follow me

ノルマンディー地方の民族衣装。

先月末にお休みをいただいてヨーロッパへ行ってきました。
仕事柄、せっかくの機会なので、その国、その地方の民族衣装を見てみたいと思うのですが、
日本同様、日常生活で民族衣装を着ている国はほとんどありません。
そのため、これらを見ようとすると観光客向けのレストランか、あるいはその土地のお祭りに行くしかありません。

今回はフランス北部とベルギーに行ってきたのですが、フランスからベルギーへ向かう途中にある小さな村、ブブロン・オン・ノージュへ立ち寄ったときのことです。
この村は、端から端までがわずか50mほどの小さな村で、16世紀の建物を再現した街並みからフランスの美しい村100選に選ばれており、建築に興味をある方が来られるものの観光客はめったに訪れない村です。
たまたま私が訪れた日は日曜日、村にある数件のお店もお休み。…のはずだったのですが、なんとりんごの収穫祭が行われていました。

小さい村の中心部に数十件の屋台が並び、りんごのお酒、スープ、パン、スイーツなどが売られていました。
そして、村はずれにはこれからお祭りに行くための準備をしている人たちがいました。
おばあちゃんに着付けの仕上げをしてもらっている女の子。とてもかわいい。
159.

そして村の中心部に戻ると民族衣装を着たおじいちゃん、おばあちゃんたちが楽器を演奏しながら、村を練り歩いていました。
162.

164.

偶然とはいえ、めったに見られないお祭りを目にすることができ、ちょっと得をした気分の旅でした。

ブログ用パンダ

  • 2015/11/02 |
  • 14:52 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!