follow me

特別展示 「1950-70年代の阪神間スタイル」関連イベント

特別展示 「1950-70年代の阪神間スタイル」関連イベントのお知らせです。

特別展示「阪神間スタイル」関連イベント

■トーク
日時3月28日(土) 14:00-16:45(開場13:30)
会場4階セミナー室
定員100名(先着順 )
※要申込/参加無料

対談「阪神間の洋裁文化の形成」14:00-15:30
講師:今竹 翠(元大阪府産業デザイン研究センター所長、元大手前大学教授) 、 横川公子(武庫川女子大学教授)

昭和戦前期からの洋裁家や洋服デザイナーたちは、戦時下の沈黙を潜り抜けて戦後いち早く活動を再開しました。彼らは西欧発のモードを積極的に取り入れ、ファッション界をリードするクリエーターとしての地位を築きあげました。それまでの裁縫教育とは一線を画する洋裁文化ともいうべき新しい価値を作り上げたのです。本対談では、この1950~1970年の阪神間における洋裁文化の形成についてお話しします。

 

講演「大阪から発信したVANの創業期から現在」15:45-16:45
講師:石津祥介(石津事務所、ファッションディレクター)

1951年、大阪の石津商店で産声をあげたヴァンヂャケット。創業者石津謙介氏の長男で、メンズファッションを牽引した石津祥介氏に、戦後から現在までの、時代が創り出したファッションの変遷についてお話しいただきます。

石津祥介(石津事務所、ファッションディレクター)

 

■ワークショップ
50’s-70’sファッションをシルクスクリーンでプリントしよう!
講師Serigraph Labo KAVC(セリグラフ ラボ・KAVC)
日時2月22日(日) ①10:00-13:00 ②14:30-17:30(終了予定)
対象①小学校3年生から中学校3年生  ②高校生から大人
定員各回10名(応募者多数の場合は抽選)
参加費1,000円
持ち物汚れてもよい服装
申込締切2月10日(火)当日消印有効
※要申込/要参加費

シルクスクリーン(版画)に挑戦してみませんか。展示室で1950年代から70年代の衣装を鑑賞後、お好みのパターンと柄、色を選ん でプリントし、ファブリックボードに仕上げます。
神戸アートビレッジセンターのシルクスクリーン工房「アトリエ KAVC」の出張チームによる特別ワークショップです。

ワークショップ「50's-70'sファッションをシルクスクリーンでプリントしよう!」 ワークショップ「50's-70'sファッションをシルクスクリーンでプリントしよう!」

 

[トーク・ワークショップの申込方法]
Eメール・FAX・往復ハガキのいずれかに「住所・氏名・年齢・性別・電話・参加イベント名・参加希望時間」 を明記の上、 お申込みください。
Eメール:workshop●fashionmuseum.or.jp(●を@に変えて送信して下さい。) 
FAX:078-858-0058 
往復ハガキ:〒658-0032神戸市東灘区向洋町中2-9-1神戸ファッション美術館

 

■ギャラリートーク
日程2月14日(土)、3月21日(土)、4月4日(土)
時間いずれも14:00~(約30分)
解説当館学芸員
※予約不要・展示室をご覧の方は無料

 

pisces

よいお年を

今年も残すところあと4日となりますね。

皆様は年越しをどのように過ごされますか?

ここ神戸では港町らしく、年越しには除夜の鐘ならぬ、除夜の汽笛が鳴り響きます。

さて、神戸ファッション美術館は本日が年内最後の開館日となります。

年末年始は平成26年12月29日(月)~平成27年1月3日(土)まで休館となっております。

現在開催中の「ファッション史の愉しみ-石山彰ブック・コレクションより-」は1月6日(火)までです。

年が明けると3日間しかありません。

興味があるけど時間がなくて、という人は是非正月休みを利用して足を運んでみてください。

ご来館を心よりお待ちしております。

IMG_1665

それでは皆様よいお年をconfident

mikan