follow me

ミュージアムウィーク2016開催中!

今年も、世界中の美術館、博物館、ギャラリー、アーティストなどの美術に関わる方々が、Twitterを使って美術に関わる情報、美術館、博物館の魅力などを発信するミュージアムウィークが、3月28日(月)から4月3日(日)まで開催されています。

Twitter上から、#ミュージアムウィーク  #MuseumWeek のハッシュタグで発信されている情報がご覧いただけます。

ミュージアムウィーク

3日目の本日(3月31日(木))の曜日別ハッシュタグは#お宝MW ( #heritageMW )
世界中の美術館、博物館のお宝情報が配信されています!

神戸ファッション美術館のTwitterからもナポレオンや、西洋の宮廷衣装など収蔵品の中からお宝をご紹介しております!

神戸ファッション美術館 twitter

 

開催期間中、さまざまなテーマで曜日別ハッシュタグから情報が配信される予定です。
是非、神戸ファッション美術館アカウントをフォローしてミュージアムウィークの情報をチェックしてみて下さい!

神戸ファッション美術館 Twitter
https://twitter.com/KobeFashionM

ミュージアムウィーク
http://museumweek2016.org/

 

MK

新着図書のご紹介

みなさまこんにちは。
本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーより、ファッション関連新着本をご紹介致します!

DSCN6303DSCN6305DSCN6301

●0302/LON  London Society Fashion 1905–1925
●0303/ELE  Elegance in an Age of Crisis
●0303/FAS  Fashion in the ’70s
●0303/FOR  Forties Fashion
●0303/MEC  The Mechanical Smile
●0303/SEX  Sex, Sense and Nonsense
●0402/ABE  Remembrance
●0402/CHA  誰も知らなかったココ・シャネル
●0402/CHA  シャネル、革命の秘密
●0402/FUO  フォーティファイブアールピーエム井上保美の本

中でもわたしが気になっているのが、こちらの一冊shine
DSCN6300
●0402/CHA  誰も知らなかったココ・シャネル

世界的に有名なファッションデザイナー、シャネルの伝記なのですが、この本ではシャネルが第二次世界大戦中にナチスドイツの工作員であった時のことが書かれています。なぜ彼女はナチスドイツに協力したのか…それは彼女の生い立ちやデザイナーとしての人生にも大きく関わっています。
知っているようで知らないシャネルの一面を再発見できるような興味深い一冊となっており、少し読むつもりがつい夢中になって読んでしまいそうですcoldsweats01ライブラリーでは図書の貸し出しは行っていないのですが、どなたでもご自由にご覧頂けますので、お時間のある方は是非、神戸ファッション美術館3階ライブラリーに足を運んで頂いてご一読頂ければ嬉しいですhappy01

こちらのファッション関連新着本は入口すぐの新着図書コーナーに3月28日配架となっております。
みなさまのご来館をお待ちしております。

R★S

  • 2016/03/29 |
  • 12:32 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

休館日変更のお知らせ

皆さま、こんにちは。

桜も咲いてきて、春の訪れを感じます。

神戸ファッション美術館では、4月より休館日が毎週水曜日から、毎週月曜日に変更になります。

皆さまにはご迷惑をおかけ致しますが、ご理解ご了承をお願致します。

では、「BOROの美学」展も残りわずかとなっています。

まだご覧になってない方は、是非、野良着と現代ファッションを感じに来てください!!

yoko

りんご

  • 2016/03/28 |
  • 10:28 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

子ども会~はまいしやキッズ~美術館の裏側探検!

こちら神戸ファッション美術館の近くの桜の木もかわいい花をつけはじめました。

DSC_1008

少し肌寒い、今日土曜日は、美術館の裏側をめぐる、バックヤードツアーを

開催しました。

午前の部は、東灘区内から はまいしやキッズの子ども会のみなさんが

たくさん参加してくださいました。

DSC_1012

DSC_1023

参加のみなさんからは

・100年以上前の服まで見られたのでよかった。

・海をイメージした服や色々な国の雑誌がみることができて楽しかった。

・大きいエレベーターにびっくりした。

・髪型がおもしろかった。

・大人のくつが小さくてびっくりしました。

など、いろいろな感想をいただきました。

IMG_1611

とっても広い美術館のバックヤードを歩いて、小さなお子さん

には大変だったと思いますが、最後まで熱心にスタッフの

説明をきいてくださった、はまいしやキッズのみなさん、

ありがとうございました。

またぜひ神戸ファッション美術館に遊びにきてくださいね。

4月23日からは「こどもとファッション」展を開催します!

