follow me

「先生のためのミュージアム活用術2016」はじまります!

先生のためのミュージアム活用術(通称:みゅーかつ)は、美術館・博物館と学校の連携を考える研修会です。今年で4年目を迎えます。
2016年は、兵庫県内の11の文化施設による、美術館・博物館が所蔵する“ほんもの”の資料と子どもたちの出会いについて先生方と考えるため、この研修会を開催します。
学芸員・研究員と先生方とが力をあわせて鑑賞教育の実践へとつながる研修になることを願っています。

2016年度研修会の前期チラシが完成しました!
(画像をクリックしていただきますと、詳細をご覧いただけます)
先生のためのミュージアム活用術2016チラシ_先生のためのミュージアム活用術2016チラシ_

対象・・・美術館・博物館・文化施設で実施される教育活動に興味のある教職員、学芸員、美術館・文化施設職員


前期(6月~10月上旬)開催館とタイトルです

□□
第1回 6/12(日)13時―17時 神戸アートビレッジセンター
学校でできるシルクスクリーン版画「日本の伝統色をプリントしよう!」

□□
第2回 6/18(土)13時―16時 横尾忠則現代美術館
美術を楽しむ遊び体験―ビリヤードで作品をつくる

□□
第3回 7/2(土)13時半-15時半 竹中大工道具館
彫刻刀の研ぎ方

□□
第4回 7/30(土)13時-17時半 芦屋市立美術博物館
モンタージュ写生

□□
第5回 8/18(木)13時半-16時 兵庫県立美術館
手と耳で見る鑑賞

□□
第6回 10/2(日)13時半-16時半 神戸市立博物館
本格的な版木を使った浮世絵摺り体験

※後期の開催内容は、9月以降に詳細をご案内いたします。

 

《申し込み方法》
学校名・お名前・電話・FAX・質問等を記載のうえ、FAXにてお申込みください。
申込先・・・神戸市立小磯記念美術館 FAX:078-857-3737 担当:水田美保
各回開催日の2週間前が締切日となります。締切後1週間以内に各開催館から参加証をFAXにて返信いたします。
※応募者多数の場合は抽選させていただきます。
主催:神戸・阪神間美術館・博物館連携プログラム実行委員会

協力:明石市立文化博物館、芦屋市立美術博物館、神戸アートビレッジセンター、神戸市立小磯記念美術館、神戸市立博物館、神戸ファッション美術館、神戸ゆかりの美術館、竹中大工道具館、兵庫県立美術館、BBプラザ美術館、横尾忠則現代美術館

 

美術館や博物館、文化施設での教育活動にご興味のある、学校の先生方、学芸員や文化施設のみなさま、ふるってご参加くださいませ。
なお研修の詳細は、開催館へお問合せください。