follow me

えっ! 11月、もう終わり‼

11月も早いもので今日で終わりです。今年も余すところあと1月!

今年、まだやり残しのある方はまだ間に合います!心残りのない1年に致しましょう‼

もうやり終えてしまった方・まだの方も、神戸ファッション美術館へ足を運んでみては?!

師走の忙しさの前にゆったりとした時間を過ごされてみては如何でしょうか?

    

神戸ファッション美術館では、

宮脇綾子 美しいアプリケ布がつむぐ暮らしの装い」 

 只今、開催中です。

※詳しくは、HPでご確認ください。

昭和の時代に帰ったような、懐かしさや温もりがほっこりと感じられます。

どうぞ、晩秋のひと時を神戸ファッション美術館でゆったりとお過ごし下さい。

皆様のご来館をお待ちしております。

△子

nichi nichi potteryのご案内

こんにちは。

神戸ファッシヨン美術館 ライブラリー内ミュージアムショップ「museum in museum」より、作家さんの展示会のご案内をさせて頂きます。

陶房にちにち 冬を楽しむ うつわたち

兵庫県小野市来住町1230-1 Prato cafe

2017年12月2日(土)-2018年1月31日(水) 午前11時から午後5時

最終日は午後3時まで木・金 祝日は定休日となります。

皆様、お時間があれば初冬の素敵なお時間を小野市まで足をのばされては如何でしょうか?

http://nichinichipottery.com/

museum in museum

  • 2017/11/29 |
  • 16:50 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

新着図書のお知らせ

皆様こんにちは。

☆ライブラリーより新着図書のお知らせです☆

・1203/ART The Art & Science of Gems
・1203/PAM Pamela Love
・1203/GOL Goldstruck
・1204/VAC Vacheron Constantin Artists of Time
・1205/LOC Volez Voguez Voyagez
・1205/LAN Lancel
・1205/INS Inspirations

 

そしてもう一冊、同じく新着図書の中から私のお勧めをご紹介します!

 

・1205/FOR FOR THE LOVE OF BAGS

 

様々なバッグがメゾンブランドごとに載っています。
どの写真もとても華やかで、思わず素敵…と呟いてしまいます。
バッグを生み出している手元のアップ写真やファクトリーの写真など、見ごたえもたっぷりです。
バッグ好きにはたまらない一冊です!ぜひご覧ください。

 

 

上記新着図書は閲覧室にて昨日より配架しております。

神戸ファッション美術館、3階ライブラリーへぜひお越しください。

  • 2017/11/29 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

キッズ鑑賞ツアー「いろのお話」

去る11月18日に、キッズ鑑賞ツアーがありました!

今回のテーマは「いろのお話」

はじめに、「いろ」にまつわる色々なお話を美術館スタッフの説明とともに

日常にあふれる色について一緒に考えながら、おはなしをしました。

 

その後、特別展「宮脇綾子 美しいアプリケ-布がつむぐ暮らしの装い」展にちなみ、

「チラシでアプリケ!」をつくりました。

先に聞いたお話を生かしてくれたのか、

それぞれステキな作品ができあがりました!

 

今年度は毎月開催を予定しています。

みなさまのご参加お待ちしております。

 

my

******************************************************************

●今後の予定

12月16日(土)「ナポレオンのお話」WS「てづくりビーズをつくろう」

2018年1月27日(土)「おうぎの中の世界のお話」WS「「好き」をさがしておえかき」

2018年2月17日(土)「ロココのかわいいお話」WS「毛糸でタッセルをつくろう」

2018年3月3日(土)「ファッションとおうぎのお話」WS「フランスきぞくのおうぎをつくろう」

● 時間;14:00~15:00

●場所;展示室(5分前に美術館1階受付に集合して下さいね)

●対象;どなたでも ●定員;各回15名程度

●参加費;無料(要入場料)小中高65歳以上250円(のびのびパスポート持参で無料)、一般500円

●申込不要ですが、ツアー開始14時に来館されますと、定員に達している場合がございます。

 

「戦後」から生まれた手芸

本日、山崎明子氏(奈良女子大学准教授)による講演会が開催されました。「「戦後」から生まれた手芸-手芸の近代史から宮脇綾子の作品をみるー」というテーマで、お話していただきました。

山崎明子先生のご専門分野の一つでもあるジェンダーの視点を踏まえ、宮脇綾子さんが「手芸」を通して戦後の女性の生き方のあるひとつの形を示されていたことに触れられていました。

本日講演会にご参加いただいた方々の中には宮脇綾子さんと同時代を生きてこられた年代であろう方々もお見えになり熱心に聞いておられました。
また神戸ファッション美術館のSNSで「しゃけ」の作品を知り、実物をみるために東京から夜行バスで来館くださり講演会にも参加して下さった方もおられました。

どんな作品もそうですが、やはり実際に作品を見るとさまざまな驚きと発見があります。
宮脇綾子さんの作品を見ていると愛おしみながら、楽しみながら作品をつくっておられたのだろうなということが伝わってきます。

ぜひ皆さま、「宮脇綾子 美しいアプリケ-布がつむぐ暮らしの装い-」展へお越しください。そして同時開催の「ファウンデーション-ドレスの内側-」展もぜひご覧ください。

miztama

  • 2017/11/26 |
  • 17:13 |
  • イベント,ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!