follow me

六甲アイランドまちびらき30周年

神戸ファッション美術館がございます六甲アイランドは、平成30年3月15日をもって30年周年を迎えました。
当日は当館の上、オルビスホールにて記念式典が開かれ、島内はお祝いムードでした!

まちびらきは昭和63年
神戸ファッション美術館は平成9年4月25日に開館し、21年間島と共に歩んできました。

六甲アイランドも神戸ファッション美術館もまだまだ頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

daida2号(六アイと同級)

  • 2018/03/18 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

きのこに会いにいきましょう!!

みなさま、こんにちは。

温かくなってきましたね。
花粉がたくさん飛んで辛い日々をおくっています。。。

先日、美術館「えき」KYOTOへ『小林路子*菌類画の世界』を見に行きました。
チラシにたくさんの種類のきのこが描かれていて、きのこに会いに行きたくなりました。

菌類画って何でしょう?!それは、菌類の‘花’ともいえる‘きのこ’の肖像です。

小林路子さんは、そんな新しい絵の分野を切り開いた画家です。自然の中で生きる野生このこを描いた美しい作品は約900点!!

その一部はすでに植物や菌類譜の世界的コレクションを誇る英国キュー王立植物園に収蔵され、最終的には全作品が寄贈される予定です。
今回の展示では、選び抜かれた菌類画の数々ときのこの絵本などの原画約150点を展示しています。

きのこのオブジェもあります!!

楽しいきのこグッズも見られます!!

色も形もさまざまな魅惑のきのこの世界へ、是非みなさまも会いに行ってください♪
美術館「えき」KYOTOで、3月25日(日)まで開催しています。

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

りんご

  • 2018/03/14 |
  • 11:56 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

3月3日

今日はお雛祭りです。

我が家のお雛様も久しく飾られておりませんが女の子にとっては、ワクワクする日なのでしょうね。

神戸ファッション美術館での「わくわく日」も残すところ僅かとなりました。

「最後の浮世絵師 月岡芳年」の巧みな枝と豊かな想像力、卓越した画面構成のセンスをご覧ください。

お待ちしています。

TK

  • 2018/03/03 |
  • 14:19 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

春をまつ六甲アイランド

今年の1月は寒さが厳しく、神戸ファッション美術館の前を流れる川も薄氷が張っている日々が続いていました。

今日は節分です。

暦のうえでは、明日から春になります。

まだまだ寒い日々が続くでしょうが、春と聞けば嬉しいものですねぇ。

美術館南側の桜並木の「つぼみ」も膨らみ始めています。

一足さきに桜並木の満開をお見せします。

(29年の春)

この春も楽しみにして待ってください。

TK

  • 2018/02/03 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

1月は行く⁉

今年も早いもので1月も終わり、明日からは2月です。

”1月は行く、2月は逃げる、3月は去る”と、昔から言われています。1月も、すぐに終わってしまいました。あっという間に日々が過ぎて終わないうちに、美術館賞は如何でしょうか⁉

神戸ファッション美術館では、

「  芳年 - 躍動の瞬間と永遠の美   

1月14日⁽土⁾~3月11日⁽日⁾まで開催中です。※詳しくはHPをご覧ください。

浮世絵と言えば美人画や風景画を連想されると思います。芳年は美人画・風景画は勿論ですが、臨場感のある戦画や躍動感ある武将画等が特徴的です。画の中で吹く風を感じられるような作品ばかりです。この迫力を是非体験してみてください。

また、同時開催中の

  「 ヨーロッパ  扇  も見逃せません‼

贅を尽くした時代を映し出す扇。優雅で華やかな世界をご堪能下さい。

この機会を逃すと、次にご覧いただけることが難しくなると思います。

是非、この機会にご鑑賞くださいませ。

皆様のご来館をお待ちしております。       △子

  • 2018/01/31 |
  • 14:14 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!