follow me

ドレスのファウンデ-ション

今回のベーシック展示では18世紀~20世紀頃までの西洋ドレスのファウンデ-ション
(下着)を展示しております。
ロココからエンパイア、ロマンティック、クリノリン、バスル、アール・ヌーヴォー・
スタイルのドレスの輪郭を作っているコルセットは身体の線を整えるために使用され、
女性がたっぷりと膨らんだドレスを美しく着るために使われています。
パニエ(スカートに膨らみをもたせるワイヤー製下着)やウェストを細く見せるための
コルセット(19世紀当時の理想のウエストサイズは18インチ:45センチ)など、
たくさんのファウンデ-ションがご覧いただけます。
衣服などで自分を美しく見せたいという気持ちはいつの時代も変わら重要な行為です。





ベーシック展示
ファウンデーション~ドレスの内側~

2017年10月18日(水)~12月26日(火)

Mok

  • 2017/12/09 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!