follow me

六甲アイランド 頑張る 冬の雀たち

神戸ファッション美術館では、13日から、新しい展覧会が開幕しました。

特別展「芳年-躍動の瞬間と永遠の美」は幕末から明治に

活躍した浮世絵師 月岡芳年の作品を約200点ご紹介しています。

世界屈指の芳年コレクション、日本画家の西井正氣さんが所蔵する作品を

出展いただいています。

≪風俗三十二相 うるささう 寛政年間 処女之風俗≫
明治21年(1888)

そして、ベーシック展は、神戸ファッション美術館の

コレクションから約60点の美しく華麗な扇をご紹介する、

「ヨーロッパの扇」展です。

《1850年頃/フランス/神戸ファッション美術館蔵》

いずれもすごい内容の展覧会となっています。

たくさんの方にご覧頂きたいと思っています。

とっても寒い時期ですが、神戸ファッション美術館スタッフ一同

皆様をお待ちしています。

さて神戸ファッション美術館は、神戸市東灘区、六甲アイランド

の中にある美術館です。

六甲アイランドは街開きから今年で30年。人工島ですが、

緑の多い住みやすい街です。

この六甲アイランドで雀と友達になっている方がいると

テレビで前にみました。

そのせいか六甲アイランドの雀さんたちは大きくて元気に見えます。

つい最近、アイランドセンター駅近くの看板の上で、

この寒い中、みんなで肩(羽)を寄せあい頑張っていました。


春がくるまで、寒さに負けずにいきましょう!福