follow me

アートアクアリウム

春はもう目の前なのに、また急に冷え込みましたね!
私の地元は兵庫の北なのですが、学生時代、大雪のためホワイトデーが休講になり
せっせと作ったチーズケーキが全部家族のおやつに変わったのを思い出しました。

少し前になりますが、大阪の阪神阪急百貨店で開催されていた
アートアクアリウム展を見てきました。
以前から人気のアクアリウム展ですが、今回ようやく、初めて見ることができました!
大奥

金魚 くらげ
黒でめ ビー玉
上の画像の巨大金魚鉢、タイトルは「大奥」。
美を輝かせながらもどこかはかなげな女性の生き様を金魚に重ねているそう。
なるほどと思いました。(画像では金魚があまり見えませんが…)

中でも一番感動したのはビョウブリウム。
以前は6面の屏風だったそうですが、今回は倍の12面。
12月の季節を花鳥風月で表現するプロジェクトマッピングが映し出され
屏風の中では本物の金魚が優雅に泳いでいます。

ビョウブリウム

富士 ビョウブリウム2

四季といえど簡単には括れない、月ごとに花や虫、気候、少しずつ変化を見せる12月。
改めて、自然の美しさと、それを感じながら生活している有り難さを感じました。
アートは難しいイメージが持たれることもありますが、自分の身近にあるもの、体感しているものがテーマになると
とても単純に純粋に、感じられるものが多くなりますよね。

神戸ファッション美術館では「1950―70年代の阪神間スタイル」/「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年
を開催中です。
いつもより一層身近なテーマから、ファッションに触れて頂けるかと思います。

clock

  • 2015/03/14 |
  • 12:51 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!