follow me

秋ですねぇ

いよいよ11月です。

アイランド北口駅からセンター駅に沿ってあるケヤキ並木は紅葉が始まっており、美術館周辺の木々も秋模様となってきました。

DSCN2632

また、リバーモール周辺もライトアップが始まり、新たな装いの街が出現しました。

DSCN2636

DSCN2639

神戸ファッション美術館では現在「日本衣装絵巻」展を開催しています。

入館された方にはもれなく、ホテルプラザや他の協力店とタイアップした「おでかけMAP」をお渡ししています。入館券の半券等を提示することでうれしい特典があります。

六甲アイランド周辺の秋を楽しみながら、ぜひ美術館にお越しください。

TK

ギャラリー催物のご案内

こんにちは。
神戸ファッション美術館4階ギャラリーより、催物のお知らせです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第34回 龍美会展

R0015227

1964年市立神戸商業高校の美術部OB会として龍美会を発足させ、1965年~74年迄の10年間毎年開催、仕事の都合等で18年間休会し1992年に再発足。再発足後は、一般の美術愛好家にも広く門戸を広げ2015年迄の24年間毎年開催している。
今年も、10月29日(木)から神戸ファッション美術館の4階ギャラリーで第34回展を開催しており、今後も毎年開催予定で会員を募集中。
会員は、日本美術家連盟会員の真殿 靖を会長として15名在籍しており、教師であった版画家の菅田英一さんも賛助出品している。

会期 2015年11月29日(木)~ 11月3日(火)
時間 10時 ~ 18時(最終日17時まで)
場所 神戸ファッション美術館 4階 ギャラリー
主催 龍美会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

貸館受付

  • 2015/10/30 |
  • 13:55 |
  • イベント
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ヴィヴィアン・ウエストウッドの大型本

神戸ファッション美術館 3階 ライブラリーの入口を入られてすぐのところに
ヴィヴィアン・ウエストウッドの大型本があるのはご存じでしょうか。

ヴィヴィアン表紙

こちらは世界限定900部の大変貴重な本で、

なんと、ヴィヴィアン直筆のサイン入りなんです!!!
ヴィヴィアンのサイン

 
こちらの本はポートレート作品集で、表紙は全部で9種類あり
「Cockroach Propaganda」と名付けられたものを
神戸ファッション美術館 3階 ライブラリーで所蔵しております。

ヴィヴィアン表紙

世界最大のポラロイドカメラで撮影された写真を原寸大で書籍に仕上げたため
重さ25kg、縦90cm×横64cmとページをめくるのに一苦労するぐらいの巨大な一冊です。

では、少しだけ中身をご紹介させていただきます。
ヴィヴィアン中身その①

 
ヴィヴィアンその②

 
ヴィヴィアンその③

 
閲覧される際はライブラリーカードが必要となります。
また、大変貴重な資料ということで手袋着用の上ご覧くださいませ。

snow

  • 2015/10/30 |
  • 10:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

11月3日(火・祝)文化の日は着物で神戸へ!

神戸ファッション美術館では、文化の日に、開催中の展覧会「日本衣装絵巻-卑弥呼から篤姫の時代まで-」に関連する3つのイベントを催します。
「着物とは」、「日本の伝統服とは」、「染めと織りとは」
また一つ、展覧会をきっかけに衣服にまつわる渦が巻いていきます。
御年75歳の染織を専門とされる大先輩学芸員とのギャラリートーク、ファッションの勉強会を東京で繰り広げられ尊敬する篠崎さん企画のシンポジウム、そして出張茶屋も!
ぜひ着物などを着てお会いしましょう◎◎
【1】14:00から
北川満哉氏(京都染織文化協会 学芸員)によるギャラリートーク
染色一筋人生。定年退職後、学芸員となられ今年御年75歳にて、「染織祭」の展覧会制作にご協力いただきました。染めと織り   、京都の四季などいろんなことをおしえてくださる大先輩によるギャラリートークです。(申込不要)
【2】15:30~18:00頃
Think of Fahion in Kobe「日本の衣装 着物をめぐる4つの考察」
http://fashionstudies.org/studies/think-of-fashion-in-kobe/
主催:Fashion Studies
共催:神戸ファッション美術館
登壇:青木 美保子(京都女子大学家政学部准教授)、安城寿子(服飾史家/大手前大学、横浜美術大学ほか非常勤講師)、小野原教子(兵庫県立大学准教授)
(絶賛申込み受付中!!ご希望は、次六までメッセージの上当日参加もOKです)
◎Think of Fashionは人々の装いについての文化や社会現象などを考えていく会です。過去の回は下記も参照。
http://fashionstudies.org/think-of-fashion/
 Think-of-Fashion-in-Kobe
【3】11:00~17:00 出張茶屋 第2回目!
京都のお菓子ユニット日菓の和菓子(展覧会にちなんだ意匠です!)と大阪の結音茶舗から日本茶の喫茶スペースができます。(予約不要、無料スペース)
日菓 http://www.nikkakyoto.com/
結音茶舗 http://xn--6c0av1huyaz02d.com/
 11020245_321370758038103_8993431463652473545_n
■展覧会「日本衣装絵巻-卑弥呼から篤姫の時代まで-」
http://www.fashionmuseum.or.jp/museum/special/nihonishoemaki
日本衣装絵巻B3染織祭風景1 (2)

毎日ファッション大賞

年間を通じてファッションという文化活動の中で優れた人、企業、団体などを表彰する「毎日ファッション大賞」。
毎日新聞社が創刊110年を記念して、1983年、わが国のファッションの歩むべき方向性を模索する上で、何らかの寄与を果たせればとの願いを込めて創設されました。過年度受賞者には、日本が世界に誇る才能あふれるデザイナーたちが名を連ねています。

毎日ファッション大賞 鯨岡阿美子賞 神戸ファッション美術館 学芸員 浜田久仁雄

2015年度(第33回)毎日ファッション大賞、鯨岡阿美子賞(ファッション界にあって、長らくその発展に寄与し、功績のあった人(グループ)。テキスタイルデザイナー、ジャーナリスト、研究者、コーディネーターなど分野を問わない。※ファッションデザイナーは含まない。[故・鯨岡阿美子さんは、国際的なファッションジャーナリストとして活躍。第1~5回の毎日ファッション大賞選考委員長を務め、1988年に急逝。故人の功績を称え第8回(1990年)毎日ファッション大賞からこの賞を創設])に、当館の浜田学芸員が昨年に引き続きノミネートされました!

大賞はsacaiデザイナーの阿部千登勢さん、新人賞・ 資生堂奨励賞にCHRISTIAN DADAデザイナーの森川マサノリさん、鯨岡阿美子賞には大丸隆平さん(oomaru seisakusho 2 inc 代表取締役社長)、話題賞にディオール、特別賞に第一織物株式会社が受賞されています。
詳細は下記をご覧ください。
http://macs.mainichi.co.jp/fashion

 

神戸ファッション美術館