follow me

[ワークショップ情報]第1回タータン風ブローチづくり、大盛況のうちに終了しました!

みなさま、こんにちは!

9月は、毎週のように台風に見舞われた日本列島。
いま現在、台風24号が接近中で、あすは公共交通機関がストップすると、
早々に予告されています。
神戸ファッション美術館も、あすは臨時休館とさせていただきますので、
何卒、ご了承くださいませ。

あす、オルビスホールで開催が予定されていた
小磯記念美術館 特別展「没後30年 小磯良平展―西洋への憧れと挑戦―」
記念対談「小磯良平の言葉を思い出す」も中止となりました。
あわせて、ご了解くださいませ。

 

そんな台風接近中の中、本日「タータン展」関連イベントである
ワークショップ 「 ストライプリボンでつくるタータン風ブローチ」を
開催しました。色や太さが違うリボンの交差でタータン柄を作って
オリジナルブローチを作るというものです。

このワークショップに、仙台、東京、横浜などご遠方からいらっしゃった方、
素敵なタータンをお召しになった方、
小さなお子様から、シニアなご婦人、若いカップルやご夫婦など
老若男女、本当にたくさんの方々にご参加いただきました。
3時間のワークショップでなんと36人の方々が、世界に一つだけのオリジナルブローチを完成させてくださいました。

ファッションスナップ風にご紹介しましょう。

まず、吹田からいらっしゃった楠さん親子です。
タータン展の展示で「アフタヌーン・ドレス」を見たくてご来館!
同志社女子大学で音楽専攻のなつみさんとお母さん、素敵なブローチです。

続いて「昔、主人がロンドンで買ってきてくれたタータンで作ったスカート」を
素敵に着こなしていらっしゃったマダム、檀上朋子さん。
タータンは昔から大好き!で、今日はお友だちの分もあわせて
2個制作。重ねてつけるのもステキです。

こちらは、ご近所の住吉からいらっしゃった藤田さん親子です。
5歳のこはるちゃん、3歳のひよりちゃん。、上手にできました!

同じくご近所、東灘小学校2年生の坂元るかちゃんと弟の玲くん。
ブルーとイエローがアクセントの可愛いタータンです。
色の感じもよく似た仲良しご姉弟ですね。

そして、なんと仙台からお越しになった村上さん親子。
東北大学3年生の綾さん、ストライプがお好きなんですね!
エッジの効いたタータンです。

続いて、みゅーかつ帳持参で、垂水からお越しになった松尾さん親子は、
お二人ともブローチづくりに挑戦! それぞれのお洋服のカラーにうまく
マッチしたタータンブローチが出来あがりました。

こんな風にデニムにマッチするブローチを作った方も!

最後は、横浜からご来館いただいた塚本さんご夫妻です。
お二人ともに、お好きな色を選んだにもかかわらず
なんとなく似ているブローチに!ミントタータン風の可愛さですね。

タータン展関連イベントのワークショップ、今後の予定は下記の通り。
入館券は必要(当日券をお買い求めください)
ですが、申込は必要ありません!

●タータン展ワークショップ
1.ストライプリボンでつくるタータン風ブローチ
日時: 10 月13 日[土] 14:00 ―17:00

2.格子柄の生地でつくるプチハット
日時: 10 月6 日[土]、20日(土) 14:00 ―17:00
※ 作業の所要時間10 ~ 20 分、時間内で随時受付

会場:1 階 ロビードリンクコーナー付近
参加費:200 円(ただし入館券が必要)

みなさまのご参加をお待ちしております。

• 11月11日(日)まで開催中!
特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」
10:00~18:00(入館17:30まで)
開会式の模様が動画になりました! チェキラ!

  • 2018/09/29 |
  • 21:06 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

台風24号による 臨時休館のお知らせ

●台風24号による 臨時休館のお知らせ●

台風24号の接近・通過に伴い、
あす9月30日(日)は臨時休館とさせていただきます。
ご了承くださいませ。

なお、あすオルビスホールで開催予定の
小磯記念美術館 特別展「没後30年 小磯良平展―西洋への憧れと挑戦―」
記念対談「小磯良平の言葉を思い出す」は中止になりました。
あわせて、ご了承いただきますようお願いいたします。

神戸ファッション美術館

  • 2018/09/29 |
  • 11:44 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

フェリシモ ハッピートイズ「タータンを使ってパンダくんを作ろう」ワークショップ、楽しく終了しました!

