follow me

衣服にできること

只今、特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」では衣服で身を守ったり、災害時のストレスを和らげるための服など、震災で学び、次に活かすための様々な工夫をこらした衣服が展示されています。

その中のひとつ、衣服造形家・眞田岳彦さんが制作された「Prefab Coat」をご紹介します。

特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」

こちらは「Prefab Coat Rice」です。

国産の米、稲藁、籾殻などを20%を含んでいるため、稲穂のような色と、優しい触感、ほのかな稲の香りが、優しく静かな気持ちをつなげます。

残念ながら、展示室に展示されている作品には全てお手を触れていただくことはできませんので、「優しい触感」を体験していただくことはできません。

DSCN1976[1]

 

ですが、「ほのかな稲の香り」を楽しんでいただくことはできます。

神戸ファッション美術館に来館されて、展示室でこの作品をご覧になられる際には、是非顔を近づけて見てください。

(作品に当たらないように気をつけてくださいね^^;)

ビニールの化学的な匂いではなく、お米が炊けたような(?)匂いがほのかに香ります。(個人差があります。)

着心地や用途だけでなく、全ての五感に働きかける衣服です。

日々進化して行く衣服に驚くばかりです。

ぜひ神戸ファッション美術館に刺激を受けにお越しください。

ご来館をお待ちしております。

mikan

新着図書のご案内

皆さまこんにちはsnow

新年を迎えたと思ったら、もう1月も終わりに差しかかり、
時間の流れの速さに驚かされます。
もっとじっくり、季節の移り変わりを感じながら過ごせたらな、と思います。

最近はぐっと冷え込むようになりました。
コート・マフラー・手袋・セーター…とどんどん着ぶくれて動きづらくなりますが、
それもまた冬らしくて楽しいです。
皆さまも体調に気をつけて、寒い冬をお過ごしください。

 

さて、本日は神戸ファッション美術館3階ライブラリーより、
新着図書のご案内です。
すでに配架済みですので、ご自由に手にとってご覧頂けますcrown

DSCN9323[1] DSCN9324[1]

0203/INT    Interwoven
0203/EMB   Embellished
0203/SEL   Selling Silks
0203/LUC   Lucienne Day
0203/FAB   Fabric for Fashion
0203/IND    Indian Textiles
0203/FAS   The Fashion Swatch Book
0203/ART   Art & Textile
0203/LIB    Liberty British Colour Pattern

imkm

  • 2015/01/30 |
  • 11:15 |
  • ライブラリー
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

2015-16年秋冬ミラノ・パリ コレクション速報

神戸ファッション美術館にて、2015-16年秋冬ミラノ・パリコレクション速報 コレクションセミナーを開催します。

注目コレクションから発信されるトレンド情報を迫力のランウェイ映像と鮮明なスライドを使い、2015-16年秋冬ミラノ・パリ コレクションの詳報をいち早くお届けします。
来秋冬はいったい何が流行るのか。トレンドを徹底検証し、ブレイク間違いなしのスタイルを追う。
また、マーケットの最新ニーズに合わせたトレンドを徹底検証します。

世界のファッション動向をはかる絶好の機会となるに違いありません。業界必見のトレンドセミナーです。

2015-16年秋冬ミラノ・パリ コレクション速報

2015-16年秋冬ミラノ・パリ コレクション速報

日時
2015年3月27日(金)  13:30~16:30

会場
神戸ファッション美術館5階 オルビスホール

受講料
1名様 13,000円(税込)

講師
関本美弥子(松屋/婦人服・服飾雑貨ファッションディレクター)
都築千佳(WWDジャパン編集長)
向 千鶴(WWDジャパンファッションディレクター)

主催
(一財)ファッション振興財団/神戸ファッション美術館

共催
東京織物卸商業組合

特別協力
(公財)神戸ファッション協会

企画協力
WWDジャパン

お問合せ・お申込み
財団法人ファッション振興財団 電話番号 03-5410-0091
ホームページ(http://www.ffj.or.jp/) からでもお申込みいただけます。

2015-16年秋冬ミラノ・パリ コレクション速報

 

 

 神戸ファッション美術館

  • 2015/01/30 |
  • 10:00 |
  • イベント,お知らせ
  • fashionmuseum |
  • この記事のURL
  • Trackback(0)
  • Tweet!

1950-70年代スタイル

只今開催中の特別展示「1950-70年代の阪神間スタイル」。
展示室には、田中千代をはじめ、当時阪神間で活躍したデザイナーの作品を中心としてご紹介しています。

DSCF2139

DSCF2142

どこか懐かしいものもあれば、現代でも通用するスタイリッシュなものまで。

時代を懐かしみながらご堪能ください。
きっと再発見するものが見つかると思います。

講演会等の関連イベントにもぜひご参加ください。

詳しくは コチラ

fujiH.O

 

アンケートプレゼント

現在開催中の特別展示「1950-70年代の阪神間スタイル」、特集展示「衣服にできること―阪神・淡路大震災から20年」アンケートプレゼントのお知らせです。

1950-70年代の阪神間スタイル アンケートプレゼント

2015年1月17日(土)~4月7日(火)の展示期間中、アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で30名様に、神戸ファッション美術館 ペーパークラフトキットをプレゼントいたします。

神戸ファッション美術館3F・ミュージアムショップ「museum in museum」で出品中のペーパークラフト作家、Pepachal(ぺぱちゃる)さんに、1997年竣工当時の当館を640分の1の縮尺で制作していただきました。
協力 作家名:Pepachal(ぺぱちゃる) デザイン・制作:緒方 薫

アンケート用紙は神戸ファッション美術館1Fロビーに設置しております。

※当選はプレゼントの発送をもってかえさせていただきます。
個人情報は、神戸ファッション美術館事業に関する目的以外では使用いたしません。

 

                                                                                                   KMi.