follow me

特別展示「写楽と豊国 ―江戸の美と装い」

次回特別展示「写楽と豊国 ―江戸の美と装い」のお知らせです。

写楽と豊国 ―江戸の美と装い

写楽と豊国
―江戸の美と装い

2016年6月18日(土)~8月14日(日)
休館日:月曜日、6月7日(火)~17日(金)、7月19日(火)ただし7月18日(月・祝)は開館

主催:神戸ファッション美術館、神戸新聞社
後援:サンテレビジョン、ラジオ関西
展示協力:大阪樟蔭女子大学

江戸時代、歌舞伎は人々の最大の娯楽で、役者絵や美人画等の浮世絵は、贔屓の役者や評判娘を身近に眺めるブロマイドでした。 本展では、颯爽と姿を現し、忽然と姿を消した東洲斎写楽(生没年不詳)とそのライバルで、のちに浮世絵界で最大の流派となる歌川派を拡大した歌川豊国(1769-1825)を軸にした浮世絵を中心に140点を展示します。
浮世絵を通じて、江戸の人々を夢中にさせたファッションにスポットを当て、生き生きとした人物、流行のしぐさ、色鮮やかな着物、柄や模様などの繊細さをご覧いただき、その変遷をたどります。
江戸の賑わう空気を感じていただきながら、魅力的な装いをお楽しみください。

 

詳細はホームページをご覧ください。
特別展示「写楽と豊国 ―江戸の美と装い

 

MK