follow me

韓国のツギハギ

先週、大阪の昭和町にある「寺西家」という築八十年の町家で開催されたポジャギ作品展に行きました。

「ポジャギ」とは韓国の伝統工芸で、韓服を作った際に出る端切れを使ってパッチワークしたものです。
素材の多くは絹や麻が中心なので縫い目が細かく、また透き通る風合いが素敵です。


ここでは風呂敷だけでなくのれんや巾着、アクセサリーなど、いろんな形の作品がありました。

現在神戸ファッション美術館で開催されている宮脇綾子さんのアプリケにも、身の回りの古布や端切れが使われています。

宮脇綾子 美しいアプリケ 布がつむぐ暮らしの装いは12月26日(火)までとなっております。

🚄のぞみ