follow me

クリエイターズセミナー/阪急阪神百貨店 宇野新治氏をお迎えしました

6月24日土曜日に、2017年第一回のクリエイターズセミナーが開催されました。
講師には、株式会社阪急阪神百貨店 阪急うめだ本店 趣味雑貨営業統括部 統括部長の宇野新治氏をお迎えしました。
テーマは『大量生産を超え、クリエイターが出来ること! 「スーク」手前味噌トーク!!』です。

お話しは、宇野氏の阪神淡路大震災時の神戸でのお仕事や、その後取り組まれたこと、そしてうめだ阪急本店10階にスークが誕生するまでやこれから目指されていることなど、多岐に渡りました。現場に即したお話に、熱心にメモを取られる姿が多く見られました。


“お買い物が楽しくなるフロアづくり”というミッションのもとに、2013年に誕生したスークは、探す楽しみや思いもかけないモノに出会う場づくりとして、小屋や軒先のあるお店など、百貨店の他のフロアでは見られない空間(=街)が広がります。
街には、文房具や手芸用品のほか、中央部には1年間に1000組のクリエイターが出展するエリアがあり、各バイヤーさんが展示会やマルシェなどで出会われた、いいなと思われる作家さんに直接お声掛けされることから始まるそうです。
バイヤーさんが作家さんをみるポイントは、「覚悟があるか」。
商品のクオリティやオリジナリティ、販売経験、商品供給のほか、自分の強みと弱みを把握して第三者に説明できる点も大切にされているそうです。
また、初めて出展される方、何度も出展される方に向けたアドバイスもバイヤーさんがくださるとのことで、スークをきっかけに、これからを繋いで向き合っていく人と人との関係性を感じました。
今後は、クリエイターズプロデュースの計画が進行中とのことで、社会貢献を視野に入れた取り組みにも注目です。
7月12日水曜日から18日火曜日は「スークの夏祭り」が開催されます。
どんなクリエイターさんの作品に出会えるでしょうか。
この機会に、うめだ阪急本店10階のスークへぜひ足をお運びくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2012年より始まった、クリエイターのものづくりから社会との交流、産業への関わり方(生産・販売・マネジメント等)を初心者にもわかりやすい形でお届けするクリエイターズセミナー、次回のご案内http://www.fashionmuseum.or.jp/3685です。
事前申込制となります。みなさまのご参加をお待ちしております。