follow me

日本衣装絵巻 ―卑弥呼から篤姫の時代まで

次回特別展示「日本衣装絵巻―卑弥呼から篤姫の時代まで」のお知らせです。

日本衣装絵巻 ―卑弥呼から篤姫の時代まで

日本衣装絵巻
―卑弥呼から篤姫の時代まで 

201510月17日(土)~2016年1月12日(火)
休館日:水曜日、10月8日(木)~16日(金)、12月24(木)(12月23日(水・祝)は開館)、年末年始(12月29日(火)―1月3日(日))

主催:神戸ファッション美術館
共催:公益社団法人 京都染織文化協会
後援: Kiss FM KOBE、京都新聞、繊研新聞社
協力:北川満哉、北野裕子、高田装東店、有職御人形司 伊東久重、有職美容師 南登美子
展示協力:大阪樟蔭女子大学

京の染織祭に集結した染織黄金時代の職人技が再び一大絵巻を描きだす
古代から日本人の衣生活は、外国文化を取り入れながら「和様の美」を形成してきました。埴輪に見る大陸文化の影響をうけた古墳時代から中国・唐風文化の舶来が感じられる奈良時代の衣装。宮廷文化と共に生まれた優雅な重ね着が象徴する平安時代。現代のキモノの形が明確に現れはじめるのは、室町時代以降とされています。
本展では、かつて春の京都を彩った「染織祭」に蘇った、古墳時代から江戸時代の復元女性衣装、8時代100領を一堂にご紹介いたします。染織の黄金時代とも称される当時、最高の技術をもった職人や研究者、有職故実が京都に集結し、史実を元に考証し、復元した傑作衣装の数々を、絵巻物を見るようにお愉しみください。

【染織祭】とは
昭和初期、経済不況の中、京都の基幹産業だった染織業の振興をはかるべく1931年(昭和6)から20年間、執り行われた祭。染織を司る9神を祀る「祭祀」と「女性時代衣装行列」で構成され、京都の葵祭・祇園祭・時代祭にならび「京都の四大祭」として、盛大に行われた。しかし、優雅な衣装行列は、日中戦争が始まると自粛され、戦争の混乱の中で人々の記憶から消えていった。

 

詳細はホームページをご覧ください。
特別展示「日本衣装絵巻―卑弥呼から篤姫の時代まで

ファッション 美術館 神戸 服飾 京都 キモノ 着物 kimono  コレクション fashion museum  

神戸ファッション美術館

  • 2015/09/15 |
  • 12:00 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

作家さん個展情報!

皆さま、こんにちはwink
朝と夜が肌寒くなってきて、秋めいてきましたねmaple

神戸ファッション美術館・3Fライブラリーにあります、
museum in museumより作家さんの個展情報をお知らせ致しますpaper
mim 3th 作家「énigmatique」の個展が9/12(土)より、神戸・栄町MARUNIにて開催中ですeye

■□■ énigmatique mizobe sachina exhibition ■□■
dm9617437
会期:2015/9/12(土)~9/27(日)
会場:MARUNI
    神戸市中央区栄町通3-1-7 栄町ビルディング4F 402号
時間:12:00~20:00 会期中無休
作家在廊日:12(土)、20(日)、22(火)、27(日)

*..*.. 身体の追求による、男性と女性のためのコレクション ..*..*
鞄、アクセサリー、オブジェを発表します。

énigmatique
http://www.enigmatique.jp/

■□■□■□■□■

maple 芸術の秋 mapleを満喫しに、神戸に遊びにいらした際は、
ぜひ足を運んでみてください。
そして・・・
特別展示「デジタル×ファッション―二進法からアンリアレイジ、ソマルタまで」
絶賛開催中です!
会期期間も残り少なくなってまいりましたdanger

少し足を延ばして、神戸ファッション美術館へも寄り道しに来てくださいrun
皆さまのご来館お待ちしております。

spade 青蓮 spade

  • 2015/09/15 |
  • 10:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!