みなさま、こんにちは!

すっかり秋めいてきた三連休の最終日、

いよいよウールの「タータン」を身に着けたくなる季節の始まりですね。

今日は、その「タータン」を使って、

フェリシモさんの「ハッピートイズプロジェクト」第2弾を開催!

夏休みに開催した第1弾「親子でパンダくんを作ろう」に続く今回は、

特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」にちなんで

なんとスコットランドからお取り寄せしたタータンのハギレを使うという企画です。

20組の定員はあっという間に満席となってしまう大人気で、

多世代に渡る方々にご参加いただきました。

下は年長さんの女の子から、上は還暦を超えたマダムまで、

モノづくりが好きな小学生男子くん、パンダが好きな女性、タータンが好きな女性、

そして何組もの仲良しファミリーと、多彩な方々がとっても可愛いタータンを

何枚も使って、パンダづくりに取り組みました。

  

まずは、好きな生地選びから。その後、型紙を切って、

その型どおりに生地を裁断して、顔、胴体、手足を作っていきます。

指の先で動く小さな格子柄の生地、とても可愛いですね。

難しいところは美術館スタッフがレクチャーしたり、サポート。

こちらは、当館の収蔵品の修復なども担当する学芸員・大山さんが

脚をつけるところをレクチャーしている図であります。

昨年、このプロジェクトに参加いただいた小学校4年生の久川なぎさちゃん、

年長のなつみちゃん姉妹。お母さんと一緒に頑張りました。

姫路から来てくださった阿野さん親子。

おうちで続きに取り組んでくださいね。

小学校3年生の尾方花凜ちゃんとお母さんは、お友だちのあいねちゃんと

来てくれました。みんな真剣な表情。

唯一の男の子、小学校5年生の太田光拓くん。

「何かものをつくるのが大好き」でとっても楽しそうでした。

ぬいぐるみを作るのは初めて!という人も、何人もいらっしゃいましたが

みなさん、とっても楽しそうですね。

タータン大好きという大坪さん、

ぬいぐるみ作り初めての平田さん、

丁寧に生地を裁断していた丸山さんや、おなじく宇田川さん、

ぜひ、続きをおうちで仕上げてみてください。

そして、一番乗りでパンダを仕上げてくれたのは、

素敵なロイヤル・タータンのスカートを身に着けていらっしゃった佐本さん。

プロはだしの大人パンダが出来あがり!

同じく、タータンのスカートをお召しになっていた瀬尾さんは

上手に頭を仕上げていらっしゃいました。

贅沢なスコットランドメイドのタータン、

カラフルな生地も可愛いですが、

それをパッチワークにしたパンダはさらに可愛いですね~!

ご参加のみなさま、お疲れさまでした!

続きは、おうちでぜひ仕上げてくださいね。

●11月11日(日)まで開催中!

特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」

10:00~18:00(入館17:30まで)

開会式の模様が動画になりました! チェキラ!

https://youtu.be/-NMz9Ppqt4o

 

  • 2018/09/24 |
  • 21:06 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

[オルビスホール情報]9/30(日)小磯記念美術館「没後30年 小磯良平展」記念対談、申込不要・聴講無料(先着順)です! 

みなさま、こんにちは!

本日ブログ第2弾目でございます。

今回は、神戸ファッション美術館の同業にして、近隣の美術館のご案内を!

まず、当館と同じ建物の中にある神戸ゆかりの美術館ですが、

夏休みと同時に始まった特別展「 エヴァンゲリオン展」が、

いよいよ明日9月24日(月・祝)最終日を迎えます。

エントランスロビーのエヴァ初号機もいよいよ見納め、

限定グッズ販売も、明日午後5時までです。お早目にどうぞ!

