follow me

【告知】2015服飾文化セミナー講座第2回「日本製ニットの未来とニットの可能性」

2015年服飾文化セミナーも早いもので、第1回目が終了しまして、

今週末にはニットに詳しくなる回、第2回が迫っております!

今回の講師は、Knittingbird 田沼英治氏。

プロフィール画像.jpg

<PROFILE>1984年群馬県生まれ。20歳で渡英し、ロンドンでニットに出会い、ニットデザイナークレア・タフに師事。ロンドン・カレッジ・オブ・ファッション、東京ニットファッションアカデミー卒業。日本のニットにおける文化的価値と認知度向上を目的にした、日本唯一のニット専門のウェブマガジン「Knittingbird」主宰。ニットデザイナー、ニットコンサルタント、ニット作家、手編み・家庭機講師としても活動している。

「ニット」といえば、セーターやウールのイメージがありませんか?

ニットとは、実は編み物の組織を意味し、衣料の素材だけでなく医療用具にも使用される幅広い用途があります。

糸1 本からデザインするニットの可能性を探り続け、日本中のニット工場を訪問し、ニットデザイナーとして様々なブランドのニットの製造・生産に携わり、手編、手動式編機、自動機とすべてのニットの可能性を広げるためにニット専門のウェブマガジンを運営している田沼氏が、国内全体のわずか2%以下しか消費されていない日本製のニットの未来について話します。

また当日は、現在、開発されつづけるめずらしいニット商品の実物もご紹介いただきます!

 

上記の講座に参加された方は、第2回産地バスツアー~泉州・ウール編~に優先的にご案内させていただきます。
(応募者多数のため抽選となりますのでご了承ください。)

 

 

予定は下記のとおり↓↓↓

■第2回 講座 「日本製ニットの未来とニットの可能性」
日時:6月21日(日) 14:00-15:30(開場13:30) ※要申込/先着順

■第2回 ツアー 「産地バスツアー~泉州・ウール編~」
日時:7月17日(金) 9:00-17:30(時間予定、神戸ファッション美術館 発着) ※要申込/応募者多数の場合は抽選

写真:バスツアーで訪問予定の深喜毛織株式会社さん。糸の紡績や染織の工程を行う。

 

s-IMG_3039

s-fukakikeori

s-IMG_3022

 

■服飾文化セミナー「ファッションの産地」 詳細

 

■第1回講座「日本の産地とこれからのファッションデザイン」

■第1回産地ツアー~播州・コットン編~ レポート  

 

皆様のご参加をお待ちしております!

文:.nj