follow me

服にかこまれて、思うこと

突然ですが今日は、私のお気に入りの服について書きたいと思います。

■曾祖母の手編みセーター
亡くなる前まで大量に編んでいたもののひとつです。多分5年くらい着ていますが極端に縮んだり伸びたりすることもなく、体になじんできました。持っているセーターの中でいちばん暖かいので、きっとずっと手離せません。

■祖母に借りた着物
 糸から紡いで手織りした布を、染め物屋さんで染めてもらったそうです。ずっと箪笥に眠っていましたが、大学の卒業式の時、私がはじめて袖を通すことになりました。「地味すぎない?と人に言われたけど着てみると全然。大切にとっておいてよかった」と祖母。また特別な日に着られるのが楽しみです。

NCM_0012[1]

遠目で見るとグリーンですが、近づくとこんな柄

■母のおさがりのスカート
母が自分用に作ったものを、数年前に譲ってもらいました。思えば子供の頃の私にもよく洋服を作ってくれましたが、母が服飾の学校を卒業していたことは結構最近まで知りませんでした。そこらで買ったものよりも丈夫で、隙がないというか、母の性格が表れているように思います。

+++

いつも着る服はお店で買ったものが大半で、その中にも勿論お気に入りはありますが
この3つはとくに自慢なのです。何より、よく褒めてもらえるし…

この美術館で沢山の服に囲まれるようになって、ふと
これまで着た服や見てきた服を思い出すこともありました。
そういう時はいつも、家族や友人や先生や、そこにいた人も一緒に思い出しました。
美術館の展示品はすでに現役を引退し、今はマネキンにしか着られませんが、
昔はどんな人が着ていたのか、想像するとワクワクします。
人が着るから服は服になるんだな、と実感します。
(「美術作品」として見れば、例外にも出会いますが…!)

これからもうしばらく私が生きるために着る、大切な服があります。
と、こんなことに気づけたこと、F美で働けたことに心から感謝しています。

めP

DSC_0565

  • 2016/02/29 |
  • 15:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

バックヤードツアーはすごいらしい!!!

まだまだ寒い日が続きます。みなさまお元気でしょうか?

神戸ファッション美術館では、「BOROの美学~野良着と現代ファッション」展を開催

しています。

image5

今日は、午後から、普段は中に入って頂くことができない美術館の裏側をめぐる

ツアーを開催しました。

DSC_0796

資料室には古い生地見本やマリンルックなどがあります。

DSC_0798

料室から、図書室、貴重書庫をまわり、収蔵庫に到着!

その大きさに参加されたみなさんはびっくり!

DSC_0853

 

DSC_0875

大切に保管している収蔵品についてのスタッフの説明を熱心に聞いて頂きました。

DSC_0856

バックヤードツアー~オルビスホール探検編もあります。

ぜひご参加ください!福

 

本のご紹介

みなさまこんにちは。

本日はライブラリーより、私が大好きなスニーカーshoeに関する書籍をご紹介します!

DSCN6240DSCN6241

1102/SNE Sneakers The Complete Collectors’ Guide

10以上のブランドから、180以上のデザインを収録しています。

昔流行した、懐かしのデザインが見つかるかもしれませんeye

DSCN6245

1104/SNE Sneakers The Complete Limited Editions Guide

先程の書籍の続編にあたり、過去10年に発売された限定版スニーカーを特集したもので、300以上のデザインを収録しています。

限定版ということで、普段見ないような個性的なデザインのものもお楽しみいただけますshine

DSCN6242DSCN6243DSCN6244

その他、各ブランドのスニーカーを紹介した資料もございます。

DSCN6246

1104/ADI Adidas

1104/NIK NIKE MANIA  70’s Heritage

1104/VAN VANS  Off the Wall

 スニーカーをお好きな方、ご興味をお持ちの方は是非お手に取ってご覧くださいsun

みなさまのご来館を心よりお待ちしています。

itsukky

  • 2016/02/27 |
  • 14:45 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

BOROと刺繡

現在開催中の特別展示「BORO(ぼろ)の美学 ―野良着と現代ファッション」では、

年を重ねたからこそ出る風合いや質素な中から生まれる美を堪能できる作品を

たっぷりご覧いただけます。

全体

個人的な注目ポイントは「刺繡」と「織り」。

緻密かつ繊細な技巧を駆使して、ともすれば落ち着いた風合いになってしまう藍布に

花を添えています。

「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展前垂れ2image2  さらに現代風にアレンジされたファッションを見ると、その美しさが際立ちます。

image3image4image1

現在と未来をつなぐ技と美意識を直接チェックしてみてください。

スタッフ一同、皆様のご来館をお待ちしております。

 

まるも

 

  • 2016/02/26 |
  • 16:02 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

matohu期間限定ショップが京都にも!

開催中の特別展示「BOROの美学-野良着と現代ファッション」へ出品いただいている、ファッションデザイナーmatohuの作品をご自宅でもお楽しみいただけます。
今回展示作品と同じテキスタイルを用いたエコバッグや、matohuのものづくりの背景が語られる『言葉の服』、ピンブローチや靴下もご紹介しております。
P2230081 P2230083展覧会期間限定のお取扱いとなります。展覧会鑑賞と合わせて、ぜひお手にとっていただければと思います。

 

また、2月24日(水)~3月8日(火)は、大丸京都店に期間限定ショップがオープンしています!

2階特選フロア サロンド・グゥ・ブランシェにて、最新春夏コレクション「かろみ」のアイテムのほか、展覧会でご覧いただいた衣装の一部も身に付けられるチャンスです。
展覧会で作品を楽しんで、着心地も味わってください。