follow me

こどもとファッション展は6月5日(日)まで!

現在、神戸ファッション美術館で開催中の「こどもとファッション-小さなひとたちへのまなざし」展も、あますところあと5日。6月5日(日)までです。まだご覧いただいていない方は、ぜひとも神戸ファッション美術館へお越しください。こども展で展示されている作品の中から、今回も選りすぐりの作品をご紹介します。西洋服飾史の中で、コルセットから女性を解放したデザイナーとして知られるポール・ポワレと深い関わりのある作品。ポワレは奥さんが妊娠したときに身体を締め付けない洋服をデザインしたことで知られるデザイナーです。今回展示されているワンピース・ドレスは、ポワレの長女、ロジーヌ(1906年生まれ)が洗礼服として着用した貴重なドレスです。白い薄手の麻でつくられ、共布で花柄のアップリケが施されています。洗礼服とは、キリスト教会で洗礼を受けるときに着る服です。教会のステンドグラスからもれる木漏れ日をうけ、厳かな儀式にぴったりだろうななどと想像がふくらみます。

P6010945

神戸ファッション美術館所蔵のポワレのデイ・ドレス(1912年)も併せて展示しています。

P6010946

洋服の他、絵画や写真、こどもに向けてつくられた雑誌などもあわせて展示しています。おもちゃもあります。これは、お菓子屋さんです。

P6010948

こちらも。世紀末の薫りを漂わせるデザインが素敵です。

P6010943

もう一度申しますが、あと5日です。ぜひぜひ「こどもとファッション-小さな人たちへのまなざし」展へお出かけください。

 

miztama

  • 2016/06/02 |
  • 10:00 |
  • お知らせ,ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!