follow me

パリコレで見たおしゃれな人びと

パリコレを見にいくにあたって楽しみにしていたことの一つは、そこに集まるおしゃれな人たちを観察することでした。ショーの会場前にいると、いました!いました!おしゃれな人たちが集まってきます。ショーのデザイナーの洋服を着ている人もいますが、そうでない人もいます。ぱっと目がいくのに、違和感なく着る人に馴染んでいます。もちろんショーのためにということはありますが、年齢を問わず、着たいものを着る、しかもかっこよく。そんなところが素敵だなと思いました。

PA020479
PA020486PA020482
PA020477
PA030702

現在開催中の「日本衣装絵巻ー卑弥呼から篤姫の時代まで」展へもぜひ足をお運びください。ベーシック展示では、過去にコレクションで発表された洋服も見ることができます。

 

miztama

  • 2015/10/27 |
  • 10:00 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

展示関連本のご紹介

神戸ファッション美術館では、10月17日より
「日本衣装絵巻 ―卑弥呼から篤姫の時代まで」展を開催しております!
3Fライブラリーでは展示に合わせまして、関連本を集めご紹介しております。

DSCN5526

● 0203/MON/169 織物 ものと人間の文化史 169
● 0204/KUS/1  草木染 染料植物図鑑 1 基本の染料植物 120
● 0204/KUS/2  草木染 染料植物図鑑 2 日本の身近な染料植物 120
● 0204/KUS/3  草木染 染料植物図鑑 3 新しい染料植物の研究 113
● 0304/NIH   日本服飾史 風俗博物館所蔵 男性編
● 0304/NIH   日本服飾史 風俗博物館所蔵 女性編
● 0804/NIH/1  日本の仕事着 1 東日本編 日本常民文化研究所調査報告
● 0804/NIH/2  日本の仕事着 2 西日本編 日本常民文化研究所調査報告
● 0902/KYO  京都染織まつり記念図録 写真でみる日本の女性風俗史
● 0903/KIM 着物の文様とその見方 文様の格付け、意味、時代背景、由来がわかる
● 0904/TAI 大正着物
● 1604/EDO  江戸時代の流行と美意識 装いの文化史

=====

DSCN5527

▲ 0903/KIM 『着物の文様とその見方』より ▲

DSCN5530

▲ 0904/TAI 『大正着物』より ▲

=====

以前にもブログでご紹介しましたが、こちらが今回の展示図録です!
ご自由に中身はご覧いただけます(※コピーは不可)が、販売は1F美術館の受付にて行っております。
展示関連本と一緒に並べていますので、お手に取ってみてくださいね。

DSCN5525

▲ 0304/NIH 『日本衣装絵巻 図録 卑弥呼から篤姫の時代まで』 ▲

=====

神戸ファッション美術館、「日本衣装絵巻 ―卑弥呼から篤姫の時代まで」展へお越しの際には、ぜひ3Fライブラリーへも足をお運びくださいませ♪

sayu*

  • 2015/10/26 |
  • 13:32 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ハロウィン

昨日から六甲アイランド島内ではハロウィンに関するイベントがいくつか催されています。

ファッション美術館では、ピンクの参加用紙を持参いただいたお客様にお菓子をプレゼントしています。

PA250296

PA250297

PA250299

参加受付は、アイランドセンター駅南側特設テントです。

合言葉は「トリック・オア・トリート」

ぜひ仮装してご参加ください。

 

詳しくは、下記のサイトをご覧ください。

http://www.rokko-island.com/special/halloween2014/

 

my

歴史トークとネオラクゴ会、本日開催!

日本衣装絵巻―卑弥呼から篤姫の時代まで」が17日よりスタートしております!
今回の展覧会も、展示に関連した様々なイベントやワークショップが予定されております。

目玉のひとつ、「歴史トークとネオラクゴ会」がいよいよ本日開催!

展覧会と同じく「キモノ」をテーマとして、
歴史トークと、よしもとの若手芸人さんによる落語をお楽しみ頂ける
新しい組み合わせのイベントになっています。

申込・参加無料ですので、ぜひご参加ください!
勿論、イベント前に展示を見て頂くとより一層楽しんでいただけます。

また、関連ワークショップの参加申込受付を開始しております。

日本衣装絵巻展 関連イベント

11/28(土) 和菓子ワークショップ
11/29(日) 京友禅 手描き染め・型染めワークショップ
11/12(土) 絵模様の絞り染めワークショップ
につきましては、事前にお電話またはFAXでの申し込みが必要になります。

(定員になり次第ご応募を締め切らせて頂きます。)
ご好評につき、定員まで残り数名となっております。お早めにご連絡ください!

講演会のお申し込みも随時受け付けております。
どなたでもお気軽にご参加くださいね♪

clock

 

『花椿』最新号のご紹介

みなさまこんにちは。
神戸ファッション美術館ライブラリーより、雑誌のご紹介です。

image
『花椿』という、資生堂が出している雑誌です。
おしゃれな写真やイラスト、誌、コラムなどが載っていて、見ているだけで楽しい雑誌ですshineeye
歌人の穂村弘がさまざまなジャンルの人と対談する「こんなところで」や、
美術家の森村泰昌の「美の毒な人々」というコラムが特におすすめですclub

また、最新号には現在開催中の『日本衣装絵巻 ―卑弥呼から篤姫の時代まで』にて、期間限定の茶屋を出している和菓子ユニット日菓さんの記事も載っています。
展示とあわせてぜひチェックしてみて下さいthunder

imkm

  • 2015/10/23 |
  • 13:44 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!