follow me

毎年恒例六甲アイランド「ウエルカムフェスティバル」、あす4/21(日)まで開催中

みなさま、こんにちは!

一気に春らんまんの陽気になったきょう、

神戸ファッション美術館がある六甲アイランドのリバーモール周辺では

毎年恒例の「ウエルカムフェスティバル」がにぎやかに開催されています。

ステージイベントあり、イースターエッグの絵付けブースあり、

さまざまなフードや物販のブースあり、ポニーの試乗コーナーありと、

たくさんの人出で大賑わいです。


スタンプラリーのポイントになっている当館、

展示室ロビーにスタンプがありますので、

ぜひ、気軽に入って、スタンプを押してみてくださいね。

「ウエルカムフェスティバル」はあすも開催中!

鳥丸軍雪展も、ぜひご鑑賞ください。

 

●6月23日(日)開催!

伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展 

GNYUKI TORIMARU

[同時開催]

コレクション展

「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」

 

 

 

[鳥丸軍雪展]初日のトークイベント、大盛況で終了! ご参加ありがとうございました

みなさま、こんにちは!

特別展「伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展」、

開幕から1週間が過ぎましたが、

ファッション系の大学生や専門学校生をはじめ

ファッションやお洋服が好きな方々にお越しいただいております。

開会式を取材いただいたサンテレビでも昨日4月19日(金)のニュースで

ご紹介いただきました。ぜひ、ご覧になってくださいね。

https://www.youtube.com/watch?v=qQObKWlCYCE

さて、ちょうど1週間前、展覧会の初日である4月13日(土)に開催した

鳥丸軍雪先生のトークイベントは早くからお申し込みをいただき、

満員御礼のにぎわいとなりました。

横浜、彦根、福井、鳥取、宮崎などなど、

全国津々浦々から、鳥丸先生のファンの方々やお友だちが駆けつけてくださり、

会場は静かな熱気に包まれました。

いくつか印象的なエピソードをご紹介しましょう。

「私の両親は父が鳥丸軍ニ、母は雪。ロマンチックな両親でした。

そこから一字ずつもらった名前です。

からすまぐんせつと呼ばれたりしました。返事はしなかったです(笑)」

「戦中に生まれたので、小さいときから自然に目が向きました。

キャベツ、木の芽を切ったりして、断面の美しさをいつも観察していた。

常に自然から学びました。

自然にミステイクはないです。自然に、逆らわない。

自然みたいな生き方をしたいと、いつも思っています」

「ダイアナ妃のドレスは、ダイアナさんが初めての日本訪問の2週間前に

もし注文があったら、と準備しました。

肌を露出せず、着物的なものがいいだろうと。ダイアナさんの寸法を探して、3着作って。

ロイヤルブルーと、パッションの赤、人柄を表す白です。

宮殿に上がったら、なんで私の服の寸法知ってるの? と、とても気さくだった。

選ばれたのはロイヤルブルーのドレスです」

「私は、黙って自分の納得できるドレスを作ってきただけ。

女性をいかに上品に、女らしく見せることができるかという考えで作ってきました。

ファッションデザイナーというよりドレスメーカーです。

生地を理解して、生地にどうしたいの?と尋ねて、やりとりをして

生地を愛し、生地に愛されて、

最高にシンプルにしようと、ドレスを作ってきました」

おだやかな口調で、独特のユーモアを交えながらの

60年のファッションデザイナーとしてのエピソードの数々に

会場は終始、和やかな笑いに包まれていました。

アンケートにも鳥丸先生へのメッセージがいっぱい!

「〝自然から常に学ぶ。自然にミステイクはない“のお言葉が印象的でした」

(宝塚市・60代・女性)

「鳥丸さんの人間性(あたたかい)の出た講演で、聞いていて心が豊かになりました。

ファッションに無関心ですが」(福井県・70代・女性)

「気さくなお人柄で親しみを感じました。作品は素晴らしい衣装ばかりで感動しました」

(大阪市・60代・女性)

「父の高校時代の友人と聞いていました。今日初めて作品を見せていただき、

このような方と知り合いだった父とその高校時代の交流を感じることができました」

(神戸市・50代・女性)

「とても面白かったです。あんなステキな物は作れませんが服を作りたくなりました」

(西宮市・50代・女性)

「お人柄の自然さがこの人生を作られたのだなと感じ、ご本人の口から

このようなお話を聞けたことが宝となりました」(神戸市・40代・女性)

「良くぞこんな事が出来たこと驚きです。1年後輩」(東大阪市・70代以上・男性)

「とても誠実で真面目なお人柄がよく伝わってきました。〝自然の流れに沿って

最高の努力をする″心がけていきたいものです」(大阪府・30代・女性)

「鳥丸さんの生き方、人生観など面白く聞かせていただきました。

年齢を重ねた方のお話は何か違います。ナチュラルな生き方、見習いたいです」
(横浜市・60代・女性)

ご参加いただきましたみなさま、お疲れさまでした! ありがとうございました。

なお、トークイベントでお話に出たダイアナ元皇太子妃の来日は1986年のこと。

鳥丸先生が用意した3着のドレスのデザイン画をはじめ

ドレスのレプリカが並ぶお部屋は写真撮影OKです。

ぜひ、美術館でご一緒に、写真を撮ってみてくださいね。

ご来館、お待ちしています。

●6月23日(日)まで開催中!

伝説のファッションデザイナー 鳥丸軍雪展 

GNYUKI TORIMARU

[同時開催]

コレクション展 「5つの時代衣装展 

-華麗なるロココから優美なベル・エポックまで-」

 

 

  • 2019/04/20 |
  • 10:49 |
  • イベント,ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!