follow me

おさるさん♪

突然ですが、来年の干支はさるですねcatface

私の母はさる年なので、家の中には何匹かおさるさんがいます(笑)

さる

(左から、さるみくじ・キーホルダー・とっくり)

そして、神戸ファッション美術館のチケットカウンターにもかわいいおさるさんがいます!

モンキー

この子は、フェリシモハッピートイズの今年のキャラクター「元気いっぱい!うきうきモンキー」note

8月22日(土)には、このぬいぐるみを家族で作るワークショップが開催されます。

その他にも、神戸ファッション美術館の夏はワークショップや鑑賞ツアーが目白押しです!

ご興味のある方は、ぜひご参加ください!

 

7月11日(土)より、神戸ファッション美術館では特別展示「デジタル×ファッション 二進法からアンリアレイジ、ソマルタまで」が開催されます。

皆様、この夏も神戸ファッション美術館までぜひお越しくださいsun

 

YKfish

 

【レポート】2015年度春期服飾文化セミナー第2回講座終了

Knittingbird 田沼英治さんをお迎えした 2015年度春期服飾文化セミナー「ファッションの産地」、第2回講座「日本製ニットの未来とニットの可能性」を6月21日に開催しました。

 

田沼氏は、日本唯一のニット専門のウェブマガジン「Knittingbird」を主宰し、日本中のニットの工場を訪問し、ニットデザイナーとして様々なブランドのニットの製造・生産に携わり、ニットの可能性を広げる幅広い活動をされています。今回は、「糸一本からデザインするニットの可能性」「国内全体のわずか2%以下しか消費されていない日本製ニットの未来」をテーマに、ニットにまつわるお話を繰り広げ、当館ではもちろん恐らく業界でもめずらしいニットの現在と未来を考える時間となりました。

IMG_0059
「ニットは需要が多いけど、やる人がいないんです。」
徐々に加熱してくる田沼氏のニット談が印象的でした。

ニットを知り尽くした田沼氏からは、前半に『日本製ニットの現状』として「ニットとは?」「製造機器」「ニットにまつわる仕事」「国内ニット生産地」「ファクトリーブランド」「さまざまなニット製品」を、後半には『ニットの未来』として「ニット教育」「ニットの可能性」についてお話いただきました。

■「ニット」とは、大きさや素材に関係なく、ループを作り、そのループに次の糸を引っ掛けて連続してループを作り面を作成する構造で、いわゆる、セーターだけではなく、Tシャツや靴下なども含め、平たく言うと伸び縮みのあるもの。まず始めにニットの概念の幅広さを再確認しました。

kore

現在では衣料の域を超え、スニーカーや医療用具にまで用いられる幅広いニット製品を実物を元に紹介。

【レポート】2015年度春期服飾文化セミナー第2回講座終了

■ニットの産地としては、新潟、山形、山梨、それから7月にバスツアーで向かう大阪があがりました。産地の工場では代替わりもみられます。ですが、仕事がそんなに潤沢にないゆえに次世代に継がせたくない思いも混ざり合うといいます。どうしたら次世代に技術を継承できるのか、仕事として成り立たせられるのか。ニット業界をめぐる課題をうかがいました。

■とにかく「ニットの学校がない」「量産の機械が高く扱える施設が少ない」「指導できる人がいない」とのことで、教育現場が手薄だそう。伝える人がいないから、興味を持つ人が少ない、技術を取得する人が少ない。ニットをとりまく現状の所以が少し見えてきたようです。

■そんなニットをとりまく問題を様々な角度から直視する田沼氏の今後の仕事の課題とは、「ファッションだけでなく医療やプロダクトへの幅を広げる」「ニット業界に人をとりこむ」ことだそうで、デザイン会社Proefの一員としても活動を始められています。

 

ファッションを志し、真剣に向かいあっていると、
みえてくる産地が抱える問題が多々あることは否めないでしょう。

そういった地域や仕事を、時間と手間をおしげもなく費やして、探求し、発信する。
人に伝えて、なんとか新しいやり方を考える。

当講座の講師2名、宮浦氏、田沼氏に共通することは、
何かを犠牲にしているようにも映る一方で、
地域や仕事との出会いのプロセスにある時間や手間というのを、
チャンスととらえて楽しんでいるようにさえ映ることです。
(もちろん大変なことはあると思いますが・・)

いま若い世代に、
世の中を動かしえる希望ある活動をする方々がいることは、

それは繊維業界にとっては、希望の星であり、
将来きっと各方面から重宝されることでしょう。
今後彼らにもっと注目がいくことを期待したい。

そんな彼らとの出会いは、何よりも嬉しく、
今後も衣服を扱う美術館として大手を振って応援したい

歴史をみつめることが多い美術館で、またもや「ファッション」の「現在」と「これから」をみつめていく大切な時間となりました。

★会場で受け付けました質問については、Knittingbird Twitter および、神戸ファッション美術館ブログにて後日回答を公表させていただきます。

春期服飾文化セミナーの最後は、産地ガイド 田沼氏と行く泉州への産地バスツアーとなります!

