follow me

[オルビスホール情報]4/6(土)18:00~ 「THE ASIAN ROSES DANCE STAGE」開催です!  

 みなさま、こんにちは!

六甲アイランドでは、風は冷たいものの桜が咲き始め、チューリップは満開!

4月7日(日)まで、「第18回六甲アイランドチューリップ祭」開催中です。

前日4月6日(土)には、30,000本が咲き誇るチューリップ畑は

19:30までナイター開園! ぜひ、お出かけください。


その6日(土)には、5Fオルビスホールで

ダンススタジオThe Asian Rosesの発表会「THE ASIAN ROSES DANCE STAGEが開催されます。

●ダンス発表会「THE ASIAN ROSES DANCE STAGE」
日 時/ 2019年4月6日(土) 18:00~ *17:30開場

入場料/ 1,000円

スタジオを主宰する須原誠子さんは、高校生のとき新体操の団体の部で全国6位!

大学時代もダンス部で活躍し、以降さまざまなダンス公演や、イベントに参加して

ダンスのキャリアを磨いてきた指導歴10年以上のベテランです。

今回のステージには、リトルキッズ(幼稚園児&小学高低学年)、

キッズ(小学校高学年)、ティーン(中学生・高校生)から大人まで出演し、

パワフルなパフォーマンスを見せてくれます。

チラシのキャッチフレーズは「NO DANCE! NO LIFE!」。

一度、踊ってみたい! ダンスのステージを見てみたいという人、

 オープン公演ですのでお気軽にお越しください。

***

 

●いよいよ4月13日(土)~6月23日(日)開催!

伝説のファッションデザイナー

鳥丸軍雪展 GNYUKI TORIMARU

開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)

休館日/月曜日(4/29・5/6は開館)、5/7

入館料/一般1,000(800)円、大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料

[同時開催]

コレクション展 「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」

 

  • 2019/04/04 |
  • 19:01 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

[鳥丸軍雪展]4/13(土)13:00~ 鳥丸軍雪氏トークイベントを開催! 参加お申し込み受付中です

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館では、

2019年度の第1期展として、4月13日(土)から

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」を開催いたします。

初日の13日(土)には、鳥丸軍雪氏のトークイベントを予定。

現在、参加のお申し込みを受付中です!

いまから60年前の1959年、

神戸港から「ラプラタ丸」で旅立った鳥丸氏。

パリでピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務め、

その後、ロンドンでシンプルながら洗練された独自のスタイルで作品を発表、

国際的な評価を獲得します。

1977年に、英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの

ドレスデザイナーとして認められ、

1986年には、ダイアナ皇太子妃の来日時、

昭和天皇による宮中晩さん会のためのイブニングドレスを製作しています。

美しいドレープに、豊かなプリーツが創りだす流麗でエレガントなドレスとともに、

鳥丸軍雪氏の知られざるドラマチックな人生と、

唯一無二のファッションを生み出すスピリットにふれる貴重な機会です。

まだまだ、お席がございます。

展覧会の初日、ご参加のお申し込みをお待ちしております。

 

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」

◆鳥丸軍雪トークイベント  ※要入館券

世界で活躍するファッションデザイナー鳥丸軍雪が、

これまでの歩み、デザインに込めた思いなどを語ります。

日時/4月13日(土)13:00~14:30

会場/第1セミナー室

定員/90人程度(要申し込み、先着順)

参加費/無料  ※要入館券

お申し込み方法/①名前②年齢③住所④連絡先を明記の上、

メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か、

電話(078-858-0050)でお申し込みください。

 

●いよいよ4月13日(土)~6月23日(日)開催!

伝説のファッションデザイナー

鳥丸軍雪展

GNYUKI TORIMARU

■開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)

■休館日/月曜日(4/29・5/6は開館)、5/7

■入館料/一般1,000(800)円、

大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料

[同時開催]

コレクション展

「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-

  • 2019/04/03 |
  • 19:39 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

2019年度第1期特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」、いよいよ4月13日(土)開幕です!

