follow me

ギャラリー「市民美術展」鑑賞のあとは「リトル神戸」へ!

神戸ファッション美術館の4階ギャラリーでは、六甲アイランドCity自治会の市民美術展が開催されています。六甲アイランドにお住まいの方々が六甲アイランドの彫刻のある街かどやご友人等を描いていらっしゃいます。六甲アイランドのステキな風景&地域の人々のあたたかい絆を感じる当市民美術展は3/30までご覧いただけます。

ギャラリーご鑑賞のあとは、六甲アイランド神戸ファッションプラザ3階にある、”神戸スイーツ”の魅力発信基地「「リトル神戸」(土・日・祝日営業・金曜不定日)でほっこりティータイムはいかがですか。

「リトル神戸」は、神戸スイーツや雑貨の販売、カフェコーナー、ワークショップの開発やスイーツに関する情報発信など、ここでしか味わえないメニュー・体験できないサービスが盛りたくさん!

SWEETS BASE リトル神戸  http://www.kansaisweets.com/littlekobe/

わんちゃんも一緒にオッケーですよ!

皆さまお誘いあわせの上、春のお散歩のお帰りにどうぞお立ち寄り下さいませ。

ひよこ♪

六甲アイランドまちびらき30周年

神戸ファッション美術館がございます六甲アイランドは、平成30年3月15日をもって30年周年を迎えました。
当日は当館の上、オルビスホールにて記念式典が開かれ、島内はお祝いムードでした!

まちびらきは昭和63年
神戸ファッション美術館は平成9年4月25日に開館し、21年間島と共に歩んできました。

六甲アイランドも神戸ファッション美術館もまだまだ頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!

daida2号(六アイと同級)

  • 2018/03/18 |
  • 10:00 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

チューリップ祭り

こんにちは。昨日は雨が降りましたが、今週は最高気温が20度を超える日もあり、

ポカポカと暖かく過ごしやすい週でしたね!今から春本番が待ち遠しいです♪

さて、ファッション美術館のある六甲アイランドでは、桜が咲く頃より一足早い

3月24日~4月8日まで、「第17回 チューリップ祭り」が開催されます。

色とりどりの可愛らしいチューリップが3万本、島内6か所の花壇で見る事が出来ます。

六甲アイランドの街は冬の寒さを吹き飛ばし、明るい街へと変身します!!

*3月24日(土)、3月25日(日)はリッくんが登場

*4月7日(土)は夜20:00までナイター開園!

皆様是非六甲アイランドへお越しください!

 

naga

 

YARN 人生を彩る糸

先日、元町映画館で上映中の映画『YARN 人生を彩る糸』を鑑賞してきました。

YARN(ヤーン)とは、[名詞]織物や編み物に用いる糸。[動詞]面白い冒険談をたっぷり話す。

糸を紡ぎ、編み、表現する4組のアーティストに密着し、人生の歩みのように、ひと編みひと編み彩り豊かなYARN(糸)が人をつないでいくクラフト・アート・ドキュメンタリー映画。
「編むことは言葉であり、コミュニケーション」と語り、独自のスタイルでアート活動を行うアーティストや、糸を人生のメタファーとしてパフォーマンスを見せるコンテンポラリーサーカス団、ゲリラ的に街をニットで彩るヤーン・グラフィティで世界中を旅するアーティスト、そして日本からも彫刻の森美術館などの展示でも有名な「ネットの森」を制作するテキスタイル・アーティストの堀内紀子氏が登場しています。

糸と人の歴史や関係性を振り返り、さまざまな土地の文化を映し出し、女性が家でセーターやマフラーを編むことだけが編み物ではなく、編み物は手芸にどとまらない「人とつながる」アートとして、新しい可能性を感じることができます。
特に堀内紀子さんが「編むという反復の動作を続けると、意識は別の世界を旅する」と語っていたのが印象的でした。私も編み物が好なので共感する部分がたくさんあり、また違った角度から楽しみたいなと思いました。

ファッションやアート好きなら是非ご覧になってみてください。
元町映画館で2018年3月23日まで上映中です。

映画『YARN 人生を彩る糸』
http://yarn-movie.com/

MK

  • 2018/03/16 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

きのこに会いにいきましょう!!

みなさま、こんにちは。

温かくなってきましたね。
花粉がたくさん飛んで辛い日々をおくっています。。。

先日、美術館「えき」KYOTOへ『小林路子*菌類画の世界』を見に行きました。
チラシにたくさんの種類のきのこが描かれていて、きのこに会いに行きたくなりました。

菌類画って何でしょう?!それは、菌類の‘花’ともいえる‘きのこ’の肖像です。

小林路子さんは、そんな新しい絵の分野を切り開いた画家です。自然の中で生きる野生このこを描いた美しい作品は約900点!!

その一部はすでに植物や菌類譜の世界的コレクションを誇る英国キュー王立植物園に収蔵され、最終的には全作品が寄贈される予定です。
今回の展示では、選び抜かれた菌類画の数々ときのこの絵本などの原画約150点を展示しています。

きのこのオブジェもあります!!

楽しいきのこグッズも見られます!!

色も形もさまざまな魅惑のきのこの世界へ、是非みなさまも会いに行ってください♪
美術館「えき」KYOTOで、3月25日(日)まで開催しています。

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

りんご

  • 2018/03/14 |
  • 11:56 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!