また、ひきつづき、秋期も各地の産地をとりあげるべく企画中です◎
夏には発表予定ですので、ぜひ当館のブログやちらしをチェックいただけると幸いです◎

 

Knittingbird
http://knittingbird.com/

Proef
http://proefdesigns.com

□服飾文化セミナー「ファッションの産地」 詳細

■第1回講座「日本の産地とこれからのファッションデザイン」レポート

■第1回産地ツアー~播州・コットン編~ レポート  

 

 

文:nj
写真:kw

museum in museum 出品者公募23th

museum in museum 出品者公募23thのご案内

公募_23

[出品者公募期間]

2015年7月20日(月)―8月20日(木)

わたしたちの身の回りの「もの」「こと」には、アートやデザインの要素が溢れています。

神戸ファッション美術館は、この「もの」「こと」をキーワードに、ヒトの心にのこるものを「かたち」にする作り手とお客様をつなぐミュージアムショップとして、museum in museum を運営しています。

museum in museum は、ヒトとデザインとの対話をテーマに、若手クリエイターの作品を通したアートと向き合う空間、ミュージアムの中の「もうひとつのミュージアム」を提案し、作品を広く募集します。

[応募資格]

出品者公募の趣旨に賛同し、museum in museum のコンセプトに則したオリジナル作品を発表、納品いただける方。また、当館のイベントやワークショップなどに積極的な提案、参加をする意志のある方。(全国からご応募いただけます)

個人部門:兵庫県出身または兵庫県内を拠点とする 18 歳以上の方(グループ可)

法人部門:兵庫県内を拠点とする法人(株式会社、特例有限会社、合同会社など)

  その他:兵庫県内に拠点を開設する予定の個人または法人

[出品できるもの]

アクセサリー、靴、バッグ、皮革小物、雑貨、アートブック、音楽・映像作品、写真作品、立体作品、( フィッティングを要しない ) アパレル製品などオリジナル作品にります。

* 形状やサイズにより、出品できない場合があります。

[応募方法]

申請用紙に必要事項をご記入のうえ、2015年8月20日(木)までに(当日消印有効。)「 museum in museum 出品者公募受付係 」までご郵送ください。
公募期間終了後、作品送付についてのご連絡を担当者様宛に E-mail で送信させていただきます。

申請用紙は神戸ファッション美術館3Fライブラリーで配布します。

PCよりダウンロードも可能です。(スマートフォン不可)

[お問合せ]

神戸ファッション美術館3Fミュージアムショップ museum in museum

〒658-0032 神戸市東灘区向洋町中 2-9-1
TEL: 078-858-0054 (10:00-18:00 水曜休館 )
E-mail : shop@fashionmuseum.or.jp

www.fashionmuseum.or.jp/index.html

神戸ファッション美術館 事業課  日向(ひゅうが)

[対象者の決定]

神戸ファッション美術館が開催する審査会を経て、対象者を決定します。
審査結果については出品概要にご記入いただいたご担当者様宛 E-mail にてご連絡いたします。

詳しくはこちら
資料・申請用紙ダウンロードサイト。
※PCよりダウンロード下さい。(スマートフォン不可)
http://www.fashionmuseum.or.jp/shop/advertisement.html

museum in museum

  • 2015/06/29 |
  • 11:00 |
  • ミュージアムショップ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

展示替え期間の休館日

6月29日(月)~7月10日(金)まで展示替えのため、1F展示室を休館させて頂きます。

展示替え期間の休館日

 

尚、3Fライブラリー、ミュージアムショップは通常通り開館しております。

次回特別展示は7月11日(土)より開催いたします。
デジタル×ファッション 二進法からアンリアレイジ、ソマルタまで
2015年7月11日(土)~10月6日(火)
休館日:水曜日、9月24日(木)、(9月23日(水・祝)は開館)

ANREALAGE SOMARTA アンリアレイジ ソマルタ ファッション 美術館 神戸 fashion digitalfashion digital fashion digital×fashion 休館日 博物館

神戸ファッション美術館

マナーを守って気持ちよく!

皆さま、こんにちはhappy02
カラっと晴れて、梅雨っぽくない日が続いたり、
ドバっと雨が降ってジメジメする日があったりはっきりしない日が続きますねrain

神戸ファッション美術館・3階 ライブラリーには、
雨の日でもたくさんのお客様が来館されます。

が・・・sign03

マナーが守られていないお客様がチラホラ...weep

ライブラリー内では、飲食禁止」です!
DSCN0018

 

飲み物や食べ物は、机の上に出さず、カバンなどへ入れてください。
飲み物をご利用の際は、入口付近のドリンクコーナーでお願い致します。
お食事(お菓子類を含む)は、館外でお願い致します。

また、資料の撮影cameraもお断りしております。
資料の複写・コピーは、カラーコピー機をご利用いただきますよう、お願い致します。
(モノクロ ¥20/カラー ¥100)
DSCN0019

 

皆さまに気持ちよくご利用していただくために、マナー向上のご協力をお願い致します。

本日、28日(日)で、超絶刺繡Ⅱ-神に捧げるわざ、人に捧げるわざ-最終日ですsign03
18:00まで開館(入館は17:30まで)しておりますので、まだ間に合います!
皆さまのご来館、お待ちしております。

展示替え中も、神戸ファッション美術館・3F ライブラリーは開館(毎週水曜日休館)しております。

spade 青蓮 spade

  • 2015/06/28 |
  • 12:03 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!