follow me

レオス・カラックス作品のご紹介

みなさまこんにちは。
今日は、神戸ファッション美術館3階ライブラリーに所蔵している視聴覚資料をご紹介しますmovieshine

image1 (3)
『汚れた血』(VHS 請求番号:2405)
『ポンヌフの恋人』(VHS 請求番号:1756)
『ホーリー・モーターズ』(DVD 請求番号:961)

//////////////////////////////////////////////

フランスの映画監督レオス・カラックスの作品です。
『汚れた血』と『ポンヌフの恋人』は、デビュー作『ボーイ・ミーツ・ガール』とともに「アレックス三部作」と呼ばれています。(3作品とも主人公の名前が「アレックス」であることにちなんだ呼び名だそう)
どれも孤独な男女の出会いと別れを描いた作品です。

『ホーリー・モーターズ』はカラックスの13年ぶりの新作で、
11人の別の人格を演じながらパリの街をさまよう男の、長い1日を描いた作品です。
これらすべての作品の主人公をドニ・ラヴァンが演じており、カラックスの詩的なセリフや映像と彼の独特のたたずまいが相まって、作品をより印象深いものにしています。

気付くと何度でも見たくなる不思議な映画なので、まだ見たことのない方はぜひライブラリーへお越しくださいthunderthunder
(視聴にはライブラリーカードまたは身分証明書が必要です)

imkm

  • 2016/03/11 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!