follow me

パリコレ報告1

Paris Fashion Week、パリコレに行ってきました。

P9300236

ファッション美術館で仕事をさせてもらって2年目、はじめてのパリコレで、驚きと興奮の連続でした。今回は、2015年9月29日におこなわれたアンリアレイジのショーについて報告します。今年のアンリアレイジのテーマは、”REFLECT”です。「光を跳ね返し、新しい光を放つ。現実を跳ね返し、新しい現実をつくる」招待状のデザインもreflectしています。

P9290119

ショーの会場は、パレ・ド・トーキョーでした。

P9290163

スマートフォンの画面越しにショーをみるというスタイルでした。耳にはヘッドフォン。ショーの間 ずっとヘッドフォンをあてています。会場内では音が流れていないので、モデルさんは音を聞かずに歩いているのです。すごいですね。モデルさんが通るときにスマートフォンをかざし、フラッシュをたいて撮影します。フラッシュの光にあたると洋服の模様が見えます。”REFLECT”します。しかし、スマートフォンのフラッシュでは、”REFLECT”するのは一瞬のことです。会場で、自分の目でショーをみているときは、無地の洋服をきたモデルさんが歩いている情景が見えています。

P9300183

洋服の模様は、上下、左右、対角線上に”REFLECT”しています。一般的な再帰性反射では、受けた光がそのまま反射するところを、フラッシュの色だけではなく、いろいろな色、柄が”REFLECT”していました。造形的にもとても美しいお洋服でした。多くの人がスマートフォンを使う現実、ヴァーチャルな世界、自分の目で「見ている」と思っている世界、「見る」とはどういうこと?などを考えたり、さまざまなことが複雑に存在する現代社会をも”REFLECT”しているのかな…などと勝手に考えてみたりしましたが、「現実を跳ね返し、新しい現実をつくる」というアンリアレイジの思いが伝わってきたように感じました。はじめてのパリコレで最初に見たショーがアンリアレイジの2016 S/Sコレクションであったこと、その場に自分が身をおけたことは、見るだけとはいえ、とても光栄でずっと忘れないと思います。

miztama

  • 2015/10/12 |
  • 17:53 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!