follow me

3月8日は「国際女性デー」です

3月8日は国連が決めた「国際女性デー」です。イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日ごろの感謝を込めて、母親や奥さん、会社の同僚などにミモザを贈ります。対象は女性全部ということですね。
このことから「ミモザの日」とも呼ばれるようになりました。その方が有名ですが。愛と幸福を呼ぶと言われるミモザを贈られた女性たちは、そのミモザを誇らしげに胸や髪に飾ります。イタリアの街中はミモザの黄色で溢れるのだそうです。また、家事や育児から解放され、女同士で外食したり、おしゃべりに興じたりして束の間の自由を楽しみます。男性が代わって家事をするようですよ。
この3月8日、ベトナムではバラ、ロシアではチューリップを贈ることが多く、中国では女性は仕事が半日休みなるそうです。日本ではあまり知られていない記念日ですが、この日に限らずもっと女性に感謝の念を表す日があっても良いと思いますね。

現在、展示室では特別展示「1950-70年代の阪神スタイル」を開催中です。戦後のファッションも牽引した方々も多くは女性です。
戦前は女性の大半は着物でしたが、戦後はライフスタイルが劇的に変化し、洋服の生活が始まります。洋服を売っている店もあまりなく、自分で作るしかなかったのです。洋装教室、学校も女性の教育者によって創設されていきます。
そんな激動の1950-70年代を、顧みる絶好の機会ですので、是非是非足を運んでください。
少し先ですが、3月28日の記念トーク(詳しくはこちら)では、関係者より当時の生きたお話が聴けることと思いますよ。必見です(必聴?)。

1950-70年代の阪神間スタイル

(BX-16S)