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館では、

2019年度の第1期展として、4月13日(土)から

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」を開催いたします。

館内では、もっか、その準備を急ピッチで進行中。

正面エントランスのバナー、ポスターなどの掛け替えも完了いたしました。

「ファッション」をテーマとした美術館にふさわしく

特別展示室には、〝ダイアナ妃も認めた伝説のデザイナー“

鳥丸軍雪氏の優美なドレスの数々が並びます。

美しいドレープに、豊かなプリーツが創りだす流麗でエレガントなシルエット!

イギリス王室をはじめ、各国のロイヤルファミリーに愛された

「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪」の世界に、ご期待ください。

特別展

伝説のファッションデザイナー

鳥丸軍雪展

GNYUKI TORIMARU

2019.4/13(土)~6/23(日)

■開館時間/10:00~18:00(入館は17:30まで)

■休館日/月曜日(ただし4/29・5/6は開館、5/7が休館)

■入館料/一般1,000(800)円、大学生・65歳以上500(400)円、高校生以下無料

※( )内は30人以上の団体料金

※特別展期間中は特別展料金(毎回異なる)で特別展・コレクション展の両方をご覧いただけます。なお、特別展期間中はコレクション展のみの観覧は受け付けておりません。

※神戸ゆかりの美術館・小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は

割引を受けられます。

■主 催/神戸ファッション美術館、神戸新聞社、毎日新聞社

■後 援/サンテレビジョン、ラジオ関西

■企画協力/みやざきアートセンター

■展示協力/大阪樟蔭女子大学

揺れるドレープ、美しき絹の彫刻家

ダイアナ妃も認めた伝説のデザイナー

鳥丸軍雪(とりまる・ぐんゆき)は、英国オートクチュール界に大きなインパクトを与えてきた伝説的なトップデザイナーです。その作品は流れるような優雅なひだを生む手法(ドレープ)や、独創的な布のカットから生み出され、鳥丸は「ドレープの魔術師」「絹の彫刻家」と呼ばれてきました。英国王室のダイアナ元皇太子妃やスウェーデン王国のシルビア王妃、日本では人気タレント黒柳徹子ら多くの著名人の衣装を手掛けたことでも知られています。

1937年、宮崎県生まれ。59年、神戸から世界へと羽ばたき、パリで世界的デザイナー、ピエール・カルダンのアシスタントデザイナーを務めました。そして、シンプルかつ洗練された独自のスタイルで作品を発表、国際的な評価を獲得します。

本展では、プリーツやドレープを駆使した代表作を中心に、デザイン画など約80点を一堂に紹介。神戸から渡英して60年。鳥丸の歩みを展望する貴重な機会となります。

[関連イベント]

◆鳥丸軍雪トークイベント  ※要入館券

世界で活躍するファッションデザイナー鳥丸軍雪が、

これまでの歩み、デザインに込めた思いなどを語ります。

日時/4月13日(土)13:00~14:30

会場/第1セミナー室

定員/90人程度(要申し込み、先着順)

参加費/無料。※要入館券

お申し込み方法/①名前②年齢③住所④連絡先を明記の上、

メール(workshop@fashionmuseum.or.jp)か、電話でお申し込みください。

 

[同時開催]

コレクション展
「5つの時代衣装展 
-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」
 
18-19世紀の西洋服飾スタイルは、ロココ、エンパイア、クリノリン、バスル、
アール・ヌーヴォーと変遷します。
本展では、ジョルジュ・スーラの絵画作品「グランド・ジャット島の日曜日の午後」
(1884-87年)など5点の絵画に描かれた女性たちの装いを、
当館が所蔵する当時の衣装で再現を試みます。
さらに当時の着こなし、化粧、しぐさなどを、現地で撮影した絵画と同名の
短編映画で紹介。西洋ファッションの時間旅行へお誘いします。

[オルビスホール情報]3/30(土)16:30~「ベリーダンサー木村カスミ 神戸公演」開催です!   

みなさま、こんにちは!

本日、神戸ファッション美術館の南側に、

六甲アイランドに住み、働いている人々待望のスポット

「トーホーストア 六甲アイランド店」がオープンしました!

昨年7月に、神戸ファッションプラザ内にあった食品スーパーが閉店し、

何かと不便だった島内のお買い物事情でしたが、

春の訪れ、新年度にあわせての開店の運びに!

