follow me

シンジカトウと髪型

現在開催中の「“夢の世界”のデザイナー シンジカトウ・ワールド ―空想の住人たちと愛される雑貨たち」展には特に「第5章のラブレーション・キャラクター」に内外の有名なキャラクターが沢山登場しています。

シンジカトウと髪型

今回は髪型に注目して見ました。ちびまる子ちゃん中からさくらももこ、花輪君、野口さん、永澤、鉄腕アトムとウラン、アメリカからベッティ、ポパイ、オリーブなどなど、一癖も二癖もある個性的な髪型が続きますが、私は何と言ってもアトムの髪型が気になって仕方が無いのです。
鉄腕アトムは半世紀以上前から当家のベビーダンスの前面に描かれていました。
それもあって、幼稚園に上がる前から、50年以上アトムを描いているのですが、どうしても理想のアトムになりません。
ウランちゃんやコバルトは簡単なんですが。
大人になって仕事で髪型の調査、制作をするようになって初めて理解したことは、アトムの髪型をすることは現実には無理なのだと。
シンジカトウ氏の習作に中でも、2つの突起(?)の位置関係は、絵ごとにバラバラです。
右が前だったり、反対だったり、両方並んでいたり・・・つまり最初から3D図面や立体成型は不可能な4次元を超える異常なデザインなのです。手塚治虫さんは良くもこのような不安定なものを書いたと感動してしまいます。
シンジカトウさんのきっと同じように悩んだと勝手に想像してしまいました。

私は既に3Dアトムを作ることを諦めましたが(厳密な意味で)、皆さんは是非何かの答えを出してみてください。

 

bx-16S