino-tokyo.com

以上、どうぞ、よろしくお願いいたします。