follow me

六甲アイランド「 Artな 女4人展」 ★12/24まで開催中

神戸市東灘区、六甲アイランドの神戸ファッション美術館の
4階ギャラリーでは、12月24日まで「六甲アイランド Artな女4人展」を
開催しています。

こちらの展覧会は、こちら地元の

六甲アイランドの地域のみなさんが中心になった取り組み

「Espace d’machi e」の一つで神戸ファッション美術館と共催で

開催しているものです。

さて、このArtな女4人とは!?

いといまきこさん(刺繍)「日本刺繍~布に花を咲かせましょう」

菰池知佐子さん(陶芸)「ユニークな陶芸アート」

中根純子さん(写真)「Thailand vol.2 木の精の物語」

和田典子さん(水引)「暮らしを彩る水引結び」のみなさんです。

◆Espace d’machi e 六甲アイランド Artな女4人展◆

会期:12月24日(日)まで(月曜を除く毎日)

開催時間:10時~18時(最終日は15時まで)

会場:神戸ファッション美術館4階ギャラリー

後援:六甲アイランドCITY自治会、神戸ファッション美術館

協力:六甲アイランドまちかどネット

※観覧無料

素敵な作品がいっぱいですので、ぜひご覧頂きたいです。そして、

神戸ファッション美術館1階の展示室で開催中の特別展

「宮脇綾子 美しいアプリケ 布がつむぐ暮らしの装い」展と

一緒にお楽しみください。

宮脇さんのアプリケのモチーフにはカレイやイカ、

シャケ等々ありますが、どれもリアルで美味しそう?


特別展も12月26日まで開催中です。福

 

 

☆キッズ観賞ツアー☆神戸ファッション美術館へ行こう!!

皆様、こんにちは。

12月になり、寒さが厳しくなってきましたね。

毎回ご好評いただいてる、キッズ観賞ツアーについてお伝えします。

今月は、12月16日(土)です。

お話は「ナポレオンのお話」、WSは「てづくりビーズをつくろう」です。

ナポレオンとはどんな人?洋服は??

ナポレオンのいろいろなお話が聞けます。

そして、WSは「てづくりビーズをつくろう」です。

チラシを丸めたビーズを組み合わせて、オリジナルのネックレースをつくりましょう!!

いまからどんなのが出来るのか楽しみです。

「宮脇綾子 美しいアプリケ」展もあと少しです。寒い中、たくさんのお客様にご来館いただいています。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

りんご

************************************

● 時間;14:00~15:00

●場所;展示室(5分前に美術館1階受付に集合して下さいね)

●対象;どなたでも ●定員;各回15名程度

●参加費;無料(要入場料)小中高65歳以上250円(のびのびパスポート持参で無料)、一般500円

●申込不要ですが、ツアー開始14時に来館されますと、定員に達している場合がございます

*************************************

☆今後の予定☆

2018年1月27日(土)「おうぎの中の世界のお話」WS「「好き」をさがしておえかき」

2018年2月17日(土)「ロココのかわいいお話」WS「毛糸でタッセルをつくろう」

2018年3月3日(土)「ファッションとおうぎのお話」WS「フランスきぞくのおうぎをつくろう」

  • 2017/12/14 |
  • 10:00 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

映像で見る~神戸の地場産業シリーズ

神戸港が開港して150年の今年、神戸市東灘区、六甲アイランドにある

神戸ファッション美術館も1997年開館から今年で20年という節目の年

です。この赤いポスターは神戸ファッション美術館開館時のものです。


これまで神戸ファッション美術館では、ファッションに関わる情報をいろいろな形で皆様にお届けすべく、スタッフ一同毎日何ができるのかと知恵を出し合い、いろいろな方にご協力頂いています。

その1つとして、神戸芸術工科大学大学院教授の見寺貞子さん(下の写真)と映画監督であり、風楽創作事務所主宰の田中幸夫さんに多大なご協力をいただいて、神戸のファッション産業(地場産業)の発信として映像資料の制作を進めています。

なお神戸市の条例では、9テーマが神戸のファッション産業と位置付けられています。

具体的には、真珠加工、神戸洋服、アパレル、神戸靴、ケミカルシューズ、神戸洋家具、洋菓子、コーヒー、清酒の9テーマです。


今年の1月から3月まで神戸ファッション美術館で、多くの関係の皆様にご尽力いただき、開催した特別展覧会「神戸開港150年記念 ファッション都市神戸―輝ける国際港と地場産業の変遷」では、神戸の風土を背景にした地場産業の成り立ちと魅力をご紹介しました。このとき、9テーマのうち「真珠加工」の映像ができました。


そして、神戸ファッション美術館の1階のスタディコーナーでの上映や3階のライブラリーでのDVD貸し出しも行っています。このたび、その他の8テーマの映像が完成!取り急ぎ、神戸ファッション美術館のスタディーコーナーで、現在開催中の特別展「宮脇綾子 美しいアプリケ-布がつむぐ暮らしの装い」展の会期中ご覧いただくことができます。

 

魅力いっぱいの神戸の地場産業を分かりやすく知って頂けます。

ぜひご覧ください!福

 

 

ロビーコンサート

12月に入りました。

神戸ファッション美術館ホールでは、毎年恒例の「フェルシモ クリスマスアーカイブスコレクション」展の飾りつけが終わり、皆様のお越しをお待ちしています。

また、これも恒例の神戸ファッション美術館ロビーコンサート(無料)の案内看板も設置終えました。

開催日・時間及び演奏者等は神戸ファッション美術館のホームページでお確かめください。

 

TK

  • 2017/12/03 |
  • 10:00 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

11/25 限定「気仙沼まただいん」出店!

だいぶ寒くなってきました。皆さまのところはいかがですか。

神戸市東灘区、六甲アイランドのファッション美術館の1階ロビー展示が、

大阪樟蔭女子大学さんにご協力いただき、マリンコレクションからフェリシモ

クリスマスアーカイブコレクション展とハッピートイズお披露目展示に模様替えしました。

世界のクリスマスツリーがご覧いただけます。観覧無料で休館日を除いて

12月26日まで開催しています。12月には、9日、17日、23日の

3日間は、ロビー開館時間を20時まで延長してご覧いただけます。

そして、11月最後の土曜日、明日11月25日、

13時30分から17時まで、神戸ファッション美術館の1階ロビーで

「東北の食べ物をお土産にしよう!」を開催します。

本年も、神戸市東灘区内の岡本商店街にある、被災地支援ショップ

「気仙沼まただいん」さんに東北の物産を展示販売していただきます。

 

「まただいいん」とは、気仙沼の方言で「また来てね」という意味だそうです。

美味しい特産物が並んでいます。

開催中の展覧会「宮脇綾子 美しいアプリケ-布がつむぐ暮らしの装い」展と

一緒にお立ち寄りください。福