follow me

メットガラ ドレスをまとった美術館

先日、4月より公開の映画「メットガラ ドレスをまとった美術館」を一足先に鑑賞させていただきました!そのご紹介です。

2015年5月2日、NYメトロポリタン美術館(MET)。伝説のファッション・イベント≪メットガラ≫が華やかに幕を開けた。主催は“プラダを着た悪魔”こと、アナ・ウィンター。彼女が招待したのは、ポップスターのリアーナや、ジョージ・クルーニー、アン・ハサウェイといったアカデミー賞の常連、ファッション界の重鎮ジャン・ポール・ゴルチェほか、一流メゾンな鮮やかのオートクチュールをまといレッドカーペットを闊歩する豪華セレブリティたち――。MET服飾部門を指揮する革新的キュレーターのアンドリュー・ボルトンとアナ・ウィンターが、伝説の展覧会と世紀の一夜のために奮闘する8か月に密着した情熱のドキュメンタリー!

メットガラ(MET GALA)とは、毎年5月の第1週にNYメトロポリタン美術館を舞台に、「プラダを着た悪魔」のモデルにったVOGUE(米版)編集長のアナ・ウィンター主催による展覧会のオープニングファッション・イベントです。
2015年は企画展「鏡の中の中国(China: Through the Looking Glass)」開催を記念した“チャイナ”がテーマ。
1人あたりの席料はなんと25,000ドル(約285万円)!!!!にもかかわらず600席が瞬時に満席に・・・(こちらの収益はメトロポリタン美術館服飾部門の運営費にあてられます)

展覧会にはジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、ジョン・ガリアーノ、トム・フォード、グオ・ペイといった米仏中の錚々たる著名デザイナーも協力し、イヴ・サンローラン財団からはアーカイヴより名作が出品され、さらにウォン・カーウァイが芸術監督を務めます。

 

展覧会の準備に追われ奔走する学芸員の姿は私たちスタッフと共感するところがたくさん。まさに私たちのための(笑)映画!
ファッション界からは美術館に興味をもってもらえず、美術館業界からはファッションなんてと思われたり。作品に対する各々の想いがぶつかり合ったり、西洋から見た東洋のイメージが食い違ったり、設営はスケジュール通りに進まずどんどん追い込まれていく・・・



そんな展覧会の裏側を観てからのオープニングは感動的。
スクリーンで見るハリウッドセレブや有名ミュージシャンが豪華絢爛な衣装を身にまとい登場します。特にイベントのメインでもある中国人デザイナーのグオ・ペイが2年かけて制作したドレスを着たリアーナの姿は必見!メディアのフラッシュも相まって目がまわる程の美しさです!

この映画を観たあとは、当館の展覧会もまた違った角度から楽しめるかも?!

 

下記公式サイトより予告編がご覧頂けます。
http://metgala-movie.com/

 

[公開情報]

メットガラ ドレスをまとった美術館

4月22日(土)~ シネ・リーブル梅田、シネマート心斎橋
4月29日(土)~ シネ・リーブル神戸
以降、京都シネマ にて順次公開

© 2016 MB Productions, LLC and MB Investment Management, LLC.
All Rights Reserved.
配給:アルバトロス・フィルム

 

※画像は許可を得て掲載しております。

 

MK

  • 2017/03/08 |
  • 13:35 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!