follow me

コンゴの紳士たち

先日、KYOTO GRAPHIEの展示のひとつ「コンゴの紳士たち、「サプール」の美学」という展示に行ってきました。

サプール(sapeurs)とは、コンゴ共和国のお洒落な紳士グループのことですが、道徳や非暴力など精神的な面を重視されているそうです。

展示自体は小規模なものでしたが、

かっこいい。

昨年、ビールで有名なギネス社が彼らにスポットをあてたCMを制作していました。

( https://www.youtube.com/watch?v=B-3sVWOxuXc )

同社から制作された短編ドキュメンタリー( https://www.youtube.com/watch?v=CScqFDtelrQ )も興味深かったです。

彼らと彼らの住む環境の対比も印象的ですが、

冒頭で78歳のサプールのメンバーが「サプールでいる限り、若くいられる」と言っていたのも印象強かったです。

ファッションが与える影響は大きいんだな、と改めて感じました。

  • 2015/04/26 |
  • 10:51 |
  • ファッション
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!