follow me

デザイナー別コレクション

こんにちはvirgosun

神戸ファッション美術館3階ライブラリーより
コレクションDVDのご紹介をいたします

ライブラリーでは視聴覚資料として、映画などの他にコレクションDVDをシーズン別、デザイナー別で所蔵しています。
シーズン別は毎月少しずつ入荷しているのですが、デザイナー別のものは5年分程度のものを1つにまとめているため、1年に1度まとめて入荷しています。

棚

現在処理しているものは、パリとミラノのメンズコレクションになります
視聴覚申込み用のデスクがある隣にサンプル(上の写真)を置いているので、そちらを参照していただくか、デスクの上にあるリストファイルで探していただくか、検索機を使って探していただく3つの方法があります。
ちなみにサンプルパッケージの中を開いていただくと、シーズン、請求番号を書いたプレートを挟んでいますので参考にしていただきやすいかと思いますpenguindiamond

DSCN9353 リスト

今月中には処理を終え、お客様に見ていただけるように準備をすすめておりますので、もう少しだけお待ちくださいませ。

DVD

なお、視聴覚資料をご利用の際は身分証またはライブラリーカード(有効期限3年、無料)が必要になります。
身分証をお持ちいただければライブラリーカードも即時発行出来ますので、お気軽にカウンタースタッフにお問い合わせください♪♪

maytaurus

  • 2015/02/23 |
  • 15:00 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ファッションをアート鑑賞しよう!

みなさん、こんにちはhappy01

今日は本の紹介をさせていただきます!

先日、『アート鑑賞、超入門!』(藤田令伊、集英社新書、2015年)という本を購入しましたbook

P2210002

アートをより深く味わうための実践的な方法を、アートを「見る」側、つまり鑑賞者の立場から分かりやすく解説しており、個人的にとてもおススメしたい本ですnote

また、筆者・藤田令伊さんの他の著書に『現代アート、超入門!』(集英社新書、2009年)という本がありますが、こちらも現代アートについて面白く解説していておススメです!!

さて、神戸ファッション美術館では現在、特別展示『1950-70年代の阪神間スタイル』を開催しています。

素敵なファッションが並んでいますが、これら1つ1つをアートとして鑑賞すると、展示室で過ごす時間がより有意義になるかもしれませんねconfident

特集展示『衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年』、及びベーシック展示とあわせて、ぜひご観覧くださいheart01

DSCF2139A3

YKchick

蔵開きの春到来!

こんにちは!今日は春の訪れを感じさせるような日でしたね。

さて、春が近づいてくる今日この頃、神戸の灘五郷の酒蔵では3月までの間順次蔵開きが行われています。

おいしいお酒がこの春も皆さんの食卓に届くこと間違いなしです。

しかし、その前に私は京都の佐々木酒造さんのお酒を頂戴しました(笑)

古都シリーズの、冬季限定「古都 しぼりたて」です。

IMG_0159

 

とってもフレッシュでやさしい口当たりです。

神戸のお酒もとぉってもおいしいのですが、京都らしいまあるいお味にとろけてしまいます。

3月中旬までの販売だそうですので、ぜひ皆さんお早めに。

 

natanata

新着図書のご案内

みなさま、こんにちは

神戸ファッション美術館 3階ライブラリーより新着図書のご案内ですshine

DSCN9348

3613/ATA      あたらしい和のデザイン
3613/DEZ /1     デザイン トレンド アーカイブ vol.1
3613/DEZ /2     デザイン トレンド アーカイブ vol.2
3613/DEZ /3     デザイン トレンド アーカイブ vol.3
3613/DEZ /4     デザイン トレンド アーカイブ vol.4
3613/DEL     デリシャス ブランディング
3613/KAR     カラーリング・コレクションブック
3613/MIS       魅せる日本語タイトル
3613/NAT     Nature  Graphics
3613/PAS      パステルカラー・デザイン
3613/TAK     匠の文字とデザイン

 

DSCN9347

3614/BRA     Brands With Character
3614/SIG      SIGN Design
3615/DES     Design:Type
3615/KOD     新装版 古代文字
3615/SOU     装飾系ロゴ・マーク・ラベル
3615/UTS     美しい欧文書体&装飾活字見本帖
3616/NEW     New York in Postcards 1880-1980
3616/POS     The Postcard Age

みなさまのご来館、お待ちしておりますshine

373

  • 2015/02/20 |
  • 16:04 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

ドレスコード?

先日、阪急塚口駅にある塚口サンサン劇場へ行きました。
近場の映画館で見逃した作品を見に・・・
行きはJRの駅で降りて阪急まで歩いたのですが、思っていたより近いということも発見。

50年以上の歴史のある映画館ということで、以前から伺ってみたかったのですが、
ようやくかないました。とてもきれいで居心地がよかったです。
たまには気分を変えて、ちょっと遠くの映画館まで足をのばすのもよいですね。

個人的にサンサン劇場さんのツイッターを拝見しました。
その紹介文が・・「エプロンでも気軽に来られる映画館です」
すてきなコピーだなぁと思いました。

というのも、以前お客様からこんなお問合せを頂いたことがあります。
「ファッション美術館に入る時、ドレスコードとかあるんでしょうか?」と。

とくに決まりはありませんので、カジュアルな服装でも大丈夫ですよと、
たしかお答えしました。

「ファッション」という言葉が与えるイメージなのか(「美術館」もかな?)フォーマルというかちょっとカタイというか世間的にそんな感じなのだろうかと、その時は色々勘ぐってしまいました。

そういえば小学校の先生に、「(児童が)体操服で、なんだかスミマセン・・」
と言われたことも。いえいえ!全然オッケーです!
お気づかいを、こちらこそなんだかすみません。

肩肘はらずに作品が鑑賞できる、
そんな場所になれるように我々も努力したいです・・・!

びしっと決めるもよし、気楽にいくのもよし
(マナーを守れる範囲の)自由なファッションでお越しくださいね。

めp

  • 2015/02/19 |
  • 18:28 |
  • つぶやき
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!