10時の開店時には、たくさんのお祝いの花々とともにズラリと行列ができ、

そのお祝いの花々も、お昼ごろには買い物客とともに消えてしまうほどの

大盛況になりました。通りの桜も、オープンを祝うように咲き始めています。

そんな六甲アイランドの春を彩る、今年度最後のオルビスホールのイベント情報です。

あさって3月30日(土)にベリーダンサー木村カスミさんの神戸公演が開催されます。

木村さんは1997年に東洋初のベリーダンサーとして

エジプト政府より公式なライセンスを取得した日本人!

〝ベリー″は英語で腹部・胴をさす言葉で、

文字通り、お腹や腰、そして全身をくねらせて、情熱的に踊るのがベリーダンスです。

ベリーダンス発祥の地と言われている本場”エジプト”を拠点に

ドバイなどの中東諸国でも広く活動する木村さん、久しぶりの日本凱旋公演となります。

当日はアラブの打楽器、アラブバイオリンなどの編成バンドと

エキゾチックなダンサーのみなさんの情熱的なステージが見もの!

一瞬にして異国へとワープさせてくれること間違いなしです。

●ベリーダンサー木村カスミ 神戸公演 
日 時/ 2019年3月30日(土) 16:30~  *16:00開場

前売料金/ ダイヤモンド席 11,000円
プラチナ席   8,000円
ゴールド席   7,000円
シルバー席   6,000円
※全席指定席、当日は500円アップ

出   演/ダンサー:MAZAKI、Akiyda、mikko、紫帆、Marwa、

Stella☆シャービィ隊(Haflat、MAZAKI Raqs Sharqi)

バンド: アブデッラー(ボーカル)、 永田充(ダルブッカ)、

サンぺー(レク)、平地正憲(キーボード) 、秦進一(バイオリン)

ご予約・お問い合わせ/kasumi@mazakibellydance.com

●次回展示
特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」
2019年4月13日(土)~6月23日(日)
近日開幕! お楽しみに!

  • 2019/03/28 |
  • 18:25 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

「コシノヒロコ ファッションショー GET YOUR STYLE!」 モデル募集は、3月31日(日)締切と変更になりました!

みなさま、こんにちは!

神戸ファッション美術館は、

世界的ファッションデザイナーでアーティストでもある、

コシノヒロコ名誉館長のプロデュースによる

「コシノヒロコ ファッションショー GET YOUR STYLE!」 を

6月29日(土)・30日(日)に開催します。

このイベントにつきまして、神戸ファッション美術館に

たくさんのお問いあわせをいただき、ありがとうございます。

現在の応募状況ならびに、募集期限の変更につきましてお知らせいたします。

 

●「観覧希望」のお申し込みは定員に達しました

3月18日(月)から、ブランドサイト「HIROKO KOSHINO」で

http://www.hirokokoshino.com/728/

「モデル募集」と「観覧希望」のお申し込みを受け付けておりますが、

先着順である「観覧希望」は、スタート1日で募集人数に達しました。

現在、お申し込みを受け付けておりませんので、ご了解ください。

 

●「モデル募集」の締切は3月31日(日)正午までと変更になりました

また、「モデル募集」につきましては、

昨日時点で650人(2019年3月26日正午現在)という

たいへん多くのお申し込みを頂戴しており、

下記の通り、募集締切日を変更させていただきます。

[変更前]

2019年3月18日(月)~5月13日(月)

[変更後]

2019年3月18日(月)~3月31日(日)

 

●申し込んだのに、自動返信メールが届いてない場合

なお「モデル募集」「観覧希望」のお申し込み後に

自動返信メールが届いていない場合は、

ドメイン@hirokokoshino-tokyo.comのメールを受信できるように

受信設定を変えていただいてから

hkt@hirokokoshino-tokyo.comにお問い合わせくださるようお願いします。

 

●お問いあわせはこちら

「モデル募集」と「観覧希望」に関することは、下記へメールでお願いいたします。

株式会社ヒロココシノ

メール:hkt@hirokokoshino-tokyo.com

以上、どうぞ、よろしくお願いいたします。