follow me

ローブ・ア・ラ・フランセーズを着てみましょう!

こんにちは。
地域によっては大雪の天候でしたね。
こちら神戸は、今日は快晴です。

芳年の展示も、構図の迫力と鮮やかさ、展示数などで皆様にご好評です。ベーシック展示「ヨーロッパの扇では、西洋の華やかなドレスシーンには欠かせない装身具である扇を特集して展示しています。多くの扇面に描かれたロココの時代の風景や使い方などから、当時の貴婦人に思いをはせる方も多いことでしょう。

只今美術館のロビーで、当時の衣装、ローブ・ア・ラ・フランセーズのレプリカを試着していただけます。


試着室の中には、収蔵品を元にさいげんされたドレスや腰枠を用意しています。サイズも調整できるようになっていますので、お召しになっている服の上から着ていただけます。


着装の仕方のパネルが貼ってありますので、それに従って着てください。


ロココの貴婦人完成!ロココ調の壁の前で記念撮影をどうぞ!
ご来館の記念にぜひお試しください。

H.O

DOG!

こんにちは
神戸ファッション美術館3階ライブラリ―より、書籍のご案内です

今年の干支が戌なので、犬に関連した書籍をご紹介させていただきます

●〇●〇●〇●〇●  ●〇●〇●〇●〇●

■ 日本の犬 請求番号:4209/NIH


□ Cani che passione! 請求番号:4209/CAN


■ New Born Puppies 請求番号:4209/NEW


□ Luxurious Design for Dogs 請求番号:4209/LUX


■ The Dogs of Central Park 請求番号:4209/DOG


□ Wild dogs 請求番号:4209/WIL

上記以外にも犬・猫・その他動物・昆虫などの書籍もあります。
今回紹介させていただいた書籍は全て閲覧室に配架していますので、
ご興味のある方は42の棚を探してみてください

神戸ファッション美術館ライブラリーでは国内外の様々な書籍を所蔵していますので
ご来館の際はぜひ3階にも足をお運びください

may🐄

  • 2018/01/21 |
  • 16:05 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

芳年作品の躍動感たるや

本格的な冬の到来で、温かい鍋料理などが恋しい季節になりました。

以前、キムチ鍋に里芋を入れるとおいしい!!と書いている雑誌を見て、

作ろう作ろうと思いながらも気が付けば3年が経過していました(汗)

今年こそは実践しようと思う今日この頃です。。。

さて、神戸ファッション美術館では現在、「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」展を開催中で

す。今回は浮世絵作品が中心の展示なのですが、どれも色鮮やかで、本当にこれが

100年以上も前に摺られた作品なのか?と疑ってしまう程、綺麗な色が残っています。

※↑着物の柄部分

また、幅広いジャンルで躍動感のある作品を約200点展示しておりますので、

次の絵に進むごとにどんどん浮世絵の世界に引き込まれますよ~!

 

※↑躍動感のある部分をピックアップしてみました

見ごたえのある展覧会になっておりますので、是非沢山の方に見て頂きたいです。

皆様のご来館、心よりお待ちしております。

naga*

 

 

究極の化粧:歌舞伎の隈取、京劇の臉譜

現在、4Fギャラリーでは、3月11日(日)まで「究極の化粧:歌舞伎の隈取、京劇の臉譜(れんぷ)」展が開催中です。

神戸ファッション美術館が収蔵する歌舞伎や京劇のお面をご覧頂けます。

こちらの展示は、スーパー歌舞伎、歌舞伎、崑劇「驚鴻記・太白酔写」、瞼譜(隈取・化粧)の大きく4つにわけて展示しております。


[崑劇につて]
中国の伝統的な演劇は、大変多く、地方劇とよばれるものだけでも300を超えています。日本でもよく知られている京劇や崑劇も代表的な地方劇です。地方劇には華麗な衣装や特徴的な瞼譜(隈取・化粧)など共通する部分が見られます。江南地方発祥の崑劇は、崑曲とも呼ばれ、明代(1368~1644年)の末に誕生し、清代(1644~1911年)の中期には皇族を中心に全国に広まっていきました。しかし、19世紀前半には中央劇的な地位を後から生まれた京劇に奪われました。
崑劇は、現在も上海をはじめ、北京、南京などに崑劇団があり、活発な活動を続けています。以前は京劇俳優と崑劇俳優の区別がなく、京崑俳優とよばれていました。笛や笙を多様する崑劇の楽曲は大変優雅で、今日の京劇の音楽の中にもたくさん用いられています。

是非、特別展示「芳年 躍動の瞬間と永遠の美」と併せてご覧ください。

- - -

ギャラリー展示「究極の化粧:歌舞伎の隈取、京劇の臉譜(れんぷ)」
会期:2018年1月13日(土)~3月11日(日)※2月3日(土)を除く
時間:10:00-18:00
休館日:月曜日、2018年2月13日(火)(2月12日(月・祝)は開館)
会場:神戸ファッション美術館 4階 ギャラリー
※観覧無料

MK

新着DVDのご紹介

みなさま、こんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーより、
新着DVDをご紹介致します!


神戸の地場産業シリーズ 神戸洋服 (請求記号:61096)
神戸の地場産業シリーズ アパレル (請求記号:61097)
神戸の地場産業シリーズ 神戸靴 (請求記号:61098)
神戸の地場産業シリーズ ケミカルシューズ (請求記号:61099)
神戸の地場産業シリーズ 神戸洋家具( 請求記号:61100)
神戸の地場産業シリーズ 洋菓子 (請求記号:61101)
神戸の地場産業シリーズ コーヒー (請求記号:61102)
神戸の地場産業シリーズ 清酒 (請求記号:61103)

こちらは以前ご紹介した「神戸の地場産業シリーズ」になります。
「真珠加工」に加えて、「神戸洋服」、「アパレル」、「神戸靴」、「ケミカルシューズ」、
「神戸洋家具」、「洋菓子」、「コーヒー」、「清酒」の全9シリーズ全てをご覧いただけます!神戸の産業を知ることができる映像となっています。
また、1本7~10分程度の長さの映像ですので、気軽にご覧いただけます!
ご興味のある方はぜひご覧になって下さいね。


サンローラン(原題:SAINT LAURENT 映倫R15+) (請求記号:61104)

若くしてファッション界の頂点に登り詰め、そのままトップに君臨し続けた天才デザイナー、イヴ・サンローランの知られざる素顔を、創造の苦しみと闘い続けた60年代後半からの激動の10年間に焦点を当てて描いた伝記ドラマ作品です。
※こちらの作品は15歳未満の方はご覧になれません。

視聴覚資料をご覧になる際は、ライブラリーカード又は身分証明書が必要となります。
閲覧希望の方はライブラリーカード又は身分証を持参の上、カウンターまでお越し下さい!

みなさまのご来館をお待ちしております(^^)

R★S

  • 2018/01/18 |
  • 11:02 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!