mimクリエイターズセミナー2016

●神戸ファッション美術館 mimクリエイターズセミナー2016のお知らせ

museum in museum クリエイターズセミナー2016

museum in museumとは…
神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップmuseum in museum(mim)は、神戸を拠点とする若手クリエイターの発掘や支援を通した新たなブランド育成のため、平成19年11月から館内に常設しています。

mimクリエイターズセミナーとは…
今後の地域産業の活性化に影響を与える存在である若手のクリエイターズブランド。
クリエイターが作品の発表、活動の場を広げるためにはどうすればよいのか。
このセミナーは、クリエイターのものづくりから社会との交流、産業への関わり方(生産・販売・マネジメント等)を初心者にもわかりやすい形式で2012年より開講し、クリエイターの支援・育成につなげることを目的としています。

今年は、日本を代表するセレクトショップ「ビームス」の最前線で活躍されている方々を講師にお招きして3回シリーズで開講いたします。
Vol.12、13の詳細につきましては、開催約1カ月前に当館のHP等で告知いたします。

■mimクリエイターズセミナ―Vol.11
テーマ:モノ、コト、ヒトを創る集団

創業40年を迎えるビームス。
日本をブランディングするプロジェクトを始動し、今までの経験とソフトを生かしてキュレーター型ビジネスを本格化します。
その中で重要なモノ、コト、ヒトを創りどのような集団で競っていくのか。
マーケティング目線、宣伝販促の目線でお話させていただきます。

日時:2016年6月4日(土) 13:30-15:30
講師:株式会社ビームス
社長室 宣伝広報統括本部 コミュニケーションディレクター
土井地 博(どいじ ひろし)氏

【プロフィール】
1999年入社。大阪のショップスタッフを経て、メンズPR担当として上京。
PR業務を行いつつビームスが実施する各コラボレーション事業やイベントの窓口として担当。
洋服だけではなく周年事業やFUJI ROCK FESTIVALをはじめとした音楽イベント、アートイベント等を手掛けるの中心人物として長年業務を行っている。
現在はビームス グループ全体の宣伝広報・販促を統括するディレクターでもあり、社内外における「ビームスの何でも屋さん」というネーミングを持つ仕掛人。

申込締切:5/28(土)

■mimクリエイターズセミナーVol.12
日時:2016年9月頃
講師:株式会社ビームス
第一事業本部 ビームス1部 統括ディレクター
渡部 啓司(わたなべ けいじ)氏

【プロフィール】
1993年入社。ビームスの本幹であるカジュアル部門の統括ディレクター。オリジナル商品の開発や国内外から仕入れる各ブランド、商品に関しての統括責任者。ビームス原宿店のPOP UPショップやBEAMS JAPAN PROJECT商品ディレクション、新業態であるBEAMS NEWSのプロジェクト等を手掛ける。

■mimクリエイターズセミナーVol.13
日時:2016年11月頃
講師:仲津 一郎(なかつ いちろう)氏
オアスロウ 代表兼デザイナー

【プロフィール】
2005年にブランドをスタート。
古き良き時代の物作りに影響され現代の物作りに生かす。
使い捨ての服ではなく長く愛着を持って切れる服作りを目指す。

各回ナビゲーター:安積 久義(あづみ ひさよし) 氏
(株式会社OMこうべ 営業推進部長)
神戸市、公益財団法人神戸ファッション協会等のファッション人材育成及び中小企業支援プロジェクトである「神戸デザイナーコンポーズド」「ドラフト」「シューズドラフト」「IFF神戸ブース」「神戸ファッションコンテスト」「KFOクリエーターズ倶楽部」「チャンネル・コウベ」などの企画運営に携わる。

時間:各回とも13:30-15:30予定(受付:13:00)
場所:神戸ファッション美術館4階 第①セミナー室
参加費:無料
定員:90名(事前予約制・先着順)

■お申込み方法 EメールまたはFAX
送信先:Eメールアドレス shop@fashionmuseum.or.jp/FAX番号 078-858-0065
[ 内容 ]①名前 ②連絡先(住所・電話番号・FAX番号・Eメールアドレス)③職業(勤務先・学校名・団体名など)
※複数人でお申込みの場合は、上記の項目①③をお1人ずつご記入ください。

セミナーへのお申込み申請用紙ダウンロードはこちら

museum in museum

  • 2016/03/25 |
  • 11:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!