follow me

香水の世界講座~参加者募集

神戸ファッション美術館では、「香りの芸術」である調香の世界に惹かれ

フランスで学ばれた、調香師の三澤朱実さんを講師にお迎えして

「あなたの魅力を引き出す~香水の世界」講座を開催します。

%e4%b8%89%e6%be%a4%e6%9c%b1%e5%ae%9f

香水は、ファッションの一つで、「思いを伝える言葉」とも

言われるそうです。講座では、香水の歴史的な背景や魅力

とともに、多くの人に愛されている「名香」と言われる貴重な

香水なども実際に鑑賞しながら、いろいろな場面に合わせた

香水の選び方やまとい方もご紹介いただきます。

_mg_4739

★講座内容★参加無料

日時:12月10日(土曜)13時30分~15時

会場:ファッション美術館4階第1セミナー室

申込:電話又はFAXで、名前、連絡先を明記のうえ、お申し込みください。

先着順受付(定員になり次第締切)

申込先:神戸ファッション美術館

電話:078-858-0050 FAX:078-858-0058

_mg_4782

打合せの際に三澤さんから、歴史的美女★楊貴妃や★クレオパトラの

好んだ香りを教えていただき、その人物像を想像して、面白いなと感じました。

自分にあった香りを上手に身につけて、心も軽く素敵にといきたいです。福

 

%e9%a6%99%e6%b0%b4%e7%89%a9%e8%aa%9e

三澤さんが代表をされている、LLP日本香りデザイン協会が、神戸を

イメージして創った香水シリーズ「KOBE香水物語」はことし、

神戸らしい商品を発掘選定し、新たな神戸ブランドを紹介する、

神戸セレクション9(http://www.kobe-selection.jp/)に認定されました。

シンジカトウ★Xmas作品が展示室に・・・

最近、日の暮れるのが早くなりましたね。もう11月が目の前です。

神戸ファッション美術館では、8月20日から特別展

「夢の世界のデザイナー シンジカトウワールド~空想の住人たちと愛される雑貨たち」

を開催しておりますが、先日の夜、クリスマススペシャル展示作品が

加わりました。

dsc_1762

 

dsc_1766

かわいい作品があらたに加わりました。

ぜひお楽しみください!福

mim作家イベント情報

こんにちは、神戸ファッション美術館3階ライブラリー内にあります
ミュージアムショップ【museum in museum】より、作家さんのイベント情報のお知らせですhairsalon

*はらっぱgarden*

*ミニプレス機で仕上げる、ちょっと大人向けの、作品のような年賀状*
(紙版画で制作する凹版のドライポイントという製法)
初心者向けのワークショップですdog

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%92%e8%a9%b0%e3%82%81%e3%81%9f%e7%89%88%e3%81%a8%e5%88%b7%e3%82%8a%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a %e5%88%b7%e3%82%8a%e3%81%82%e3%81%8c%e3%82%8a %e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e5%ae%8c%e6%88%90%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

【日時】
11月8日(火)10時~16時 ※随時受付(最終作業時間18時)
11月13日(日)10時~16時 ※随時受付(最終作業時間18時)
ご都合の良いお日にち、時間にお越しください。
両日とも最終受付は16時となっております

【会場】
TUKURU(元町6丁目5-13 商店街海側)
〒650-0022 兵庫県神戸市中央区元町通6-5-13
※元町6丁目商店街の中にあります

【参加費】
2500円(お飲み物・お持ち帰り袋付き)
用紙は版画用紙を10枚ご用意します。

年賀状に刷りたい方は事前にご用意ください。
年賀状の種類は普通用紙を推奨いたします。
ですが、刷るのには多少のコツがいりますので失敗も含めて、少し多めにご用意いただければと思います。
その場合も10枚程の制作となります。
(時間がかかりますので、もっと刷りたい場合はお申し出ください。人数が集まれば別の日をご用意させていただきます)
制作時間は10枚で1時間半ぐらの目安ですが、
制作時間を短縮する為、あらかじめイメージを考えておいてください。
単純な線の方が素敵な作品になると思います。
銅版画のインクを使用する為エプロンはご用意いたしますが、お手持ちのある方はご持参いただければと思います。

文字は、難しいので、後から手書きをお勧めいたします。
そのため、そのまま作品として飾っていただいたり、プレゼントにされても素敵だと思います。
作業はアーケード内の店頭で行いますので、気候により少し暖かい服装でお越しいただけるようお願いいたします。
刷り上がった後は、店内にて温かい飲み物をご用意していますので、ごゆっくり温まってお帰りください。

申込み方法、詳細については→コチラ

maytaurus

  • 2016/10/28 |
  • 10:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!