follow me

ジャ・ジャンクー監督作品のご紹介

みなさまこんにちは。
梅雨が明けて、いよいよ夏本番!という感じですね。
暑い日が続きますが、体調など崩されませんように、
みなさま最高の夏を楽しんで下さいpiscessunyacht

さて、今日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーより、映像作品をご紹介します◎

////////////////////////////////////////////////////
image1
movie罪の手ざわり(請求番号:60981 DVD)
movieプラットホーム(請求番号:60088 DVD)
////////////////////////////////////////////////////
中国の映画監督ジャ・ジャンクーの作品です。
私のおすすめは『罪の手ざわり』です。
この作品は、4人の登場人物の物語がオムニバス形式で描かれたもので、
そのどれもが急速に発展している中国での経済格差によって犯された「罪」が主題となっています。「罪」とは、殺人や自殺や暴力のことです。
自分ではどうしようもない格差や貧困に追い詰められた登場人物たちは、
切羽詰まった末に罪を犯してしまうのですが、それがカタルシスになるわけでもないので、ただただやるせなさが残ります。
…何とも暗い内容なのですが、4人が犯した殺人や暴力は本当に「罪」なのだろうか?と考えずにはおれない映画です。
同監督の『プラットホーム』も所蔵しておりますので、ご興味のある方はぜひライブラリーにお越し下さいeyeshine
(映像作品の視聴にはライブラリーカードまたは身分証明証が必要です)

imkm

  • 2016/07/21 |
  • 10:58 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!