そして、もう一つの近隣美術館といえば、小磯記念美術館です。

こちらでは当館の特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」と同じスタートで、

特別展「没後30年 小磯良平展 ― 西洋への憧れと挑戦―」が開催されています。

全国の美術館やホテルなどに収蔵されたり、所蔵家が所有している

小磯良平の名品はもちろん、新発見・初公開の作品が一堂に集められたとか。

この「小磯良平展」の関連イベント、会期中に何度も開催されますが、

1週間後の9月30日(日)、当館5Fオルビスホールにて開催される記念対談は

小磯画伯ファンにはおすすめのイベントです。

ゲストに、小磯画伯のアトリエをしばしば訪ねたという〝教え子“でもある

洋画家の石阪春生さんを招き、小磯記念美術館の岡館長とともに

画伯の思い出を語り合います。

 

●小磯記念美術館 特別展「没後30年 小磯良平展 ― 西洋への憧れと挑戦―」

 記念対談「小磯良平の言葉を思い出す」

日時/2018年9 月30日(日)14:00 ~15:30

会場/神戸ファッション美術館5F オルビスホール

登壇者/石阪 春生(画家)

岡   泰正(小磯記念美術館館長)

定    員/200名

参加費/聴講無料(先着順)

日本を代表する画家・小磯良平の画業とその人生について、興味深いお話を伺えそうですね。

申込不要、聴講無料です。

ぜひ、小磯記念美術館での鑑賞の前後に、どうぞ。

そして、階下の特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」にも

ぜひ、お立ち寄りください。

 

●11月11日(日)まで開催中!

特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」

10:00~18:00(入館17:30まで)

開会式の模様が動画になりました! チェキラ!

https://youtu.be/-NMz9Ppqt4o

 

「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT」、当館の貴重なVOGUEバックナンバーもウインドウに展示いただいています!

みなさま、こんにちは!

昨日と打ってかわって、ひんやり涼しさを感じた朝。
今日は秋分の日、これからいよいよ本格的な秋へと季節が深まっていきます。

そんな新しいシーズンの始まりの昨日、
「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT(ヴォーグファッションズ・ナイト・アウト)
2018 神戸」が、大丸神戸店を中心とする神戸旧居留地エリアで
華やかに開催されました!

このイベント、そもそも2009年にアメリカ版『VOGUE』編集長アナ・ウィンターの

呼びかけで始まり、 「ファッション業界の活性化」を目的として、『VOGUE』を

発行する国が各地で主催する世界最大級のショッピング・イベントなんです。

日本でも同じ年に東京でスタートし、今回は記念すべき第10回目。

神戸では昨年2017年の3月開催以来、2度目の開催となりました。

ラグジュアリーなブランドのファッションショー、

柴咲コウさんや飯豊まりえさんのトークショー、

コスメやスイーツの限定ショップに大人気のしいたけ占いコーナーなど、

可愛くておしゃれ感度の高い女子、ファッショナブルな大人の男性と女性で

イベント会場はいっぱい!

MCのタレント吉村崇さん曰く「オープン前の朝4時から並んでいた人もいた」とか。

大丸神戸店のスタッフも、男性は蝶ネクタイ、女性はベルベットの黒リボンの

ドレスコードで揃えて、チャーミングにドレスアップしてらっしゃいました!

実は、神戸ファッション美術館もこの「VOGUE FASHION’S NIGHT OUT

(ヴォーグファッションズ・ナイト・アウト)2018 神戸」を、

ひそかにお手伝いさせていただきました。

大丸神戸店の北側のショーウインドウのディスプレイに、

美術館のライブラリー収蔵の『VOGUE』をご提供。

半世紀ほど前の『VOGUE』の表紙と、いまのモードが、

絶妙にシンクロしたディスプレイはとても魅惑的です。

今日23日(日)と明日24日(月・振休)いっぱい

大丸神戸店の北側ショーウインドウに展示されています。

いつも時代を切り開いてきたファッション誌『VOGUE』の

当館で収蔵する貴重なバックナンバーも、ぜひご覧ください!

なお、通常月曜休館の神戸ファッション美術館はあすはオープン、

あさって9月25日(火)がお休みとなります。

お気をつけて、ご来館ください。

●11月11日(日)まで開催中!

特別展「スコットランドからの贈りもの タータン展」

10:00~18:00(入館17:30まで)

開会式の模様が動画になりました! チェキラ!

https://youtu.be/-NMz9Ppqt4o

  • 2018/09/23 |
  • 16:16 |
  • イベント,ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!