follow me

次の展示は。

次回の特別企画展、「BOROの美学 野良着と現代ファッション」のポスターを駅などで見られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ちらし

愛らしい女の子たちの上にかけられているものは、19世紀のドンジャ(夜着)という丹前のような形をした、どっしり重いもの。かつての東北ではこのようなもの1を布団のように用いていたそうです。ひとつのドンジャに親子が裸でくるまって寝ていたそうです。綿の代わりにくず麻がつめられ、擦り切れた部分にどんどん布が重ねられ縫い付けられています。

本来は限りあるものを長く使う中で偶然組み合わされた布片たちが協調し、芸術的にも思えてしまいます

さて、これらの生活の中で古来の衣にほどこされたツギハギの芸術に、どこまで迫るのか越えるのか、現在活躍中の3デザイナーの作品が個性を競います。これもまたとても楽しみです。

すでに1ブランドの設営が終わりました。とても見ごたえのあるものになりそうです!

どうぞご期待ください。

h.o