follow me

BORO(ぼろ)の美学 ―野良着と現代ファッション

次回特別展示「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」のお知らせです。

BORO(ぼろ)の美学 ―野良着と現代ファッション

BORO(ぼろ)の美学
―野良着と現代ファッション

2016年1月23日(土)~4月10日(日)
休館日:水曜日、1月14日(木)~22日(金)、4月4日(月)(4月6日(水)は開館)

主催:神戸ファッション美術館
企画協力:アミューズミュージアム
協力:青森県立郷土館、keisuke kanda、matohu、MODECO、株式会社RABサービス、writtenafterwards
後援:Kiss FM KOBE、繊研新聞社
展示協力:大阪樟蔭女子大学

もったいないの極致お見せします!
古より世界各地の人々は、限られた手元のわずかな端切れを繋ぎ、重ねて作った衣服や布類を、世代を越えて大切に用いてきました。それは日本では襤褸(ぼろ)と呼ばれ、藍染麻布の幾重ものツギハギなどは、極限のダイナミックな美のひとつとして広く知られてきました。近年ではBORO(ぼろ)として世界でも通ずる言葉となり、パリなどのハイファッション界でも注目を集めています。
本展では、青森の民俗学者・田中忠三郎が生涯をかけて研究調査を重ね収集を行った古民具等2万点の中から、国の重要有形民俗文化財である東北の野良着―タツケ、マエダレ、長着などに見られる襤褸やこぎん刺し、菱刺しの魅力を約100点紹介するとともに、現在精力的に活躍する日本のデザイナーの中で、特にBOROの美意識を確固たる姿勢で読み解くkeisuke kanda(神田恵介)、matohu(堀畑裕之、関口真希子)、writtenafterwards(山縣良和)の三組のデザイナー作品と、廃棄される資材の特質を活かし日々用いる物へと昇華する、MODECOの作品を展示します。
大量生産以前には常であった「もったいない」の精神を未来へと紡いでいくことへの再考の機会となりますと幸いです。

詳細はホームページをご覧ください。
特別展示「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション

 

尚、明日2015年12月29日(火)から2016年1月3日(日)まで年末年始の休館期間となっております。

年末年始と展示替え期間休館日のお知らせ 神戸ファッション美術館

新年は、2016年1月4日(月)より通常どおり開館いたします。

2016年も神戸ファッション美術館をどうぞよろしくお願い申し上げます。

ファッション 美術館 神戸 服飾 まとふ ケイスケカンダ リトゥンアフターワーズ 博物館 コレクション fashion museum  

pisces

  • 2015/12/28 |
  • 10:00 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

この記事のURL

http://fashionmuseum-blog.com/boro%e3%81%bc%e3%82%8d%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ad%a6-%e2%80%95%e9%87%8e%e8%89%af%e7%9d%80%e3%81%a8%e7%8f%be%e4%bb%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3

TrackBack URL

この記事へのトラックバックURL
(※トラックバックは承認制となっております)

http://fashionmuseum-blog.com/boro%e3%81%bc%e3%82%8d%e3%81%ae%e7%be%8e%e5%ad%a6-%e2%80%95%e9%87%8e%e8%89%af%e7%9d%80%e3%81%a8%e7%8f%be%e4%bb%a3%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3/trackback

Trackback

トラックバックはまだありません