follow me

mim参加作家イベント情報

こんにちは、9月ですね、早いですねmaple

さて本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリー内にあるショップmuseum in museumに参加している作家さんのイベント情報のご案内をさせていただきます

長野訓子・西濱友子 二人展
Embloidery and Hats -身に纏うアート-

IMG_2591[1]

○Art exhibition @梅田蔦屋書店 ガーデンラウンジ・ステージ
2016年9月1日(木)~9月30日(金)

○Special exhibition @梅田蔦屋書店 カフェスペース
2016年9月19日(月祝)~9月30日(金)

刺繍作家・長野訓子と帽子作家・西濱友子の二人展を梅田 蔦谷書店で開催します。1ヶ月にわたってガーデンラウンジ・ステージでは、刺繍画の額装やテキスタイル、アクセサリーga.laの定番商品を展示販売します。
ルカーノ・インターナショナルでは、帽子をイメージディスプレイしたコーナーを設営。

また、19日からは特別展として、隣接のカフェスペースにて長野訓子の刺繍アクセサリーga.laの新作発表の他、カバンや小物など刺繍表現を楽しんでいただける作品が並びます。
西濱友子のルカーノ・インターナショナルからは、新作の日常帽子、ウエディングや特別な日に被るアートピース、オリジナル帽子のオーダー会も開催致します。
共に、普段店頭に並ぶ事の少ないストール、かばん、スカート等や、二人のコラボレーション帽子の新作も登場します!
特別展の期間(19日~30日)は作家二人が会場でお待ちしております。
ぜひご覧ください。

長野訓子:刺繍作家
不思議な形の植物を刺繍する刺繍作家。
銅版画家、テキスタイルデザイナーを経て家業の刺繍業を始める。刺繍作品による個展やグループ展活動のほか百貨店のウィンドウアート製作、企業や作家とのコラボレーションなど多数。2015年よりオリジナルの刺繍アクセサリーブランドga.la(ガラ)をスタート。
「刺繍でできること」模索しながら幅広く活動されています。
中でも雑誌、ナイロンジャパンに掲載されましたkaela’s gallery での木村カエラとのコラボレーションページの評価が高く、ここ最近は宝塚パリ祭の舞台美術を製作するなど、多方面からますます人気のアーティスト。

西濱友子:帽子作家
一般的な帽子から、立体的に作るアートピースまで、素材を活かしたテクニックが得意な作家。木型からつくる型モノから、パターンから形成される布モノまで、得意分野は広く、丁寧な仕事ぶりにリピーターになる方が多い。服飾専門学校卒業後、平田暁夫帽子教室で基礎を学んだ後、独学で現在のスタイルを構築。年代、性別にこだわる事無く、長く愛用して頂ける帽子作りを目指す。
ここ最近はウエディングアートピースの人気も高く、レイウェディングや25ansウェディングにも採り上げられる実力派、TV、CMなどの帽子製作や、服飾専門学校などで教鞭を取るなど、多岐に渡り活躍しているアーティスト。

http://real.tsite.jp/umeda/event/2016/08/post-186.html
http://news.ateliernico.info/

maytaurus

  • 2016/09/07 |
  • 10:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!