follow me

特別展示「超絶刺繡Ⅱ-神に捧げるわざ、人に捧げるわざ-」のお知らせ

特別展示「超絶刺繡Ⅱ-神に捧げるわざ、人に捧げるわざ-」のお知らせです。

超絶刺繡Ⅱ -神に捧げるわざ、人に捧げるわざ-

超絶刺繡Ⅱ
-神に捧げるわざ、人に捧げるわざ- 

2015年4月18日(土)~6月28日(日)
休館日:水曜日、4月30日(木)、5月7日(木)、(4月29日(水・祝)と5月6日(水・祝)は開館)

主催:神戸ファッション美術館
協力:株式会社川島織物セルコン、株式会社キーワーク、株式会社長崎文献社、京都刺繍協同組合、公益財団法人長刀鉾保存会、長崎刺繍工房、長崎伝統芸能振興会、長崎歴史文化博物館、八代市立博物館未来の森ミュージアム、万屋通り町会、ANREALAGE、Atelier Un Nuage 雲井恭子、岡本浩次、嘉勢照太、武田秀雄
後援:Kiss FM KOBE、繊研新聞社
展示協力:大阪樟蔭女子大学

布地に針を刺し、糸を縫いつけてさまざまな文様をほどこす刺繡。その始まりは古く、人間が布を織ることをはじめたときから衣装と刺繡は同時に発生してきたとも考えられています。以来、古今東西さまざまな場面で特色的な刺繡が生み出されてきました。とりわけ、祭礼などハレの場での刺繡には、人々は想像を絶するほどの時間と情熱を注いできました。本展では、日本の祭りを代表し美術的にも評価の高い、京都祇園祭と長崎くんちにスポットを当て、長刀鉾を飾る豪華な懸装品や長崎刺繡の匠のわざをご紹介します。さらに、繊細かつ大胆な迫力に満ちた作品を創出する技術、そのルーツ及び魂を受け継ぎそして保存にも心血を注ぐ人々の取り組みにも迫ります。また、18世紀ロココ時代のヨーロッパ宮廷で着用された男性衣装の絢爛豪華な刺繡、金銀煌めくドレス、20世紀初頭よりパリを彩ったオートクチュールのドレスも同時に展示いたします。目を見張るような超絶的な技巧による精緻で荘厳な刺繡の数々。それぞれの際立つ個性や、ファッションの領域にとどまらない強さや美しさ、そしてそれらが織りなす高揚感を、ぜひお楽しみください。

 

詳細はホームページをご覧ください。
特別展示「超絶刺繡Ⅱ-神に捧げるわざ、人に捧げるわざ-

 

神戸ファッション美術館

  • 2015/03/22 |
  • 12:27 |
  • お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

素材の魅力

みなさん、こんにちは!

先日、私は家庭の事情で東京まで行ってまいりましたbullettrain

せっかく東京に行くからには何か展覧会を見たい!・・・ということで、何とか時間を作ってブリヂストン美術館を訪問しました。

ブリヂストン美術館では、長期休館前の最後の展覧会『ベスト・オブ・ザ・ベスト』(5月17日[日]まで)が開催されていました。

約160点のコレクションが展示されており、とても見ごたえのある展覧会でしたhappy01

素晴らしい作品がたくさんありましたが、その中で私が最も気に入ったのがピエール=オーギュスト・ルノワールの≪少女≫です!(下の画像、ヤフージャパンの画像検索より引用)

02E383ABE3838EE383AFE383BCE383ABE38080E3808AE5B091E5A5B3E3808B

ルノワールの作品は5点展示されていましたが、他の絵画は油彩であったのに対し、この絵画はパステルで描かれていました。

私は学生時代によくイラストを描いていましたが、パステルと言えば粉状にけずり、ティッシュなどでのばしてぼかす、という使い方しかしていませんでした。

そのため、この絵画を見ながら、パステルという画材の奥深さにしばらく感じ入ってしまいましたconfident

・・・というわけで、この≪少女≫が一番のお気に入りになりました!

 

衣服・装飾品の場合、絵画の「画材」にあたるものは「素材」だと言えます。

神戸ファッション美術館にお越しの際は、この「素材」の魅力を味わいながら展示をご覧になってはいかがでしょうか?

特に、現在開催中の特集展示『衣服にできること-阪神・淡路大震災から20年』で紹介されている衣服造形家・眞田岳彦さんの「Prefab Coat」シリーズのコーナーでは、ぜひ「素材」に注目していただきたいと思います。(触れることはできませんが・・・)

ifuku01-300x195

特別展示『1950-70年代の阪神間スタイル』とともに4月7日[火]までの開催となっております。

ぜひお越し下さいませshine

1950-01-300x195

 

YKclover