follow me

「BORO(ぼろ)の美学」展リーフレット

2016年1月23日(土)より開催の「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展では、ご来館者の皆さまに展覧会リーフレットをお配りしております。

「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展リーフレット

こちらのリーフレットでは、展覧会にご協力いただいているkeisuke kandamatohuMODECOwrittenafterwardsの4ブランドと、青森の民俗学者・田中忠三郎氏のご紹介、そして各デザイナーさんと、担当学芸員より作品について文章が掲載されています。

「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展リーフレット 「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展

表紙には青森の民俗学者・田中忠三郎コレクションより国の重要有形民俗文化財である東北の野良着―マエダレ。

「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展リーフレット
「BORO(ぼろ)の美学―野良着と現代ファッション」展リーフレット

さらに、折れ目にキリトリ線が入っているのでそれぞれのブランドを1枚ずつ切り取ってカード状に保存しておく事もできます。

ケイスケカンダ まとふ モデコ リトゥンアフターワーズ 

 

神戸ファッション美術館

mimポップアップショップ出店中です!

みなさまこんにちは。

先日、阪急うめだ本店10階「スーク中央街区」に出店中の museum in museum (ミュージアムインミュージアム) ポップアップショップへ行ってまいりました!

IMG_8010

洋服、鞄、アクセサリーにブローチなどの雑貨まで、総勢29組の作家さんの作品を、間近で楽しむことが出来ます。

IMG_8009IMG_8012IMG_8013IMG_8015IMG_8018IMG_8020

取り扱いが終了した作家さんの作品や、普段mimでも取り扱っていない作品もございますpisces

私のお気に入りは、今にもアクセサリーを勧めてきそうな「ぶたのペコリーノ」ちゃん。

IMG_8011

普段作家さんごとに分けられて展示されている作品が、こうして近くに並べられているのもポップアップショップならではです。

見る人を飽きさせないディスプレイになっていますので、是非お近くまでお越しの際は、お立ち寄りください!

 

mimポップアップショップは2月2日(火)まで出店しております!

最終日は17時までとなっておりますのでお気をつけくださいtyphoon

皆様のご来店を心よりお待ちしておりますsun

itsukky

  • 2016/01/31 |
  • 10:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

東北の食べ物をお土産にしました!

神戸ファッション美術館では、「BOROの美学~野良着と現代ファッション」展を

開催しております。

前垂れ

1月最後の土曜日の今日、1階のロビーでは、被災地の物産販売コーナー

「東北の食べ物をお土産にしよう!」を開催しました。

DSC_0680

 

出店は東灘・岡本商店街にある東北支援ショップ「気仙沼まただいん」

DSC_0678 

オイスターソース、ふりかけ、ふかひれスープなどが並びました。

商品の写真

「まただいいん」とは、気仙沼の方言で「また来てね」という意味だそうです。

matadain

次回の出店は2月13日(土曜)13時からです。

みなさま、またお越しください!

 

 

バックヤードツアー★オルビスホール探検編

神戸ファッション美術館の5階 最寄りのアイランドセンター駅から

まるで、UFOが停車しているようみえるオルビスホール!

yoko

今日は、このオルビスホールの舞台裏を技術スタッフが

ご紹介するバックヤードツアーを午前・午後に開催しました。

DSC_0598

音響や照明について技術スタッフの㈱PAFさんにご紹介

いただきました。

DSC_0573

こんなにまじかに舞台照明をみるのははじめて!

DSC_0605

色の三原色をつかって、舞台の雰囲気を作る照明技術!!

DSC_0606

影ができるとこんなに素敵!!!

DSC_0624

音響では、マイクの調整でいろいろな声を再現してみたり、

舞台裏の見学と、いろいろ発見がある楽しいツアーです。

DSC_0661

次回のバックヤードツアー★オルビスホール探検編は

2月20日(土曜)①10時 ②13時30分 に開催予定です。

お申し込みは、神戸ファッション美術館までお願いします!

藍の世界

現在開催中の特別展示「BORO(ぼろ)の美学-野良着と現代ファッション」では、

何十年も、何百年もかけて使い続けてきた藍染の衣類をたっぷりご覧いただけます。

全体

「ぼろ」という響きにはどこか哀愁が漂いますが、その多様なデザインには驚きます。

藍ひとつとっても、長い年月と人々の働き方によって色あいは全く異なります。

展示の目玉のひとつである田中忠三郎コレクションからは、刺し子の技を駆使して

限られた素材で最大のおしゃれを楽しんでいたことがよくわかります。

前垂れ

繊細なデザインとカラフルな色使いにうっとり・・・

前垂れ4前垂れ1前垂れ2

また、神戸ファッション美術館が誇る東洋の刺繡・パッチワークを展示していますので、比較してみるのも楽しいですよ。

前垂れ3

「BORO(ぼろ)の美学-野良着と現代ファッション」の会期は4月10日(日)まで。

ぜひこの機会に、神戸ファッション美術館にお越しください。

 

まるも

  • 2016/01/30 |
  • 10:07 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!