follow me

今年度の「トライやる・ウィーク」、本庄中学の女子生徒が奮闘中です!

みなさま、こんにちは!

今日はあいにくの雨模様でしたが、今朝のNHKの番組

「ぐるっと関西おひるまえ」に取り上げていただいたこともあり、

たくさんのお問い合わせとご来館をいただいております。

あすも雨は続きそうですが、ぜひ、お越しになってください。

実は、あすは可愛いらしい受付嬢がみなさまをお迎えする予定です。

実は、昨日から、今年度の「トライやる・ウィーク」がスタート!

神戸ファッション美術館でも、神戸市立本庄中学校2年生の女子生徒2人が

体験学習に取り組んでいます。

岡村結愛(ゆいな)さんと、辻 亜弥(あや)さんの二人で、

スタイリストを夢見る岡村さんが大好きなこの美術館を職業体験の場に選んだとか。

仲良しの辻さんも彼女に誘われてやってきました。


美術館の受付チームの業務を実体験するため、

ローブ・ア・ラ・フランセーズを試着したり、

着せ替えサイネージで、バーチャル着せ替え体験を試してみたり…。

ご来館のみなさまに、スムーズにご案内できるように、

館内のいろんなことにチャレンジしています!

ぜひ、「トライやる・ウィーク」の2人の中学生を応援に、
お越しくださいね。お待ちしています。

●7月1日(日)まで開催
特別展「大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-」

●7月頃まで開催
常設展(コレクション展)「数字で見る神戸ファッション美術館」
※特別展の入館券でご覧いただけます。常設展のみの鑑賞はできません。

夢二気分で絵を描こう!特別展ワークショップ盛況でした

みなさま、こんにちは!

4月21日(土)から始まった特別展

「大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-」、

今日で20日目、おかげさまで女性を中心に幅広い年代の方々に

ご鑑賞いただいています。

 

今日は、特別展関連イベントとして、
ワークショップ 「筆で描き、彩り、楽しむ夢二のデザイン」を開催しました。

筆の研究者である大阪国際大学国際観光学科准教授・

村田隆志先生によるワークショップには、遠く、滋賀県からのご参加者も!

「独特の筆致でたくさんの作品を描きあげた竹久夢二は、いわば現代の

イラストレーター。多作で、間違いなく天才です」と村田先生。

筆で絵を描くことは、村田先生が感じる「日本人の3大ドキドキ」の一つだそうで、

さすがの筆さばきです。ちなみに、残り2つのドキドキは「つきたてのおもちを

食べること」と「祭囃子を聞くこと」だそう。

お手本のもみじや、おたまじゃくしをこんなに楽しいおしゃべりをしながら、

さらさらと描き進めていらっしゃる村田先生は、

どこか竹内涼真さんにも似てらっしゃいますね(^-^)。

夢二のデザインをモチーフに便箋や封筒に、筆で絵を描いていくと

オリジナル便箋の出来あがり。

またたくまに2時間が過ぎて、みなさん、それぞれに素敵な作品を完成されました。

楽しいワークショップ、ご参加ありがとうございました。

 

●7月1日(日)まで開催
特別展「大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-」

●7月頃まで開催
常設展(コレクション展)「数字で見る神戸ファッション美術館」

※特別展の入館券でご覧いただけます。常設展のみの鑑賞はできません。

 

 

  • 2018/05/13 |
  • 18:48 |
  • イベント
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

美しいバラが満開!第7回「六甲アイランドバラ祭り」開催中

みなさま、こんにちは!
雨の日曜日、今日は母の日ですが、いかがお過ごしですか?
母の日の花と言えばカーネーション。花言葉は、「女性の愛」や「感覚」、
「感動」、「純粋な愛情」などなど、赤、白、ピンク、黄色、オレンジ、紫など、
色によって言葉も変わるそうです。

ここ六甲アイランドでは、いま、バラの花が真っ盛り。
カーネーションと同じように、さまざまな色の美しいバラの花が、
六甲ライナーアイランドセンター駅の西側にある
「RIC ROSE GARDEN(六甲アイランドバラ園)で咲き誇っています。

現在、このガーデンを舞台に「第7回六甲アイランドバラ祭り」が開催中!
昨日はオープニングセレモニー ワインと音楽の集いが開かれ
神戸ワインのふるまいや六甲アイランドゆかりの音楽家の方々による
ミニコンサートも! たくさんの方々でにぎわいました。

このバラ祭りは、5月27日(日)まで開催中。
期間中の10:00~15:00、バラ祭り案内所(警察官立ち寄り所)で
「ローズティー無料サービス」や「ポストカード無料配布」もあるとか。
ぜひ、神戸ファッション美術館特別展の鑑賞前後には、
ローズガーデンの美しいバラの花々もお楽しみください。

●7月1日(日)まで開催
特別展「大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-」
●7月頃まで開催
常設展(コレクション展)「数字で見る神戸ファッション美術館」
※特別展の入館券でご覧いただけます。常設展のみの鑑賞はできません。

神戸がハワイになる3日間、美術館隣のサン広場でALOHA!

みなさま、こんにちは!

ゴールデンウィークもいよいよ後半ですね。

特別展「大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-」、

たくさんお客様のお越しいただいていますが、まだ十分、ゆったりとご鑑賞いただけます。

美術館の入り口は、ちょっと奥まっていますが、

二重のガラス扉の奥に、巨大なミュージアム空間が広がっています。

どんどん奥まで入ってきてくださいね。

そんな神戸ファッション美術館と同じ建物の中にある「サン広場」で、

今日4日(金)から5月6日(日)まで、毎年恒例のハワイアンイベント

「KOBE ALOHA BREEZE 2018」が開催されています。

吹き抜けになったアトリウムに巨大なステージが組まれ、

朝から夜7時ごろまで、ハワイアンライブやフラエキシビションが華麗に繰り広げられています。

ハワイのドレスやバッグなどの雑貨、コーヒー、水などの食品の物販コーナーも。

マダムの心をキュンとつかむイベントのようで、会場は大賑わい!

参加無料ですので、ぜひ、ハワイ気分を味わいにお出かけになってはいかが?

イベントの前後には、ぜひ、神戸ファッション美術館へお立ち寄りください。

サン広場と同じフロアには、ライブラリーもありますよ。お待ちしております(^-^)。

  • ●7月1日(日)まで開催
    特別展「大正ロマン昭和モダン-竹久夢二・高畠華宵とその時代-」

  • ●7月頃まで開催
    常設展(コレクション展)「数字で見る神戸ファッション美術館」

    ※特別展の入館券でご覧いただけます。常設展のみの鑑賞はできません。